天災におののく

東日本大震災の死者・行方不明者は21日、午後11時現在の警察庁まとめで2万1469人となり、明治以降、国内最悪の津波被害とされる1896年の明治三陸地震(死者2万1959人)とほぼ同数となった。明治三陸地震では、高さ約38.2メートルの津波が確認されているという。・・・今度の地震では東北と関東、甲信越、静岡の一都15県に設けられた約2100カ所の避難所には、原発事故の影響による避難も含めて約32万人の程の方が身を寄せておられるという。以上、(22日付・福井新聞)

この大災害に遭われて、不幸にして亡くなられた多くの方に対しては、自然の猛威におののきつつ、ただただ合掌あるのみです。
また、寒さに震えながら必死に耐え忍んでおられる被災者の方々を思うとき、果たして自分に何ができるのかと問いかけてみれば、何とも、もどかしくて茫漠たる気持ちになってしまうのですが、取り敢えずは多少の義援金を預けて気持ちを紛らすしかないというのが我が身の情況です。
岩手県では21日、沿岸部の集落などでの孤立状態がすべて解消したと発表されたそうですが、刻々と伝えられるニュースに一喜一憂しながら、ひたすらに平穏な日常が遠からず来ることを願っています。さらに、原発事故についても速やかな終息を待ち望みます。

この度の大震災では、首都圏にも交通機関を中心として大きな禍をもたらしました。地震津波による原発事故により電力供給が著しく低下して、電車などの主要交通機関が不通或いは間引き運転などになり、利用者にとっては場合によっては徒歩を余儀なくされるなど、一大パニック状態となった日もありました。また、計画停電が実施されるなど、生活環境に対する悪影響が今なお続いています。
この地区で生活される皆様には心からお見舞いを申し上げたいと思います。

電力会社は自社の発電所で必要な電力を賄えない場合、ほかの電力会社から電力を融通してもらうことができることになっているそうですが、周波数の違いから、西日本の電力会社から受けられるのは100万キロワットまでとなっているようです。東北電力は周波数が同じですが、被災で電力が不足しており、融通は期待できません。北海道電力からも送電技術の限界から60万キロワットしか受けられないそうです。
電力会社間の相互融通のための周波数変換所としては電源開発の佐久間周波数変換所、東京電力の新信濃変電所、中部電力の東清水変電所の3箇所があるそうですが、両周波数間で融通できる最大電力は現状100万kWであるとされます。
この度の東日本大震災では東京電力を始め、東日本で大規模な電力不足が発生、首都圏では1000万kWの不足が見込まれたものの融通を受けられる電力では全く足りず、東京電力では複数の地域で計画的な停電を順番に実施する輪番停電を実施、電力不足を補わざるを得ない状況になっています。
本来、50Hzと60Hzが一国に存在するのは世界的に見て珍しいそうですが、これは複雑な歴史が存在するようです。

ともあれ、東京電力では休止中の火力発電所を再稼働させる準備をするようですが、しばらく時間がかかるとも言われますから、受電される方は、後しばらくの辛抱を強いられるかも知れません。
それにしても、東京電力と東北電力での事後の対応の鮮やかさは、断然東北電力が良かったと思います。東北電力の社長さんからは「お客さま」という言葉がでましたから、企業理念の違いをまざまざと見せつけられた気がしました。東京電力さんを悪く言うわけではありませんが、見習って欲しいという気は少なくはないです。

話が大きく逸れますが、ビクターエンタテインメントさんでは、全国の関連する歌謡教室から選抜された受講生を集めて12日にカラオケコンテストを催す予定であったそうですが、当然に中止になったようです。当地からも数十名の方がコンテストに参加すべく、11日から上京されていたのでしたが、慣れない大都会の真ん中で地震に遭い、命からがらの怖い思いをしたそうですが、何と、今でもトラウマにおそわれている人もいると聴きます。参加者の中に「お光」を得意にしている方もおられたのに残念なことではありました。
それにしても、亜矢姫は何故「お光」を唄わないの、と、私達に問われることがあるのですが、そりゃあ、「姫様には姫様の都合が有るんでしょ」としか、応えようがありません。何とかなりませんかしら。まあ、こんなところで独り言いったって何ともならないのは解っていますが。ハイ!

下記は、田原総一朗さんの公式ブログです。
http://www.taharasoichiro.com/cms/

テレビ・演歌復権への道

むかし、こんなことを書きました・・・・・。

『Re :演歌(レンカ)~ヒットメーカー達のプロジェクト』昨年末から2月にかけてフジテレビ或
いはBSフジで放送されたから見られた方も多かったと思う。

今、演歌が世の話題となることが少なくなってきている。1999年、「孫」が16年ぶりのミリオ
ンセラー(200万枚)を記録、その後氷川きよしがアイドル的人気を誇るも演歌界全体を活気づけ
るような名曲を生み出すには至っていない。

演歌を扱うテレビ番組は軒並み減少し、多くのレコード会社は演歌部門の縮小や撤退を迫られている
。かつて「日本人の心」を最も良く表していた演歌の灯火は、消えてしまったのだろうか・・主人公
はテイチクレコードの音楽プロデューサー・千賀泰洋(せんがたいよう)、作曲家・弦哲也、作詞家
・吉岡治の三人の方々、千賀さんは日本各地を巡って新人歌手探し、弦さんは演歌のルーツがあると
いわれるモンゴルへ、吉岡さんはレコード店を巡って世間の風を感じながら、大衆に受け入れられる
言葉探し、三人三様に演歌の復権を目指して各地を訪問するが、はたして、その結果は・・・こんな
ことをテーマにしてこの番組は放送された。

演歌に熱意を傾ける先生方、新人探しでスカウト活動の様子があったりして、亜矢姫もこのようにし
て発掘れたのかと思ってなかなか興味深い。
千賀泰洋さんはテイチクレコードのディレクター兼プロデューサー、川中美幸、島津亜矢、山本譲二
、石川さゆり、天童よしみ、大泉逸郎などをプロデュース、この方たちのレコーディングには必ず立
ち会うそうだから、亜矢姫もずぅ~っと千賀さんのプロデュースに預かっておられるのだと思う。
それで、今私たちが耳にする感動のシリーズ歌謡「名作歌謡劇場」などもすべてこの方の企画、仕掛
けによるものだろうか、なかなかメジャーになるのが遅れたけれど、きっと今のこの日がくることを
信じて多くの楽曲を製作し続けたこの方の熱意、情熱があったからこそ今の成功があるのだと思う。
これは、仕事とは言いながらロマンを感じる。

吉岡治さんと弦さんはヒット曲「天城越え」の作詞作曲のコンビだけど、これを生み出すのに東京に
いるだけでは駄目と考えて伊豆湯ヶ島に投宿し、現地の空気にふれながらあれこれと詩、曲想を模索
したのだという。
このお二人の作品に「恋日和」があるけれど、これは詩も好きだし曲調も好きだ。
~訳あり同士のやじろべえ あなたの言葉が嬉しくて 迷わずきました 本郷菊坂 裏通り~・・。
この界隈、江戸時代は菊を多く栽培していたそうな、昔風の古い家並みが続き、そんなに広くない坂
道があり、歩けば行き止まりで丁字路になっていたり、短い石段があって昔そのままの木造の旅館が
あったりで、今時の東京にもこんな町もあるのだと、なつかしさを感じさせる風情のある街だ。

吉岡さんも、よくこの界隈を歩かれて「恋日和」を書かれたのだと思うけれど、この街の情緒そのま
まが詩になっていて、何ともゆったりとした穏やかな気分にさせてくれる。
やはりロマンがあって、聴くものにあれこれと様々な人生を想像させてしまう力はさすがに詩人だ。
吉岡先生曰く、「今はカラオケ向けに耳ざわりの良い、唄いやすい歌が多く作られて、本当に聴く歌
が少なくなってしまった」と話されていたが実感だ。もっとも、この歌は耳ざわりがとても良い。

弦さんは新しい曲想捜しにモンゴルへ飛んで、現地の音楽家と交流。ご自身の曲をギターの弾き語り
で唄って聞かせたり、ホーミーを聞かせてもらったりという事があったけれど、演歌に情熱を傾ける
追求心が凄い。今時のヒット曲は弦さんかが作られた曲が多いのもうなずける。

今も昔も人の心を一番揺さぶるのは人の声だという。
ホーミー、声帯を振動させて気管や喉で同時に2つあるいは3つの音声を発してハーモニーを聴かせ
る唄い方だというが、唄えるひとはそんなに多くはいないそうだ。テレビで聞いた限りではそんなに
何遍も聞きたいと思う程ではなかったが、これにつけて思うことがある。亜矢姫の声だ。
歌唱が素晴しいことにかけては異論の余地は全くないと思うが、ファンになって以後ずっと思ってい
る不思議なことがひとつある。

とにかく、テレビ、ビデオ、CD等、毎日毎日聴き続けても全く飽きないことだ。こんなことは過去
どんな歌手の歌を聞いても無かったことだ。
思うに、亜矢姫の声にはホーミーに似た様な倍音成分が自然に出ていて、聴く人を心地よくしている
のだろうか、例えばギターの六弦と一弦を同時に弾けば倍音の関係でとても気持ちよい音が出る。六
弦と二弦、或いは五弦と一弦を同時に弾くとこれもまた美しい。
これらは調和音というらしいけれど、亜矢姫の場合、これらの調和音の成分が基音のハーモニーとな
って発声されていて、聞く人を感動の高みへ、或いは癒しの世界へと誘っているのではないかと勝手
に想像したりしているが、どなたか本格的にこの不思議を解明して頂きたいものだ。

とにかく亜矢姫の唄は聴いていて心地よく、大きく伸びやかなあの声が何とも美しくて心が揺さぶら
れるのである。もちろん歌唱力の高さにかけては天下一品、いや唯一人、言うまでもないことだ。

以上はこの番組を見てあれこれ思ったことでした。
そして、この放送ではついに有望新人を得るということは無しに終わったのでした。
また、「恋日和」がこの放送の中で、取り上げられた訳ではありません。

以上、2006/5/3 島津亜矢研究会に投稿

03/06のツイートまとめ

kinsyuu3

亜矢さんのカスマプゲが聴けるということで、事前にYouTubeを色々と聞いて待ち構えたが、今日の放送では息を呑むほどに引き込まれる、全く別ものの歌が聴けた。唄うセンスが常人とは全く違うからこんな素晴らしいものになる。感謝状は名曲中の名曲だから聴かせてもらって感謝。
03-06 22:13

ラジオ放送での亜矢姫

むかし、こんなことを書きました・・・・・。

改装オープンおめでとうございます。
こんな楽しみの場をご提供下さるKM様に改めてお礼を申し上げます。
無精者で、はかばかしい書き込みなどなかなか出来ない私ですが、サイトを巡ることだけは日課にし
ておりますので、話題のご提供など今後とも何卒よろしくお願いいたします。

最近はご参加の皆さまの情報により、時々ラジオを聞くようになりました。この放送、普段テレビで
はとても聞けない打ち解けた話が出てきたりして思いの外楽しいものがあります。
そこでラジオでの拾い話を少し、亜矢姫の歌の上手さは定評のあるところだと思いますが、歌手仲間
でもそのような認識は十分あるような感じがします。

今年の春、因幡晃さんとご出演の時、亜矢姫が先輩、先輩、というものですから因幡さん、先輩とい
うのは止めて下さいなどと言ってテレていましたし、秋には角川博さんとご一緒でしたが、おいでお
いでの紹介をする時の角川さん、亜矢さんの唄は絶品ですと紹介されていました。
まあ、「BS日本のうた」では亜矢さんがスペシャルのとき角川さんもご出演でしたから、そんな印
象が深かったのだと思います。

それから、土庄町からの放送だったと思いますが、小金沢昇司さん、こんな人を嫁さんにしたい、自
分はもう資格ないけどなどの話が飛び出しました。この時、お母さんの話もあって何かの折に小金沢
さんの好きな食べ物の話が出て、それを聞いたお母さん、亜矢姫の知らないところで贈りものをされ
たようで、この話を聞いて亜矢さんもびっくり。
亜矢さんはコンサート、テレビなどではお母さんの厳しさをよく話されますが、他方では方々に気配
り目配りされる、母親の鏡のような素晴しい方ですね。

このお母さん、亜矢さんにはきっと厳しい教えを授けていらっしゃるのだと思いますが、宇都宮での
熱唱1人舞台でも、「今日は、あの有名な物語に挑戦させていただけることになりました」などと如
何にも謙虚なもの言いをされる亜矢さんの人格もさることながら、私にはお母さんの教えが充分に染
み渡っているように思えて仕方がありません。この母娘、人間としても素晴しい方々だと思います。

こういうことで、亜矢さんの魅力は話し出したらきりが無いと思いますが、まずは今年1年、感動と
楽しみを与えて下さった亜矢姫に感謝ですね。
とにかく、こんな凄い歌い手さん、私の記憶の中には他にいませんので敢えて書かせて頂きました。

以上、2005/12/31亜矢姫倶楽部に投稿

03/03のツイートまとめ

kinsyuu3

歌の散歩道での「関の弥太っぺ」、セリフ回しのリアルさがあまりに増していてビックリした。人間弥太郎さんが現れ出たようで、込み上げてくるものがあった。自在に唄いまわす亜矢姫はやっぱりスーパーエンターテイナーだな~。
03-03 17:28

03/01のツイートまとめ

kinsyuu3

今日の歌コン、亜矢さんの「歌路遥かに」が聴けて良かったけれど、欲をいえばフルコーラスで願いたかった。NHKさんに次回の要望をせねば。安藤まり子さんにはちょっと目を見張る思い、やっぱり基礎の入った方は凄い。
03-01 22:23

02/28のツイートまとめ

kinsyuu3

@awashimadoori 生亜矢ちゃんが聴けて良かったですね。また、新しい情報が有りましたら教えて下さい。twitter不慣れでごめんなさい。
02-28 15:08

名手斉藤功さんとのコラボなのに、肩ふるわせ感情入れ過ぎて唄うから弦の響きも相殺されてしまって全く平凡なものになってしまった。これ、つい最近聞いた大物男性歌手の「悲しい酒」の話。
02-28 13:57

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR