「心」と「速吸瀬戸」

昨日、NHKの“思い出のメロディー”で島津亜矢さんと山田姉妹さんが童謡「故郷」で美しい
ハーモニーを聴かせてくれました。
3人のコラボがとても素晴らしかったのか、舞台全体がとても和やかな雰囲気が出ていて一つの見も
の聴きものの観を呈していたと思います。

特に気が付けば、ピアノ伴奏をされた加羽沢美濃さんの演奏中に見せたあの笑顔と音楽に乗るという
和らいだ雰囲気がとても印象的でした。
そして、司会の氷川さんも有働さんも合わせて口ずさんでおられましたが、それこそ舞台は一つとい
う雰囲気が出ていてとても素晴らしかったと思います。

加羽沢さん、どこかでお見受けしたことのあるお顔だなと思っていたら、そうそう思い出しました。
NHKさんの番組“らららクラッシック”で、この春まで司会、進行、解説を務められていた方でし
た。とても音楽に造詣の深い方ですが、東京芸大、大学院卒の才媛です。

山田姉妹さんは加羽沢さんと事務所が同じ、まして姉さんは大学の後輩ですから絆は深いと思われま
すが、我が妹、いいぞいいぞという雰囲気ではなかったでしょうか。
いろいろ繋がりがありますねぇ。亜矢さんも人との繋がりがさらに広くなって財産となります。

調べついでに、「故郷」は作曲:岡野貞一 作詞:高野辰之 
このお二人の作品には「春が来た」「春の小川」「朧月夜」「紅葉」などもあります。
童謡には大のおとなでも童心に帰らす力があるのだと、いみじくも加藤一二三さんがおっしゃったよ
うに思いますが、お三人が唄っている間じゅう、舞台中が和やかにリラックスしたひと時になってい
たように思います。


新曲「心」が各方面で好調のようです。
私の連れ合いの話では、別のカラオケ教室でも練習曲に取り上げられたとのことですが、喜ばしいこ
とです。
CDの売れ行きは波があるようですが、今時のメディアは多方面に亘りますから、ある事象だけ見て
いても、それが全てとはならないのかも知れません。とにかく人の耳に触れさせて、聴いてもらうこ
とが大事なことでしょう。

自分にとって、今回ほど数多くリピート聴きした歌はこれが初めてかも知れません。きっとフィーリ
ングが合うのかも知れないけれど、とにかく聴いていて心地よい。『速吸瀬戸』です。

海を詠う歌は荒々しく勇壮なもの、或いは別れ、恋歌などのイメージを思い起こさせるものが多いよ
うに思うけれど、亜矢姫の今度のうた『速吸瀬戸』は詞とメロディーそして歌声とが相俟って、何と
も、のどかでまったりとした気分に誘われる歌だと感じるのです。

「ヨーソロー」とは船乗り言葉で、そのまま前へ進めということらしいのですが、舳先で見張りに立
つ弟が船尾で舵を握る兄貴に声掛けしている。そして声を揃えて唄うのは、帰港節。今日は、漁もよ
うもきっと良かったのでしょう。そんな想像をさせますね~。
佐賀関を帰港港にして、豊後水道あたりを漁場にして暮らす兄弟の日常を描いているものだと思いま
すが、その平和な日常が詩になっていて情景が目に浮かんできます。
調子もゆったりで、ラジオの“昼のいこい”のテーマ曲を別メロディーで聴いているような心地よさ
があって好きです。

一番と二番間に調を変えて入る民謡的なアンコがとても良くて、この歌の格調をすごく高めている感
じがしますが、やっぱり、歌謡界に重きをなす作詞作曲者が創作すれば、こうなるというお手本のよ
うな曲になっていると思えます。

作曲は伊藤雪彦さん。ちょっと調べてみたら歌謡界では物凄い重鎮の方でお生まれは1932年です
。作品は[別れの夜明け](石原裕次郎)[白い海峡](大月みや子)などがあります。
作詞は山田孝雄さん。星野哲郎さんに師事されていたという事ですが、お生まれは1946年。
作品は[昭和枯れすすき](さくらと一郎)[おんなの出船](松原のぶえ)[漁歌](北島三郎)などが
あります。

山田孝雄さんの夫人は、歌手 女優の松原 愛さんです。この方のブログに興味ある事が。

「心」が売れれば「速吸瀬戸」も売れる。
「速吸瀬戸」が売れれば「心」も売れる。こんな寸法になれば良いですね~。

日本名曲アルバム (BS-TBS )

BS-TBSに於いて「日本名曲アルバム」が毎週火曜 夜7時から放送されています。
ちなみに、番組紹介は下のように紹介されています。

        『世代を超えて、歌い継ぎたい曲がある』
 日本有数の合唱団による珠玉のハーモニーと、ゲストアーティストが日本の名曲を熱唱します。
故郷の風景、季節の移ろい、家族の情愛、にっぽんの豊かな情感をさまざまに表現した童謡・唱歌。
そして、今でも色あせることなく、私たちのこころに響き続ける日本の音楽界の名曲の数々をお届け
します。

この番組は170本以上も積み重なっていますから、3年以上も続いているいることになります。
こんなことからして、この番組のファンもきっと多いことでしょう。

自分の場合は、この番組に島津亜矢さんが出演されるということで、この度初めて視聴させてもらい
ましたが、なかなか良質な番組だと感じました。
島津さんのご登場は6月13日、この日の番組テーマは ☆人生の応援歌 星野哲郎特集

合唱された曲は『感謝状~母へのメッセージ~』『夜がわらっている』の2曲。
夜がわらっている』は昭和33年となっているから、60年も前の曲になりますね~。
 テロップは下のようになっていました。
  作詞:星野哲郎
  作曲:船村 徹
  編曲:井上一平
  合唱:島津亜矢/harmonia ensemble 
  この曲、素敵なコラーボレーションで、見事なアンサンブルを聴かせてくれたと感じました。
 編曲が素敵、ソロ歌唱が素敵、合唱が素敵、ピアノが素敵、ハーモニーが素敵、みんなみんな素晴
 しいと感じました。
 自分の中では、この一曲で今日が大満足の日だったと余韻を残しています。
  編曲の井上一平さんです。

  このテロップではピアニストのお名前が表記されていませんが 、切れがよくて音圧の強い音を出
 されるこの方はなんとおっしゃる方かしらと興味津々、番組中探し回ってやっと分かりました。
 水野彰子さんでした。 

『感謝状~母へのメッセージ~』
  作詞:星野哲郎
  作曲:弦 哲也 
  編曲:張替夏子
  合唱:島津亜矢/洗足学園音楽大学コールファンタジア

  実は、編曲の張替夏子さんの強い押しが島津亜矢さんのこの番組への出演に繋がったようですが
その経緯をブログに綴られています。嬉しいですね。
  張替夏子さんのブログです。 

TBSさんでは合唱団の方々の矜持を大事にする意志が表れていて、ソロを特別扱いしないテロップ
の作り方も新鮮でとても良いと思いました。音楽は渾然一体が一番良いと思いますから。

島津亜矢さんの、あともう一回のご登場予定は7月4日です。楽しみに待ちます。


6月21日発売の新曲『心』とカップリングの『速吸瀬戸』2曲ともに亜矢姫の曲では久々に聴かせて
もらう純演歌調の強い歌で、聴く方も力が漲ってきます。ヒットを期待しています。

3月から4月にかけて島津亜矢さんが出演されたテレビ番組が目白押しだったので、楽しみの多い日
々を過ごすことができました。

3月19新・BS日本のうた(春らんまん!女だらけの名人戦)
 「お吉」「独楽」「いっぽんどっこの唄」

3月20歌謡プレミアム(日テレ・島津亜矢特集)
 ここでの歌唱曲は記しませんが、赤坂泰彦さんの乗りがいつもに比べてあまり良くなかったと感じ
 ました。この点がちょっと残念だったけれど、馬場典子さんの乗りが良かったので番組自体は楽し
 いものになったと思います。

3月26昭和の歌人たち(船村徹をしのぶ)
 「ごきげんさんよ達者かね」「ひばりの佐渡情話」「風雪ながれ旅」

4月2新・BS日本のうた(超弩級!演歌頂上決戦)
 「いのちのバトン」「おてもやん」「メリー・ジェーン」「望郷じょんから」

番組ごとの亜矢姫様の歌唱曲は上の通りですが、中には普段あまり聴きなれない曲もあって、とても
新鮮に感じたものもありました。例えば「いっぽんどっこの唄」、「ごきげんさんよ達者かね」、
「おてもやん」など。

そもそも歌唱力については昔から定評がありますから、私などは聴くことに浸りきってただ楽しむだ
け。姫さまの場合は特別なエンターテイナー性もあって、動きがリズミカルで視覚的にも楽しませて
もらえるし、特別な歌を唄われるとき以外はいつも微笑み絶やさぬあの笑顔に癒される。

今から唄いますね~、聴いてくれてありがとう感じてくれましたか~。言わず語らずの聞き手との約
束事を自然な成り行きで成し遂げられる。そこがそれ、普通の歌い手さんと違うところでしょうか。
だから、聴き手はいつのまにかその歌世界に引き込まれて忘我の境地に遊ぶことができのでしょう。

4月2日に唄われた「いのちのバトン」なんとまあ、優しい歌声でしたね~。
CDとは明らかに違うと感じました。変幻自在とはまさにこんなことを指すのでしょうね~。歌唱方
法による歌の好き好きは人それぞれでしょうが、自分の場合は絶対的に今回唄われたのが好きです。
こんな風に唄って下さることを渇望していましたから、思いの他に早く思いが届いて心は満足。
多くのファンの皆さまは如何感じられたでしょうか、うん、きっと賛意の方が多かったに違いない。

一連の番組では「昭和の歌人たち」が繰り返しの視聴が一番多かったのですが、特に印象が深くて心
に残ったのが鳥羽一郎さんと大月みやこさんでした。
鳥羽さんは「別れの一本杉」と「のぞみ(希望)」を、大月みやこさんは「東京だよおっ母さん」
「紅とんぼ」をカバーで唄われましたが、いずれも心に沁みる思い入れの強い“味”を感じました。
お師匠さんへの思慕の念が募るのか?、思い入れが強くなければ“味”は出ないものかもしれません。

“味”【広辞苑】によれば(かみしめるような)物事のおもむき。とあります。
 もちろん努力の積み重ねは必要でしょうが、年輪が醸しだすものがそうさせるのかも知れません。


さて、亜矢姫さまのこと。
姫さまのことについて端的に表現されたのが、マキタスポーツさんだと思うのですが、アンビエント
(空間支配)という言葉を使って褒め称えておられましたが、その存在自体が舞台全体を支配して際
立たせてしまうということなのでしょう。
今日の“あさイチ”に浅丘ルリ子さんが出ておられましたが、この方などもちょっとフォーマルなお
席に立たれるとその場の空気が変わるという話も飛び出していましたが、亜矢姫さまもこれに通じる
雰囲気を持っておられると感じます。

歌も与えられたテーマ曲については、ご自身の感性でもってその歌に最もふさわしい唄い方を会得し
てしまわれる。卑近な例が、「ムーンライト伝説」「おてもやん」等がありますがこれらの唄い方は
亜矢姫さましか醸しだせない雰囲気をもっている。数え上げたら限がないが、この辺りが天才の天才
たる所以だと言えるのではないでしょうか。

今日のテレビで役者について一・声、二・姿、三・芝居 という話もでていたが、何事にもセオリー
というものはあるのですね。声よし、姿よし(最近特にお顔が)、芝居よし、天はしかるべき人には
何でも与えてしまう。“味”とかという話とは別次元の話です。


うたコン視聴記

7日のうたコン視聴しました。
番組構成は大きいテーマをもって企画されていたのだとは思うけれど、個々の繋がりが、やや一貫性
を欠いていたように感じられて、総体的に印象の薄いものになっていたのではないでしょうか。
島津亜矢さんがご出演ということで録画もしたが、見るべきところは「感謝状」のみの感じで、これ
が歌の真髄だと感じらて感動しました。他では新沼さんの歌が良かったと思う。

思うに、今回の放送で不満の残るところはバラエティー仕立ての独りよがりが過ぎるところが感じら
れて、本来の歌をじっくり聞かせるという面については散漫な構成で良くなかったと思う。
最近の歌番組では、フルコーラスで唄ってもらうという番組は殆どなくなってしまったが、時には精
鋭歌手に出演願って少人数でタップリとフルコーラスで唄ってもらうという企画も昔はあったのだか
ら時には是非企画してもらいたいものだ。

今回の放送はN○K様によるN○K様の為だけの番組だと解釈すればそれはそれで良いのでしょうが
、ロングバージョンにおいて島津亜矢さんに一曲しか唄わさないという企画構成は、テレビ視聴して
いる多くの視聴者の期待をはぐらかした面が大いにあったと思います。
島津亜矢さんによる最後の締め唄を期待していた向きには、それがなくて非常に残念な思いをしたの
ではないでしょうか。
まして、それが無かったがために番組自体が‘画竜点睛を欠く’の結果になったとの思いが強く残り
ました。
「いのちのバトン」など、今回のテーマにも添う良い歌だと大いに期待していましたから。

島津さんはN○K様のこの番組で、突発的な危機の時にもピンチヒッターを務められて、つつがなく
圧倒的なパフォーマンスで応えられた大歌手なんですよね~。
全くリスペクトがない今回の軽い扱いは、‘喉元過ぎれば熱さを忘れる’という思慮の無さがむき出
しだと感じました。N○Kさまに‘人の有りや無しや’を問いたい思いです。

島津亜矢さんと我が趣味のこと

ハードディスクオーディオプレーヤーがなかなか重宝です。
パソコンや外付けDVDレコーダーを使用して手持ちのCDディスクをハードディスクに取り込んでしまえば音楽データーベースの出来上がり。
あとは付属のリモートプレーヤーソフトをスマホやタブレットで操作すればディスクプレーヤーに触らずともプレイ出来る。
CDプレーヤーは要らないし、アンプは内蔵しているから、これにスピーカーを接続してやれば後は再生ボタンをリモコンで押す、いや、スマホやタブレットを操作するだけ。

無精な自分にとってはもってこいの品物で、最近はCDプレーヤーを使うことは、ほとんど無くなりました。ただ、僅かにもっているSACDを聴く場合はアナログ出力しかできないから、CDプレーヤーを使う。この場合は出てくる音の品位が違うから仕方ない。
もっとも、このオーディオプレーヤーから出てくる音も十分に良いから普段は全く不満なく使用しています。この便利さからはちょっと離れられないかも知れません。

このプレーヤーのソフトが便利に出来ていて、音楽を聴くのに色々の聴き方出来るので、従前の聴き方からすれば目から鱗の新しさ、この辺りが興味がそそられて面白い。

例えば、ジャンル、アーティスト、アルバム、トラック、フォルダ、おままかせチャンネル、プレイリスト、お気に入り、ミュージックサービス(ラジオ)などがあって、
この《おまかせチャンネル》ではさらに「朝のおすすめ」「昼のおすすめ」「夕方のおすすめ」「夜のおすすめ」「深夜のおすすめ」「アクティブ」「リラックス」「メロウ」「アップビート」「エモーショナル」「ソファラウンジ」「ダンスフロア」「エクストリーム」などが見出しとしてセットされている。
これらの内、どれか一つを選択すればその雰囲気に合ったものをランダムに選曲して連続プレイしてくれる。昔のように、さて今日はどのCDを聴こうかということを考えなくても良い。
もちろん、アルバムを指定すれば好きなアルバムを選択することも出来るから自由度は高いです。

そして、今日の「朝のおすすめ」では順番に
桃色烏、山、二人の人生行路、道南夫婦船、なみだ船、流れて津軽、男三代(故村田さんの歌だが亜矢姫が唄っている)、サラ・ボーン、トッチャカ人生、寿三杯船(爽快な歌ですね~)、にくまれっ子のなにわ節、イヨマンテの夜、決闘高田の馬場、サラ・ボーン(Love)・・・・・
亜矢姫の歌が多いのはハードディスクの中身が圧倒的に島津亜矢さんの歌が多いからこうなるのですが、自身で選曲しながら聴くのでは、突然思いがけない歌を聴くことは出来ないですね。
だから、このプレーヤーは楽しみが多い。

まあ、《おまかせチャンネル》を気分に合わせて聴いていけば、姫様がコンサートで歌うセットリストなんて種々のものが簡単にできてしまえそうに思えてしまいます。姫様の大ヒットと言われる歌はちょっと思い浮かびませんが、中ヒットなら沢山ある。
ファンにはどんな歌でも耳に馴染んだものばかりだから、とっかえひっかえ唄って欲しいと思いますねえ~。
まして、名作歌謡劇場シリーズの世界は歌謡界で永遠に残る歌謡芸術作品群ですから、どこから引っ張り出して唄ってもらっても聴衆をうならせ圧倒する力があると思います。

私の連れ合いは、月に3回カラオケ教室に通っていて歌を慰みにしているのですが、特に好きなのは島津亜矢さんの歌です。
教室では亜矢姫さまの歌が取り上げられることはほとんど無いのですが、年に1回開催する全体の発表会では亜矢姫さまの歌(セリフ入り名作物)に挑戦し続けています。

ちなみに、1回目こそ「相生」でしたが、2回目からは「お吉」「一本刀土俵入」「おつう」「大忠臣蔵」「お梅」「瞼の母」「浦里」「女優須磨子」「お徳」「おさん」と執拗に唄い続けています。
昨年は「おさん」でしたがリリース年が古くてオリジナルカラオケが手に入らなくて、ラックスマン様のお力をお借りするなど、お世話になってしまいました。
歌は決して上手ではありませんが、歌とセリフはモニター無しでやりますから、2コーラスだけとは言え丸覚えしなければならず、その努力の半年間はなかなか大変なものがあると感心しています。

その連れ合いが、先日ある会合に呼ばれて歌仲間3人で唄ってきたのですが、そこで「一本刀土俵入」も唄わせてもらったそうです。唄い終わるや、やんやの喝采でアンコールの声までかかったと言います。思うに、唄が上手くなくても歌自体の力が大きいからきっとそうなったのだと思います。
亜矢姫さまも名作歌謡劇場物からしばらく遠ざかっているように思いますが、かけがえの無い財産を山と増やしていって頂きたいと思います。

期待した「いのちのバトン」、思うようになかなか伸びないようですね、カラオケ教室の先生が取り組むのにちょっと躊躇するほどの難しさを持った歌だと思いますから仕方ないのかも知れません。
我が住居地のカラオケ店ではあまり唄われていない噂も耳にします。
8分の6拍子でも3連符繋がり6拍子ですから、普段見慣れるカラオケ譜とは大いに異なります。
それでは、耳コピーでどうぞと言われても素人ではなかなかおいそれとはいきません。

まして姫さまのこの歌は張り歌に近く、大きく張り上げるところと弛るく唄うところのバランスがとても難しいと感じます。
それにつけても、最近の姫様の歌はアルバム「彩の」のなかで唄われている「雪待鳥-絹の章-」のような情緒に浸れる優しげな曲調の歌が影を潜めてしまっているのが、寂しいな~と思っていますが、こんな歌はどこかへ置き忘れておられるのかも知れませんね~。

「いのちのバトン」、歌自体の格調は高いと思われますから、一時の流行り歌のようにパッと咲いて散る歌ではないと思うので、姫さまは根気よく唄い続けて欲しいと思います。
ただ、田代修二さんのアレンジは優しさに溢れているように感じますから、姫様もこれに寄り添うような唄い方で唄っては駄目なのかしらと、時にそんな想念に行き当たることがあります。
唄い方もいろいろあると思いますから。あっ、プロに注文つけちゃだめだ、夢、夢ですよ。

先日、NHKうたコンで布施明さんの「シクラメンのかほり」を久しぶりに視聴しましたが、完全に吹っ切れたようなご自分の唄い方がとても印象的で素晴らしかったと思いました。
思えば、亜矢姫さまとの共演以来、唄うたびに何か吹っ切れないもどかしいものがあるように感じていましたが、あのような大歌手でも迷いのあるときもあるのかしらと、浅はかな考えも巡らせていましたが、先日の歌を聴かせてもらって、なにも思い迷うことは無くなりました。

これと、よく似た話が先日放送があった新・BS日本のうたでの、亜矢姫様の「恋人よ」においてもあって、姫様は悩みに悩んだとの逸話が披露されましたが、以前に劇場公演かなにかで唄われたと思いますが、今回の歌は完全に姫様の自家薬篭中の歌になっていて、誰の歌でもない姫様の歌がそこにあったと感じました。
亜矢姫さまは、並みの努力家ではないのだとつくづく思います。
比べて、昨日の「俵星玄蕃」は良いものを提供すべき、NHKさまにしては凡作、不作でリピートなど及びもつかない。
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR