合唱 名曲2曲

先月29日に生放送されたNHKうたコンは、美空ひばり81回目の誕生日に奇しくも重なっていると
いうことで、在りし日の映像も取り入れて放送されました。
没後29年経ってもやはりこうして大きく扱われるのは、その活躍ぶりが際立って大きかったからで
しょう。また、その記憶を忘れずに心に留めておられる方もまだ多いと考えてのことだと思います。

さて、このひばりさんを回顧したあと、人生最後にレコーディングされた「川の流れのように」を作
詞された秋元康さんが‘ひばり’さんを回顧する映像を流して、島津亜矢さんの歌唱に引き継いでい
く演出が凝らされましたが、このお膳立ては印象的でとても良いと感じました。

「川の流れのように」は島津亜矢さんと関西学院高等部グリークラブ合唱団さんとの合唱でしたが、
ゆったりと流れる川の流れに人生をたとえて、全ての事象をあるがままに受け入れて希望をもって生
きていきたいと詠っていますが、まさに人生哲学なのでしょうか。
メロディーも雄渾で覚えやすく、名曲に数えられる一曲だと思いますが、ひばりさんが大事にされて
いたのも良く解ります。

ところで、今度の合唱曲での二者のハーモニーもとても素晴らしく聴き応え十分と思いましたが、自
分的には全体的にやや硬調に感じました。
ネット情報によりますと、与えられたメロディーにハーモニーを施す事をヴォイシングと言うらしい
のですが、和声(ハーモニー)には、低音以外の音が1オクターブ内に配置される Closed Harmonyと
、低音以外の音が1オクターブ以上にわたって配置される Open Harmonyの2種類があると説明されて
います。Open Harmonyはやらかい感じを出したい時に有効だと書かれています。

今回の合唱団の声は島津亜矢さんの音域に近いところで発声されていたような感じに思えましたので
、ハーモニーで言えば、Closed Harmonyだったのかしらと一人合点していますが、なにせ駄耳で聴い
ている訳ですから、なんの正当性もありません。

合唱といえばBS-TBSで放送されている「日本名曲アルバム」という番組があります。5月8日
には母の日特集で、昨年6月には星野哲郎特集で島津亜矢さんが出演されました。
今年のものは昨年の再放送でしたが、「感謝状~母へのメッセージ」一曲だけだったので、特に深く
気持ちを入れて視聴しましたが、合唱団とのハーモニーがとても美しくて、合唱とはこういうものか
と改めて認識できました。
すなわち、メインボーカルもコーラスもお互いに主張するところはしながらも、頃合いの良い美しい
ハーモニーを聴かせてくれて‘うっとり’としながら歌の世界に入り込ませてもらった「感謝状」だ
ったと思います。。
双方の歌唱の素晴らしさはいうまでもないのですが、合唱はアレンジがとても大事な要素を占めてい
るのだなと言うのも、視聴後の率直な感想でした。


「感謝状~母へのメッセージ」
 作詞:星野哲郎
 作曲:弦 哲也
 編曲:張替夏子
 合唱:島津亜矢・洗足学園音楽大学コールファンタジア

特に、張替夏子さんのアレンジがとても素晴らしくて、合唱団のスキャットと言うのかヴォカリーズ
と言うのか、強弱とりまぜた声も美しく響いて亜矢さんの唄がさらに引き立っていたように感じまし
た。

張替夏子さん のブログです。

中日劇場お別れ公演

先月30日に、名古屋中日劇場で島津亜矢さんの座長公演を観賞してきました。
いまさら間延びした観賞記など、ちょっととぼけた感じがしないでもありませんが、感じたことなど
を思い出しながら、すこしだけ綴ってみたいと思います。
思えば、当劇場は来年3月にすべての公演を中止し、ビルそのものも再来年には取り壊しとなるそう
です。そして新しいビルに設けられる劇場はごく小規模のものになるそうですから今回のような大劇
場での島津亜矢さんの公演は事実上の最後の公演となったことになります。

大きい劇場でしたからねえ、休憩時間に上階の方も覗いてみましたが、まあ、お客さんの多い事、亜
矢さんの人気をいまさらながらに思い知りました。ちょっと、もたもたしたのが悪かったのだが、売
店でコーヒー頼んだら、売り切れで御免なさいでした。
そうだう、そうだろう、亜矢姫人気だからねえ~。亜矢姫さんが向かうところ、旋風が巻き起こって
ご利益をまき散らすからね~。猫も杓子もみんな潤う。

「人気で呼んで、芸で納得させる。芸で呼んで、人気をつける。いずれにせよ、芸の精進こそが芸人
の王道。」という口伝があります。・・・と、御園座での「会津のジャンヌ・ダルク」を演出された
北村文典さんが、このときの特別公演の小冊子の1ページを飾って応援のメッセージを寄せておられ
たが、まさしくこの言葉が当てはまるではありませんか。

亜矢さんの座長公演も2012年の「会津のジャンヌ・ダルク~山本八重の半生~」から始まって
2013年「獅子の女房~阪田三吉の妻・小春の生涯~」2014年「おしずの恋」2016年
「お紋の風」(大阪、東京)と続き2017年「お紋の風」(再演)となっていますから、座長公演
のノウハウも相当に身に着けられたことでしょうし、盤石の基盤ができたと言えるのではないでしょ
うか。
これらを強いて歌舞伎風に例えれば一作目が「荒事」、その他の物が「和事」と言えるのではないで
しょうか。「和事」のお芝居は役者さんの芸で売らなければならないから、ある意味「荒事」のお芝
居より、より難しい面があるのではないだろうかと思われます。
藤十郎がお梶にかりそめの恋を仕掛けて女の心情をえぐりだして盗み、自身の芸に生かしたことなど
芸に生きる姿は凄まじい限りです。

今度の「お紋の風」もおおむね評判が良いようでしたが、自分とって感動が深かったかと言えば、そ
うでもなかった。
「おしずの恋」の時は非人に落ちぶれる栄二を追って悲嘆にくれる、おしずを演じた亜矢さんは名演
だったと思うが、「お紋の風」では山場となるような場面があまり無かったように思います。

また、総じて音楽の使い方が、あまりこなれていなかったように思いました。
歌舞伎では黒御簾から場面に応じた効果音として太鼓・鼓などの楽器が演奏されてその場を盛りあげ
ることが為されるし、映画でもテーマ音楽も含めて場面に応じて効果的な音楽が奏されて情景を盛り
上げる事がなされる。
その点舞台でのお芝居は、役者さんの個人芸に頼るばかりで、総合芸術の域には未だしの感があるの
ではないかと思いました。
以前に、ウエストサイド物語やジーザス・クライストスーパースターの舞台公演をを見たことがありま
すが全体に動きがあって退屈しなかった。もちろん、ミュージカルと普通のお芝居を比較してはいけない
が、お客さんを楽しませる工夫は必須の命題だから力を入れて取り組まれたと思いますが、今回のお
芝居では、いまいちそれが伝わってこないきらいがあったように思います。

ところで、今回のお芝居で音楽を担当されたのが吉野ユウヤさんとおっしゃる方ですが、ホームペー
ジを覗いてみるとピアノソロで素晴らしい楽曲を披露されている。今回のお芝居でも、もっともっと
この方の音楽を取り入れて進行したならば、お芝居そのものも全く違ったイメージに浸ることが出来
たに違いないと思ったりしています。
Twitterを拝見するとミュージカルなども手掛けておられるようだから、いろいろな方との繋
がりを生かして亜矢姫さまの新しい芸の展開を次々と披露していただきたいものと思います。

公演2部の歌の方は、セトリに組まれたものをひたすら聴かせてもらうだけなのですが、今回は「一
本刀土俵入」を歌と芝居で観させてもらったのは望外の喜びでした。
剣技プロ集団と研鑽を重ね見事に演じきったのは、努力を惜しまない亜矢姫の芸人魂炸裂でした。あ
の腰の据わり具合はお見事でしたが、こんな殺陣をみせられては、○島さんの国定忠治も敵わない。
その他歌唱曲等、とかくの欲を言っても始まりませんが、ただホール音響だけは良い音を期待するの
ですが、今回のホールはおおむね満足させてもらいました。

さて、紅白ではどんな歌を聴かせてもらえるのか楽しみですが、美声に浸りきれる圧倒的なシチュエ
ーションをしつらえて聴かせてもらいたいものと願望しています。


いまアルバム「鏡花水月」の中の「女」を聴いています。
幸せいっぱいに暮らしていた最愛の彼が遠いところにいってしまった。忘れ得ぬ思い出を胸にあれこ
れ思いをめぐらすが満たされることはない。でも生きるすべはあなたとの想いでの中にしかない。・・・
切ない内容を夢見る思いに誘いながら私は何時もあなたと一緒よ、いつまでもいつまでも貴男
と一緒にいるから・・・深い深い愛が切々と唄われています。良い歌ですねぇ~。

このアルバムの栞では百瀬晴男さんが「追憶の破片」「おきな草」「夢見鳥」「八尾恋歌」「富士」
「越後路ながれ旅」などを取り上げて解説を加えておられますが、取り取りの名曲がちりばめられて
いて、まさに名盤と言えるのではないでしょうか。
しかし、公式サイトのアルバムリストの中に見えないのは何故でしょう。もし廃盤となっているので
あれば再販を考えて頂きたいものです。

SINGERシリーズは人気のアルバムとなって良く売れたようですが、4枚の中、亜矢さんの持ち
歌は「想いで遊び」ただ一曲しか無いように思います。
売れることは良い事ですが、小椋 佳さんや井上陽水さんのアルバムが売れたのとはちょっと事情が違
います。こちらは全てオリジナルの持ち歌ばかりですからその重みが違うと思います。
カバー曲も亜矢姫の歌唱にかかれば、元唄になかった魅力が引き出されることが多くて楽しみなので
すが、一曲毎に取り上げれば、これは元唄誰彼となるのが如何にも寂しいと思うのです。

亜矢さんの持ち歌も好もしい楽曲が一杯あるのですから、これらの中から時代にマッチしたものを選
曲し、アルバムを制作すれば素晴らしいものが出来上がると思うのですが、だめなのでしょうか。
「鏡花水月」「悠々」「温故知新」その他、より取り見取りだと思うのですが。

東京オペラシティーでは「帰らんちゃよか」と「ガンダムのテーマ」を唄われたそうですが、島津亜
矢ここにありを示されてとても良かったと思います。そうでなけりゃ亜矢姫の名が廃る。

SINGER4を聴く

島津亜矢さんは特別に強い感受性をお持ちの方だと以前から感じているが『SINGER4』を聴く
につけ、ことさらにその思いを新たにする。

例えば『難破船』、声自体が泣いていると感じるが、泣き声で唄っているというのではなく、詞の構
成に従って、うちひしがれた心の動きを声の調子で見事に表現しておられると感じるのだ。
加藤登紀子さんの作詞作曲の曲だが、発表は1984年のアルバムが初出だ。後に中森明菜さんが
カバーして色々の賞を受賞したらしいから、まさに名曲といえるでしょう。
YouTubeで色々の方の唄を聴くことが出来るが、なかでも自分は亜矢さんの唄に強く心惹かれる。
また、吉田弥生さんのアレンジも素晴しく、声、伴奏とも調和があってその掛け合いが絶妙であり、
何度でもひたる事ができる。
自分のなかではこの曲が、特にお気に入りです。

『浅草キッド』、先日NHKで放送のあった「たけし誕生~オイラの師匠と浅草~」という放送を視
たので、この歌がなにかしら親しみをもって聴くことができる。
ビートたけしさんの師匠は深見 千三郎という方でしたが、マスコミに持て囃されることもく一生を終
えた。
浅草芸人界では圧倒的な存在感があったらしいが、ビートたけしさんにとっては忘れ得ぬ人だったら
しい。後のいきさつから、多少の忸怩たる思いもあるらしいことが、ニュアンスで感じられたが、師
匠の死因についての思いが、その感慨を深くしているのかも知れない。

この歌の詞に~客が2人の 演芸場で~というフレーズがあるが、これとよく似た状況が亜矢さんも
経験しているという話を、北海道のお母さんとも慕う後援者の重鎮ともいえるお方から、直にお聞き
したことがある。このような経験は芸人の方は多かれ少なかれあるに違いないと思うが、夢に向かっ
て努力する中には、いろいろの事を経験しなければならないのでしょう。
亜矢さんのこの唄は、上のような経験が織り込まれているから、多少、ものうい感じで唄われている
が、達観してして唄いきっておられるところは、ビートたけしさんの心情にも通じるものがあるので
はないかしらと思う。

先日も、地元の喫茶店の主催する歌謡ショーにプロの方が6~7人招かれて唄われましたが、長い事
待たされたにもかかわらず一生懸命唄われる態度がとても好ましいと感じました。
歌声はキャリアの差により、それぞれにこなしが違うと感じましたが、やはり物腰と聴かせ方は30
年の経験がものをいう感じでした。みなさん、ガンバレーとエールを送りたいと思いました。

『見上げてごらん夜の星を』、終章の~見上げてごらん 夜の星を~以下のところををハイピッチで
唄われておられるが、このように唄うのはもはや亜矢バージョンとも言えるものだと思う。
以前NHKの『シブヤらいぶ館』で唄われたが、この最後の高い声での歌唱があまり感動的で美しか
ったので鮮明に覚えている。
それ以後、他の方が唄われるのを幾度となく視聴しているが、このバージョンで唄われた方は記憶に
ない。その意味でこのアルバムに収録されたのはエポックと言えるかも知れない。

今度のアルバムの収録曲は、自分が知っている曲、初めて聴く曲が半々だが、じっくりと聴き込むと
すべて好楽曲ばかりで、それらの創作に係わった方々の才能に深く感じ入って驚くばかりだが、自分
が興味をもって知ろうとしなかったが為、その無知さ加減を思い知ることになった。

それにしても、これら15曲の録音収録を二日間で終えたなどというのは、まさに人間業の極みに思
えるが、或いは神業かも知れない。この辺は事情通の方に教えてもらいたいものだ。
今回のことはどうか分からないが、亜矢さんが篤く信頼するレコーディングエンジニアの田村行市さ
んが、「今時、同時録音がこなせる歌手は島津亜矢さんだけだ」とビデオ映像のなかで話されていた
のを思い出すが、ことほど左様に亜矢さんの資質が高いのだということが解る。

いま、このアルバムを聴きながらこれを書いているが、自分が使っているプレイ用のソフトはソニー
製「Music Center for PC」だ。8月29日に提供されたものだが従前のものと比べるとはるかに使い
勝手が良くなっている。
まず、WAV、FLACが扱えるようになったし、何より嬉しいのはUSB・DACを使ってこのソ
フト上から直接プレイできることになったことだ。もちろんDACアンプは必要だが自分の場合は以
前に買ったTEAC製のものだ。
そしてスピーカーは、昔サラウンド用サブスピーカーとして使っていたヤマハの小型スピーカーだ。
このスピーカーが亜矢さんを聴くには、うってつけのものでサブウーファーは弱く使うが、眼前で亜
矢さんが唄っているように聞こえる。セレクターで、切り替えて比較してもやっぱりこれが良い。
上をみれば限がないが、当分はこれでいくことにしている。さてリピートでもう一回聴きましょう。


先日、金沢まで出かけてガンダム観てきましたが、ただひたすらドンパチの感じで話の筋立てなどは
私などには皆目不明。ただ、最後に流れるAYAさんの唄声は音声大きいのに歪みなど全く無く(当
然か)澄み切った歌声は天上から流れてくるようで、心地よかった。
この、一曲の為に金沢まで、う~んどうだろう。次回は次回、その時に考えることにする。

「心」と「速吸瀬戸」

昨日、NHKの“思い出のメロディー”で島津亜矢さんと山田姉妹さんが童謡「故郷」で美しい
ハーモニーを聴かせてくれました。
3人のコラボがとても素晴らしかったのか、舞台全体がとても和やかな雰囲気が出ていて一つの見も
の聴きものの観を呈していたと思います。

特に気が付けば、ピアノ伴奏をされた加羽沢美濃さんの演奏中に見せたあの笑顔と音楽に乗るという
和らいだ雰囲気がとても印象的でした。
そして、司会の氷川さんも有働さんも合わせて口ずさんでおられましたが、それこそ舞台は一つとい
う雰囲気が出ていてとても素晴らしかったと思います。

加羽沢さん、どこかでお見受けしたことのあるお顔だなと思っていたら、そうそう思い出しました。
NHKさんの番組“らららクラッシック”で、この春まで司会、進行、解説を務められていた方でし
た。とても音楽に造詣の深い方ですが、東京芸大、大学院卒の才媛です。

山田姉妹さんは加羽沢さんと事務所が同じ、まして姉さんは大学の後輩ですから絆は深いと思われま
すが、我が妹、いいぞいいぞという雰囲気ではなかったでしょうか。
いろいろ繋がりがありますねぇ。亜矢さんも人との繋がりがさらに広くなって財産となります。

調べついでに、「故郷」は作曲:岡野貞一 作詞:高野辰之 
このお二人の作品には「春が来た」「春の小川」「朧月夜」「紅葉」などもあります。
童謡には大のおとなでも童心に帰らす力があるのだと、いみじくも加藤一二三さんがおっしゃったよ
うに思いますが、お三人が唄っている間じゅう、舞台中が和やかにリラックスしたひと時になってい
たように思います。


新曲「心」が各方面で好調のようです。
私の連れ合いの話では、別のカラオケ教室でも練習曲に取り上げられたとのことですが、喜ばしいこ
とです。
CDの売れ行きは波があるようですが、今時のメディアは多方面に亘りますから、ある事象だけ見て
いても、それが全てとはならないのかも知れません。とにかく人の耳に触れさせて、聴いてもらうこ
とが大事なことでしょう。

自分にとって、今回ほど数多くリピート聴きした歌はこれが初めてかも知れません。きっとフィーリ
ングが合うのかも知れないけれど、とにかく聴いていて心地よい。『速吸瀬戸』です。

海を詠う歌は荒々しく勇壮なもの、或いは別れ、恋歌などのイメージを思い起こさせるものが多いよ
うに思うけれど、亜矢姫の今度のうた『速吸瀬戸』は詞とメロディーそして歌声とが相俟って、何と
も、のどかでまったりとした気分に誘われる歌だと感じるのです。

「ヨーソロー」とは船乗り言葉で、そのまま前へ進めということらしいのですが、舳先で見張りに立
つ弟が船尾で舵を握る兄貴に声掛けしている。そして声を揃えて唄うのは、帰港節。今日は、漁もよ
うもきっと良かったのでしょう。そんな想像をさせますね~。
佐賀関を帰港港にして、豊後水道あたりを漁場にして暮らす兄弟の日常を描いているものだと思いま
すが、その平和な日常が詩になっていて情景が目に浮かんできます。
調子もゆったりで、ラジオの“昼のいこい”のテーマ曲を別メロディーで聴いているような心地よさ
があって好きです。

一番と二番間に調を変えて入る民謡的なアンコがとても良くて、この歌の格調をすごく高めている感
じがしますが、やっぱり、歌謡界に重きをなす作詞作曲者が創作すれば、こうなるというお手本のよ
うな曲になっていると思えます。

作曲は伊藤雪彦さん。ちょっと調べてみたら歌謡界では物凄い重鎮の方でお生まれは1932年です
。作品は[別れの夜明け](石原裕次郎)[白い海峡](大月みや子)などがあります。
作詞は山田孝雄さん。星野哲郎さんに師事されていたという事ですが、お生まれは1946年。
作品は[昭和枯れすすき](さくらと一郎)[おんなの出船](松原のぶえ)[漁歌](北島三郎)などが
あります。

山田孝雄さんの夫人は、歌手 女優の松原 愛さんです。この方のブログに興味ある事が。

「心」が売れれば「速吸瀬戸」も売れる。
「速吸瀬戸」が売れれば「心」も売れる。こんな寸法になれば良いですね~。

日本名曲アルバム (BS-TBS )

BS-TBSに於いて「日本名曲アルバム」が毎週火曜 夜7時から放送されています。
ちなみに、番組紹介は下のように紹介されています。

        『世代を超えて、歌い継ぎたい曲がある』
 日本有数の合唱団による珠玉のハーモニーと、ゲストアーティストが日本の名曲を熱唱します。
故郷の風景、季節の移ろい、家族の情愛、にっぽんの豊かな情感をさまざまに表現した童謡・唱歌。
そして、今でも色あせることなく、私たちのこころに響き続ける日本の音楽界の名曲の数々をお届け
します。

この番組は170本以上も積み重なっていますから、3年以上も続いているいることになります。
こんなことからして、この番組のファンもきっと多いことでしょう。

自分の場合は、この番組に島津亜矢さんが出演されるということで、この度初めて視聴させてもらい
ましたが、なかなか良質な番組だと感じました。
島津さんのご登場は6月13日、この日の番組テーマは ☆人生の応援歌 星野哲郎特集

合唱された曲は『感謝状~母へのメッセージ~』『夜がわらっている』の2曲。
夜がわらっている』は昭和33年となっているから、60年も前の曲になりますね~。
 テロップは下のようになっていました。
  作詞:星野哲郎
  作曲:船村 徹
  編曲:井上一平
  合唱:島津亜矢/harmonia ensemble 
  この曲、素敵なコラーボレーションで、見事なアンサンブルを聴かせてくれたと感じました。
 編曲が素敵、ソロ歌唱が素敵、合唱が素敵、ピアノが素敵、ハーモニーが素敵、みんなみんな素晴
 しいと感じました。
 自分の中では、この一曲で今日が大満足の日だったと余韻を残しています。
  編曲の井上一平さんです。

  このテロップではピアニストのお名前が表記されていませんが 、切れがよくて音圧の強い音を出
 されるこの方はなんとおっしゃる方かしらと興味津々、番組中探し回ってやっと分かりました。
 水野彰子さんでした。 

『感謝状~母へのメッセージ~』
  作詞:星野哲郎
  作曲:弦 哲也 
  編曲:張替夏子
  合唱:島津亜矢/洗足学園音楽大学コールファンタジア

  実は、編曲の張替夏子さんの強い押しが島津亜矢さんのこの番組への出演に繋がったようですが
その経緯をブログに綴られています。嬉しいですね。
  張替夏子さんのブログです。 

TBSさんでは合唱団の方々の矜持を大事にする意志が表れていて、ソロを特別扱いしないテロップ
の作り方も新鮮でとても良いと思いました。音楽は渾然一体が一番良いと思いますから。

島津亜矢さんの、あともう一回のご登場予定は7月4日です。楽しみに待ちます。


6月21日発売の新曲『心』とカップリングの『速吸瀬戸』2曲ともに亜矢姫の曲では久々に聴かせて
もらう純演歌調の強い歌で、聴く方も力が漲ってきます。ヒットを期待しています。

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR