フェスティバルホール観賞記

 ♪山に山風 野原に野風 親の心に 別れ風
  蝶よ花よと 育てた娘 今日は嫁入り つのかくし
  超えて行くのか 峠道 送る涙の イヤー
  父娘坂 父娘坂 
・・・『父娘坂』の歌詞1番ですが、2番3番と聴いていくと娘を送る父親のこもごもに変わる心情
が見事に綴られていて万感胸に迫るものがあります。YouTubeでもアクセスは凄く多い。

島津亜矢さんのアルバム『寿 まつり歌』に収録されているのですが、実は大阪のフェスティバルホ
ールに向かう列車の中でウォークマンを懐に聴いていました。
この曲がカバー曲であるということは知っていて他の歌い手さんも唄っていますがオリジナル歌唱者
が秋湖太郎さんだという事は後で調べて分かったことでした。

ここには『相生』『寿』『しあわせ出番の春がくる』『ふたりの人生行路』『夫婦してます二十年』
など、なるほどそうだねー、ソダネーといちいち頷ける歌詞がちりばめられている歌が全部ですから
とても楽しめるものになっています。
収録されている他のカバー曲も良い曲が選曲されているので、私のなかでは名盤といえるものの一枚
で、とても好きです。

新しく買ったウォークマンには亜矢姫のアルバムをほとんど入れてあるけど、わずか数時間で聴くに
は限界があるから、乗車前から今日はどれにしようと一応考えておく。
今日は亜矢姫の生歌を聴けるという気分の高揚もあってか、缶ビール片手に気分もホンワカ、聴く歌
もソダネー、ソダネーと頷きつつほだされほだされての往路旅は楽しかった。

それにしても、このごろ新しく発売される歌は歌詞が安易に作られていると思わせるものが多い感じ
がしますが、カラオケファンは新しいものを次ぎ次ぎと求めますから、これはこれで良いのかも知れ
ません。歌は詞、曲、編曲、歌唱者が一体となって作り出されるものですが演歌、歌謡曲も人の機微
に触れさせてもらえるような意味のあるものを創作して貰わないと、メジャーに成りえる納得性のあ
るものには発展しにくいのではないかと感じてなりません。

その点、亜矢姫のものはスタッフの皆さんが念入りに練り上げたものが出されるのだなぁと常々思わ
されるものばかりですから、聴く方の構えも違ってくる。
あの声と歌唱力は日本の宝と言われて久しいし、まして亜矢姫の音楽に対する感受性はものすごく高
いものをお持ちだと感じる。
例えていえば『帰えらんちゃよか』や『娘に』は持ち歌にされている本人に自ら願い出て権利を得た
ものと伝えられている。そんな訳だから周囲が一生懸命にならなきゃ置いていかれてしまいます。

さて、コンサートの模様ですが、まずは観客の多さにビックリでした。昔、旧厚生年金会館でリサイ
タルを行った時などは額に手をかざして2階3階を見上げてご覧になっておられたことを思とい出し
ますが、さすがに超大物スターになられた今では、2700人が埋め尽くす会場をひとわたり見回わ
されても、その落ち着き振りといったら風格十分で、今から聴いてもらう歌は絶対満足してもらえる
ものですよ、という自信の表れを感じさせるものに思えました。

歌唱曲は亜矢姫の持ち歌でほとんどが構成されていたし、洋楽を含めたカバー曲も良く選ばれていて
全体的にジックリ聴かせる落ち着いた雰囲気になっていたと思います。

カバー曲では『蘇州夜曲』も唄われましたが、この曲難しいんですね~、最近テレビで他の歌い手さ
んが唄われましたが、雰囲気が大きく違っていて、しっくりこなかった。
それから、『女は男の言葉で変わる』を聴かせてもらえるものと大いに期待していましたが、これは
ファンサイトでの書き込みを読み誤った自分が悪い。まあ、いつの日か聴かせてもらえるでしょう。

最後に演じられた『一本刀土俵入』、芝居仕立ての独演でしたが通常のコンサートでここまで演じら
れたのは、公演の質を弥が上にも高めるものになっていたと思います。
名作歌謡劇場シリーズは誰も持っていない、大きな大きな財産になっていますが、さて、新作も含め
て今後はどう展開されるでしょうか。興味津々です。


下記は以前にこのブログで紹介させてもらったものですが、主催者のキャッチコピーがあまりにファ
ンの心をくすぐる名文だったので下に再掲しておきます。

出典 www.tajimi-bunka.or.jp 2014.9月21日多治見コンサート
「演歌の枠にとどまらない日本人最高の歌い手島津亜矢の歌声は、神が与えた神器。ド迫力の声量と
音域の広さは圧倒的。さらには繊細な表現力も兼ね備えており、日本人最高の歌い手との呼び声も高
い。演歌だけでなく、ポップスソングの表現力も超一級品。歌と声に酔いしれ、感動のひとときを」

新年ご挨拶

  頌春

昨年は島津亜矢さんの「The Rose」で暮れて、今年も「The Rose」で明けました。
聴きなおすほどに聴き惚れます・・・・・

 「種子は春 おひさまの 愛で 花ひらく」(高畑 勲 訳詞:紅白)
この詞のように亜矢姫はファンの愛をいっぱいに受け取って、今年もとりどりの花をひらかせつづけ
ることでしょう。


 旧年中はありがとうございました。
 今年もよろしくお願いいたします。

新曲『心』

♪人目にふれない 路傍の花は 咲いて奢らず 美しい
 才があっても
 心がなけりゃ 心がなけりゃ 事は成せない 果たせない
 人が咲かせぬ 花になる


月3回のカラオケ教室までアッシー君をしているうちに、メンバーが少ないから「あんたもやれ」と
言われてやりだしたカラオケですが、もともと音痴の気があるから上手くはならないのですが、今の
ところは声を出すことに意義があると合点して通っています。

そして、これまでは滅多に取り上げられることのなかった島津亜矢さんの歌でしたが、今月からは
『心』のレッスンに入りました。いや~、連れ合い共々にやる気満々で、超嬉しかった。しかし、譜
面をもらって目を通すと、2番の詞がなにやらややこしい。

字面でよむと簡単だが、どっこい解釈がちょっと難しいのです(自分には)。
“人が咲かせぬ 花になる”のところだ。
Webの教えて!gooによると、「咲かす」にしろ「咲かせる」にしろ、意味としては「使役」(ヒマワ
リが花に「咲く」という行為をさせる)になり、「自発」にはなりませんとある。
これから解釈すると“咲いて奢らず 美しい 路傍の花は”人が手を加えて咲かすことは出来ないも
のだ。・・ということになるのでしょうか。

そして人の世でも、才があってもひけらかす事なく奢らぬ心がなければ目指す大事は果たせないもの
だと、教えているのでしょうか。
あまり詮索しても始まらないので、さあ、さあ、歌の練習。

連れ合いは、今日はこちら明日はあちらとカラオケ喫茶を渡り歩くのを日課のようにしているのです
が、まことにもってご苦労なこと。つられて私は、アッチケコッチケとアッシーにされるのですが、
家で寝込んでいるよりは余程いいことだと思って、じゃまくさいけど仕方なしの我慢の業務?。

ところで、カラオケ喫茶は時間を持て余す高齢者が多く集う場所となっているようですが、この頃は
島津亜矢さんのテレビ出演についても、教えてあげるまでもなく良く知っている方が多いという。
亜矢ちゃん、上手いからね~、こんど何唄うのかな、楽しみやねぇ。こんな調子で話が弾む。

そして「心」や「速吸瀬戸」なども唄う人が多くて一日何べんも耳にするらしい。
なんでも、以前は別の歌手を信奉していた人まで、鞍替えして亜矢姫を唄っている人もいるという。
こんなこと、久々に出くわす事態になっているから、喜ばしい事この上なしです。

今度の「心」、昔でいえば北島さんの「山」「川」「竹」などに調子が似ていて、聴いても唄っても
スカットした切れ味があって、気持ちが良い歌ですからね~。もろもろの悩み事も雲散霧消です。こ
れらの歌をひっ提げて、テレビで爆発、CD売上で爆発、カラオケで爆発、いよいよ亜矢姫の時代の
到来です。なにしろ‘歌怪獣’なんて呼ばれた歌手の出現は前代未聞のことですから、いや平たく言
えば歴史上例がないということですからねぇ。いや~大したもんだ。


16日放送の「新BS日本のうた」亜矢の2番勝負第一弾!
今人気の若手の男性歌手二人を登場させて亜矢さんと3人での共演企画でしたが、構成が斬新で大い
に楽しめた企画だったと思います。亜矢姫はキャリアが長いから別格としても、若手お二人共々に華
々しい活躍で、とても見応えがありました。
山内さんは2001年デビューでキャリア17年、三山さんは2007年デビューでキャリア11年
すからまだまだ新進気鋭の若手といえるでしょう。それに、お二人共エンターテイナー性をとても豊
かにお持ちで堂々としていて素晴しく、繰り出される歌と演技とおしゃべりは、やはり非凡なものが
あると感じました。今後ますますの活躍が期待されます。

それにしても、この頃の歌い手さんは昔と違ってエンターテイナー性が求められるから、じっくり歌
だけという訳にはいかない時代が来ているのかも知れません。結局、努力の証しが身を立てる。

番組中で山内さんは黒の着流しで「お島千太郎」を唄われましたが、なかなか堂に入っていて良かっ
たと思いました。
船村徹さんが残された言葉に「歌は心でうたうもの」というのがあり、その意味するところは色々と
深いものがあると思うのですが、例えば一人称で唄う歌ならその主人公に成りきって唄うということ
もあるでしょう、セリフものなら、その声の調子、抑揚、歌のメリハリ、そんなものが渾然一体にな
って聴き手の心に同調したときに、聴衆もまたその主人公の感情に同化して感動を覚える。

歌のピッチが正しい、音程が正しい、声も出ている、プロなら当然に出来ることでしょうが、それだ
けで、聴衆の心を掴めるかと言えば一概にそうとも言えない場合もあります。
聴き手の心を掴む唄い方、「歌は心でうたうもの」という教訓に歌い手さんの力量が問われてくるの
だと思います。
このたびの「お島千太郎」もリピートして聴き直したいとは思わなかった。以前の歌謡浪曲も同様。
歌の難しさはこんなところにもあると思えますから、他人事ながら慢心せず先輩の良いところを見習
い、常に自己研鑽を積むことが大切なことでしょう。

亜矢姫の歌謡浪曲も時には聴かせて欲しいものだと、その雄姿を思い出すときもあります。

2017春・新歌舞伎座公演 観賞記

今月5日に新歌舞伎座へ出かけてきました。

久し振りに参加する亜矢姫公演だったが、ここでは昨年の特別公演『お紋の風』を観て以来だから雰
囲気的には特別なものを感じて、自分なりに思い出に浸れる思いがして懐かしかった。

去年、共演された左とん平さんのことだが、『とん平のヘイ・ユウ・ブルース』(Tompei's Hey You
Blues)で歌手デビューされていたと言う。1973年のことだ。
このことを知ったのはつい最近のことで、俳優業の傍ら歌まで歌っておられたとは驚きで、YouTube
で聴いてみるとなかなかに素晴らしい。

自分にはよく分からないが、すこし調べてみるとヒップ・ホップとかというジャンルのものに入るの
かも知れないと思ったりするが、ヒットミュージカルとなった映画ウエストサイド物語の時代背景に
も通じるものがあるような感じがする。
とん平さんが録音されたのは36歳ごろのことだから、まさに時代を象徴して、すごく跳んでる歌に
なっている感じがするが、ヤンチャな退廃ぶりがとてもよく出た唄いぶりで、凄くお上手だ。

島津亜矢さんは昨年の劇場公演でおよそ2か月もご一緒されたが楽屋話でこんな話も聞かれただろう
か、また歌も聞いたことがお有りだろうか、諸々考え合わせると興味津々になる。

6月7日、左トン平さんが心疾患で緊急手術を受けたとの報道ががあります。
速やかなご快復をお祈りしたいと思います



さて、今回は普通のコンサートだったから、気持ちが高揚するするほどの昂ぶりはなかったが、6月
に発売される予定の新曲も披露してもらえたから、それなりのお得感はあった。

まあ、亜矢姫のコンサートだから期待感をもって出かけるのだが、どうしても思い出してしまうのが
、NHKホールを皮切りに何年も続いたリサイタル公演だ。
これらの公演はすべて圧倒的なパフォーマンスと感動的な歌の数々を披露されたが、演出や資材投入
にもうんと力が入っていてそれはそれは見事なものだった。終演後見合わす顔と顔、みんな赤く染ま
って興奮の状態がありありで、来年も必ず来るとの思いを強くしたものだった。

今回のように普通のコンサートではあまり多くのことを期待してもだめだという事は承知しているが
この度は少々気になることもあった。
まずは音響で、響きもあまり良くなかったと思う。マイクからコツコツと固い机の上に置くような音
もときどき聞こえてきて気になった。音響のプロさんが操作されておられるのだろうから、一番気を
使って、やってもらわないといけないところなのだが、その技量が十分に発揮されていたとは思えな
かった。音響の粗を客に気取られるような事があってはならない思う。

お客は姫様の極上の声を最大限に生かして聴かせてほしいと願っているのだから、その期待を違えな
いようなことに全神経を注力して操作して欲しいと思う。
そんなことが関連してかどうか、新曲披露では姫の声の強い音圧のみが強烈に響いて、歌の情緒が分
かりにくくて、ちょっと期待外れの感を拭えなかった。
新曲『心』は、今時の歌謡界では歌謡曲調の歌が多いなかで、久々に出る純演歌調の色合いの強い、
日本人の心を揺さぶるような良い曲だと感じているだけに大いに期待しているのだが、本来の曲調そ
のままに聞かせて欲しかった。

セットリストは演者、聴衆、その他諸々の事情を考慮してセットされるものだろうから、個々人が贅
沢を言っては限がないが、個人的な思いでいえば、『一本釣り』があったのだから『わたしの乙女坂』
『旅愁』『思い出よありがとう』など世間受けしそうな良い歌が多くあるのだから、それらもいつ
の日か唄って欲しいと思った。また、カラオケ人気の『男の街道』『清水港』も偶に唄ってもらえれ
ばファンは随喜の涙を流すだろう。
持ち歌でも、なぜ唄われないのかと不思議に思う曲も多いが、今のコンサートのテーマが「初志」な
のだから尚更にそんな思いを強くする。ご自身が生み出した曲はいつまでもほったらかしにしないで
、いつか唄って欲しいと願っている。

終曲は『お梶』から『一本刀土俵入』に替わったが、舞台仕立ても何もないところで唄われるから、
もう少し演出に工夫してもらえたらと思う場面もあった。
姫さまは舞台を大きく使って唄われるから、スポットライトも何も無しでは聴かせてもらう方の気分
も散漫になってしまって感動が薄れる感じがした。
この歌、何度も大感動のものを聴かせてもらっているから、これから徐々に真価が発揮されていくこ
とになることでしょうが、新歌舞伎座1日目午前公演では、少し課題が見えたように思えた。

コンサート会場での声援の喧騒も凄いものがあって、姫様の人気のバロメーターだと感じ入るが、
少々行き過ぎではないかと思われるものもあった。
ここでは、具体的なことは書かないことにするが、観客は歌声を愛でに来ておられる訳だから、人さ
まが迷惑と思われないよう各々が節度ある応援を心掛けねばならないと思う。ケミカルライト(ピカ
棒)の使い方も要注意だ。

何事も度が過ぎれば、姫さまが迷惑を蒙りかねないし、あげくは姫さまの品格さえ外からとやかく言
われかねないから、お互いに気配りし、品性をもって対処するのが望ましいと思う。
姫さまをスーパースターまで押し上げたのはファンの方々の力が大いにあったと思うが、更なる上の
ハイパースターと言われるまでに登りつめてもらうには、姫さまの努力はもちろん、ファンもさすが
島津亜矢さんのファンだと言われるように物事に対処しなければならないと思うのです。

以上、勝手気ままに書かせてもらいましたが、お気に召さない向きにはご寛恕のほど、よろしくお願
いいたします。





パソコン壊れて大弱り

最近パソコンが壊れてしまい難儀することが多くて四苦八苦しています。
パソコンのHDDはおおよそ4~5年で壊れるものと思って下さいと、修理工房さんはいとも簡単に
仰る。
もちろんそれはハードな使い方をされる人の場合だと思いますが、自分の場合はそんなにハードに使
いこなせる訳でもないから気分的にはまだまだ行けると思っていたのに少々ショックです。
指折り数えてまるまる6年持ったことになりますが、まあ、仕方のないところでしょうか。

壊れてWEBにアクセス出来ないのは仕方ないとしても、何より困るのは保存ファイルやソフトその
他諸々が全てチャラになってしまったこと。
何事もあきらめが肝心とはいうものの、やはり未練はある。今回の修理で、思いがけなく助かったの
は購入時に1.5万円もかけて作ってもらっていた「リカバリーデスク」だ。費用がかなり安く済んだ
のがせめてもの慰め。今時だと7千円程度で作成してくれるらしいから、転ばぬ先の用心で、これは
必須だと思い知りました。

こんな事で、気分的にかなり落ち着かない状況でしたが、やっと今WEBも覗くことができるように
なり、少しづつ以前の状況に戻りつつあります。


さて、島津亜矢さんの新曲、西郷隆盛/吉田松陰、歴史上の大人物の一代記を謳っているような内容
で詞も解りやすい。
亜矢姫の唄もノーマルボイスで外連味がなく、自然な唄い方てとても好きですが、特に「西郷隆盛」
に惹かれます。固有名詞を曲名としているなど珍しい歌ですね。
手に入れてさっそく聴いています。

好きな亜矢姫の生歌に関しては9月26日にフェスティバルホールに出かけたのですが、6月の劇場
公演以来ですから、ほんとに久しぶりです。
相変わらずの美声を楽しませてもらいましたが、特に感銘をうけたのはフィナーレの歌として名作歌
謡劇場の中から「お梶」をセミ・ロングバージョンに仕立て直して見事に演じられたのですが、従前
、長く続いた「俵星玄蕃」を完全に払拭していたことでした。
まさに、多芸多才が際立った実演て後顧の憂いなど全くないと感じました。芸人魂が脈々ですね。

唄われた曲目では持ち歌とカバー曲がほぼ半々だったと思いますが、カバー曲の中には全く知らない
歌もあってちょっと戸惑いもありました。
曲目構成では、古い歌でも星野先生関連のものや、北島さんのものや、姫のCDに収録されているも
のを唄って下さるのは大歓迎ですが、言わば流行り廃った他人の歌を唄って下さっても、気持ちが散
漫になって楽しめないと感じました。
特に会場回りのときは、声は聞こえど姿は見えずの状態が結構に長く、こちら立てればあちらが立た
ずですね。ファンサービスとしては仕方ないのでしょうが。

持ち歌の中には、You Tubeで220万回(動画2本計)もアクセスされている「想い出よありがとう
」などを代表として、発売されたアルバムの中には好楽曲が山ほどあります。これらの楽曲を逐次取
り上げて唄って下されば、これほど嬉しいことはありません。こんな感想を持っているのは自分だけ
ではないと思うのですが、だめなんですかね~。その訳、知りたい!!

テレビでは最近大型企画番組が続いて楽しめました。
「新・BS日本のうた」では演歌名人戦と銘打って4人スペシャルがありました。演歌と銘打ちなが
ら亜矢姫さまは洋楽の「マイ・ウェイ」を唄われるという場面もありましたが、演出が亜矢姫の歌芸
を相当に深く知っておられるであろう疋田拓さんでしたし、おまけに構成が放送作家の井上知幸さん
(鶴瓶の家族に乾杯の構成)でしたから特別に見応え聴き応えのある番組に仕上がったのでしょう。

「みだれ髪」では中村さんが地声だけで、亜矢姫はファルセットも使って唄われましたが、それぞれ
に特徴が出ていて趣がちがいました。
特に亜矢姫の場合は地声、裏声、或いはミックスボイスを自在に使い分けて唄われるし、その他ウナ
リ、鈴ころがし、声を瞬時に切って落とす、というワザもお持ちです。そりゃもう高等技オンパレー
ドで、歌に応じて、必要にして必要なものを自在に繰り出して表現される。
例えば、裏声にしても他の方に例があるように高音が出ないからファルセットで逃げるという唄い方
では決して無いから、歌に余裕が出て情感が深くなる。これが姫の特性だと思いますが、如何。

まして、あの美声と声域の広さ、音圧が強くて声量が圧倒的、それに表現力に説得性がある、など特
性中の特性でしょう。まれに見る天才と呼ばれる所以はその辺にあるのだと思います。

そういえば、先日スカパーで再放送のあった丸亀でのキム・ヨンジャさんとのスペシャルの時も、演
出は疋田拓さんでした。この時も大いに楽しめました。

「BS TBS」での3回に亘る特集も楽しめました。TBSのスタッフさんにどのような意図が
あったのかは解らないけれど、姫が唄われたのはほとんどカバー曲ばかり。
カバー曲を嫌うわけではないが、亜矢姫さまの真骨頂は持ち歌に圧倒的に多いから、次回があるとす
れば熱い芸がほとばしる企画演出を願いたい。

むかし、こんなことを書きました。
http://kinsyuu3.blog100.fc2.com/blog-entry-248.html
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR