07/25のツイートまとめ

kinsyuu3

BSジャパンでは、山本周五郎の小説をドラマ化した時代劇を2シーリズ放送している。「武士の魂」と「人情時代劇」の火曜(夜8時)ドラマシリーズだ。八月八日は島津亜矢さんが舞台で演じられた「お紋の風」が「野分」の題名そのままに放送される。テレビでの脚色は如何に!
07-25 22:43

07/23のツイートまとめ

kinsyuu3

新BS日本のうた、亜矢の2番勝負第2弾。今回は長編歌謡・無法松物語が見もので、呉以来の中村美律子さんと島津亜矢さんとのスペシャル共演だ。さて、編集は如何に!!テレビは現場とは違う感じで見せてくれるから楽しみだ。その他、若手の皆さんの活躍も著しかったが、これも楽しみ。
07-23 10:58

新曲『心』

♪人目にふれない 路傍の花は 咲いて奢らず 美しい
 才があっても
 心がなけりゃ 心がなけりゃ 事は成せない 果たせない
 人が咲かせぬ 花になる


月3回のカラオケ教室までアッシー君をしているうちに、メンバーが少ないから「あんたもやれ」と
言われてやりだしたカラオケですが、もともと音痴の気があるから上手くはならないのですが、今の
ところは声を出すことに意義があると合点して通っています。

そして、これまでは滅多に取り上げられることのなかった島津亜矢さんの歌でしたが、今月からは
『心』のレッスンに入りました。いや~、連れ合い共々にやる気満々で、超嬉しかった。しかし、譜
面をもらって目を通すと、2番の詞がなにやらややこしい。

字面でよむと簡単だが、どっこい解釈がちょっと難しいのです(自分には)。
“人が咲かせぬ 花になる”のところだ。
Webの教えて!gooによると、「咲かす」にしろ「咲かせる」にしろ、意味としては「使役」(ヒマワ
リが花に「咲く」という行為をさせる)になり、「自発」にはなりませんとある。
これから解釈すると“咲いて奢らず 美しい 路傍の花は”人が手を加えて咲かすことは出来ないも
のだ。・・ということになるのでしょうか。

そして人の世でも、才があってもひけらかす事なく奢らぬ心がなければ目指す大事は果たせないもの
だと、教えているのでしょうか。
あまり詮索しても始まらないので、さあ、さあ、歌の練習。

連れ合いは、今日はこちら明日はあちらとカラオケ喫茶を渡り歩くのを日課のようにしているのです
が、まことにもってご苦労なこと。つられて私は、アッチケコッチケとアッシーにされるのですが、
家で寝込んでいるよりは余程いいことだと思って、じゃまくさいけど仕方なしの我慢の業務?。

ところで、カラオケ喫茶は時間を持て余す高齢者が多く集う場所となっているようですが、この頃は
島津亜矢さんのテレビ出演についても、教えてあげるまでもなく良く知っている方が多いという。
亜矢ちゃん、上手いからね~、こんど何唄うのかな、楽しみやねぇ。こんな調子で話が弾む。

そして「心」や「速吸瀬戸」なども唄う人が多くて一日何べんも耳にするらしい。
なんでも、以前は別の歌手を信奉していた人まで、鞍替えして亜矢姫を唄っている人もいるという。
こんなこと、久々に出くわす事態になっているから、喜ばしい事この上なしです。

今度の「心」、昔でいえば北島さんの「山」「川」「竹」などに調子が似ていて、聴いても唄っても
スカットした切れ味があって、気持ちが良い歌ですからね~。もろもろの悩み事も雲散霧消です。こ
れらの歌をひっ提げて、テレビで爆発、CD売上で爆発、カラオケで爆発、いよいよ亜矢姫の時代の
到来です。なにしろ‘歌怪獣’なんて呼ばれた歌手の出現は前代未聞のことですから、いや平たく言
えば歴史上例がないということですからねぇ。いや~大したもんだ。


16日放送の「新BS日本のうた」亜矢の2番勝負第一弾!
今人気の若手の男性歌手二人を登場させて亜矢さんと3人での共演企画でしたが、構成が斬新で大い
に楽しめた企画だったと思います。亜矢姫はキャリアが長いから別格としても、若手お二人共々に華
々しい活躍で、とても見応えがありました。
山内さんは2001年デビューでキャリア17年、三山さんは2007年デビューでキャリア11年
すからまだまだ新進気鋭の若手といえるでしょう。それに、お二人共エンターテイナー性をとても豊
かにお持ちで堂々としていて素晴しく、繰り出される歌と演技とおしゃべりは、やはり非凡なものが
あると感じました。今後ますますの活躍が期待されます。

それにしても、この頃の歌い手さんは昔と違ってエンターテイナー性が求められるから、じっくり歌
だけという訳にはいかない時代が来ているのかも知れません。結局、努力の証しが身を立てる。

番組中で山内さんは黒の着流しで「お島千太郎」を唄われましたが、なかなか堂に入っていて良かっ
たと思いました。
船村徹さんが残された言葉に「歌は心でうたうもの」というのがあり、その意味するところは色々と
深いものがあると思うのですが、例えば一人称で唄う歌ならその主人公に成りきって唄うということ
もあるでしょう、セリフものなら、その声の調子、抑揚、歌のメリハリ、そんなものが渾然一体にな
って聴き手の心に同調したときに、聴衆もまたその主人公の感情に同化して感動を覚える。

歌のピッチが正しい、音程が正しい、声も出ている、プロなら当然に出来ることでしょうが、それだ
けで、聴衆の心を掴めるかと言えば一概にそうとも言えない場合もあります。
聴き手の心を掴む唄い方、「歌は心でうたうもの」という教訓に歌い手さんの力量が問われてくるの
だと思います。
このたびの「お島千太郎」もリピートして聴き直したいとは思わなかった。以前の歌謡浪曲も同様。
歌の難しさはこんなところにもあると思えますから、他人事ながら慢心せず先輩の良いところを見習
い、常に自己研鑽を積むことが大切なことでしょう。

亜矢姫の歌謡浪曲も時には聴かせて欲しいものだと、その雄姿を思い出すときもあります。

日本名曲アルバム (BS-TBS )

BS-TBSに於いて「日本名曲アルバム」が毎週火曜 夜7時から放送されています。
ちなみに、番組紹介は下のように紹介されています。

        『世代を超えて、歌い継ぎたい曲がある』
 日本有数の合唱団による珠玉のハーモニーと、ゲストアーティストが日本の名曲を熱唱します。
故郷の風景、季節の移ろい、家族の情愛、にっぽんの豊かな情感をさまざまに表現した童謡・唱歌。
そして、今でも色あせることなく、私たちのこころに響き続ける日本の音楽界の名曲の数々をお届け
します。

この番組は170本以上も積み重なっていますから、3年以上も続いているいることになります。
こんなことからして、この番組のファンもきっと多いことでしょう。

自分の場合は、この番組に島津亜矢さんが出演されるということで、この度初めて視聴させてもらい
ましたが、なかなか良質な番組だと感じました。
島津さんのご登場は6月13日、この日の番組テーマは ☆人生の応援歌 星野哲郎特集

合唱された曲は『感謝状~母へのメッセージ~』『夜がわらっている』の2曲。
夜がわらっている』は昭和33年となっているから、60年も前の曲になりますね~。
 テロップは下のようになっていました。
  作詞:星野哲郎
  作曲:船村 徹
  編曲:井上一平
  合唱:島津亜矢/harmonia ensemble 
  この曲、素敵なコラーボレーションで、見事なアンサンブルを聴かせてくれたと感じました。
 編曲が素敵、ソロ歌唱が素敵、合唱が素敵、ピアノが素敵、ハーモニーが素敵、みんなみんな素晴
 しいと感じました。
 自分の中では、この一曲で今日が大満足の日だったと余韻を残しています。
  編曲の井上一平さんです。

  このテロップではピアニストのお名前が表記されていませんが 、切れがよくて音圧の強い音を出
 されるこの方はなんとおっしゃる方かしらと興味津々、番組中探し回ってやっと分かりました。
 水野彰子さんでした。 

『感謝状~母へのメッセージ~』
  作詞:星野哲郎
  作曲:弦 哲也 
  編曲:張替夏子
  合唱:島津亜矢/洗足学園音楽大学コールファンタジア

  実は、編曲の張替夏子さんの強い押しが島津亜矢さんのこの番組への出演に繋がったようですが
その経緯をブログに綴られています。嬉しいですね。
  張替夏子さんのブログです。 

TBSさんでは合唱団の方々の矜持を大事にする意志が表れていて、ソロを特別扱いしないテロップ
の作り方も新鮮でとても良いと思いました。音楽は渾然一体が一番良いと思いますから。

島津亜矢さんの、あともう一回のご登場予定は7月4日です。楽しみに待ちます。


6月21日発売の新曲『心』とカップリングの『速吸瀬戸』2曲ともに亜矢姫の曲では久々に聴かせて
もらう純演歌調の強い歌で、聴く方も力が漲ってきます。ヒットを期待しています。

2017春・新歌舞伎座公演 観賞記

今月5日に新歌舞伎座へ出かけてきました。

久し振りに参加する亜矢姫公演だったが、ここでは昨年の特別公演『お紋の風』を観て以来だから雰
囲気的には特別なものを感じて、自分なりに思い出に浸れる思いがして懐かしかった。

去年、共演された左とん平さんのことだが、『とん平のヘイ・ユウ・ブルース』(Tompei's Hey You
Blues)で歌手デビューされていたと言う。1973年のことだ。
このことを知ったのはつい最近のことで、俳優業の傍ら歌まで歌っておられたとは驚きで、YouTube
で聴いてみるとなかなかに素晴らしい。

自分にはよく分からないが、すこし調べてみるとヒップ・ホップとかというジャンルのものに入るの
かも知れないと思ったりするが、ヒットミュージカルとなった映画ウエストサイド物語の時代背景に
も通じるものがあるような感じがする。
とん平さんが録音されたのは36歳ごろのことだから、まさに時代を象徴して、すごく跳んでる歌に
なっている感じがするが、ヤンチャな退廃ぶりがとてもよく出た唄いぶりで、凄くお上手だ。

島津亜矢さんは昨年の劇場公演でおよそ2か月もご一緒されたが楽屋話でこんな話も聞かれただろう
か、また歌も聞いたことがお有りだろうか、諸々考え合わせると興味津々になる。

6月7日、左トン平さんが心疾患で緊急手術を受けたとの報道ががあります。
速やかなご快復をお祈りしたいと思います



さて、今回は普通のコンサートだったから、気持ちが高揚するするほどの昂ぶりはなかったが、6月
に発売される予定の新曲も披露してもらえたから、それなりのお得感はあった。

まあ、亜矢姫のコンサートだから期待感をもって出かけるのだが、どうしても思い出してしまうのが
、NHKホールを皮切りに何年も続いたリサイタル公演だ。
これらの公演はすべて圧倒的なパフォーマンスと感動的な歌の数々を披露されたが、演出や資材投入
にもうんと力が入っていてそれはそれは見事なものだった。終演後見合わす顔と顔、みんな赤く染ま
って興奮の状態がありありで、来年も必ず来るとの思いを強くしたものだった。

今回のように普通のコンサートではあまり多くのことを期待してもだめだという事は承知しているが
この度は少々気になることもあった。
まずは音響で、響きもあまり良くなかったと思う。マイクからコツコツと固い机の上に置くような音
もときどき聞こえてきて気になった。音響のプロさんが操作されておられるのだろうから、一番気を
使って、やってもらわないといけないところなのだが、その技量が十分に発揮されていたとは思えな
かった。音響の粗を客に気取られるような事があってはならない思う。

お客は姫様の極上の声を最大限に生かして聴かせてほしいと願っているのだから、その期待を違えな
いようなことに全神経を注力して操作して欲しいと思う。
そんなことが関連してかどうか、新曲披露では姫の声の強い音圧のみが強烈に響いて、歌の情緒が分
かりにくくて、ちょっと期待外れの感を拭えなかった。
新曲『心』は、今時の歌謡界では歌謡曲調の歌が多いなかで、久々に出る純演歌調の色合いの強い、
日本人の心を揺さぶるような良い曲だと感じているだけに大いに期待しているのだが、本来の曲調そ
のままに聞かせて欲しかった。

セットリストは演者、聴衆、その他諸々の事情を考慮してセットされるものだろうから、個々人が贅
沢を言っては限がないが、個人的な思いでいえば、『一本釣り』があったのだから『わたしの乙女坂』
『旅愁』『思い出よありがとう』など世間受けしそうな良い歌が多くあるのだから、それらもいつ
の日か唄って欲しいと思った。また、カラオケ人気の『男の街道』『清水港』も偶に唄ってもらえれ
ばファンは随喜の涙を流すだろう。
持ち歌でも、なぜ唄われないのかと不思議に思う曲も多いが、今のコンサートのテーマが「初志」な
のだから尚更にそんな思いを強くする。ご自身が生み出した曲はいつまでもほったらかしにしないで
、いつか唄って欲しいと願っている。

終曲は『お梶』から『一本刀土俵入』に替わったが、舞台仕立ても何もないところで唄われるから、
もう少し演出に工夫してもらえたらと思う場面もあった。
姫さまは舞台を大きく使って唄われるから、スポットライトも何も無しでは聴かせてもらう方の気分
も散漫になってしまって感動が薄れる感じがした。
この歌、何度も大感動のものを聴かせてもらっているから、これから徐々に真価が発揮されていくこ
とになることでしょうが、新歌舞伎座1日目午前公演では、少し課題が見えたように思えた。

コンサート会場での声援の喧騒も凄いものがあって、姫様の人気のバロメーターだと感じ入るが、
少々行き過ぎではないかと思われるものもあった。
ここでは、具体的なことは書かないことにするが、観客は歌声を愛でに来ておられる訳だから、人さ
まが迷惑と思われないよう各々が節度ある応援を心掛けねばならないと思う。ケミカルライト(ピカ
棒)の使い方も要注意だ。

何事も度が過ぎれば、姫さまが迷惑を蒙りかねないし、あげくは姫さまの品格さえ外からとやかく言
われかねないから、お互いに気配りし、品性をもって対処するのが望ましいと思う。
姫さまをスーパースターまで押し上げたのはファンの方々の力が大いにあったと思うが、更なる上の
ハイパースターと言われるまでに登りつめてもらうには、姫さまの努力はもちろん、ファンもさすが
島津亜矢さんのファンだと言われるように物事に対処しなければならないと思うのです。

以上、勝手気ままに書かせてもらいましたが、お気に召さない向きにはご寛恕のほど、よろしくお願
いいたします。





こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR