リサイタル2009「熱情」に感動

むかし、こんなことを書きました・・・・・。

皆さま今晩は。
リサイタルの会場では多くの亜矢友さまにお会いすることが出来、積もる話に花が咲いてとても楽しいひと
時を過ごさせて頂きました。有り難うございました。
さて、恒例になっている秋のリサイタルも今年で21回目になるそうですが、殆んどデビューに近い時期か
ら続けてきておられる訳ですから凄いことです。
私も東京、大阪、名古屋の各会場で鑑賞させて頂きましたが、どの会場でも期待に違わず素晴らしい公演を
見させてもらいました。また、入場者が多かったのも“我が意を得たり”でとても嬉しかったです。
客層は熟年の方々が多かったと思いますが、この年代の方々は値打ちを感じないものに無駄な出費はしない
主義が浸透していると思いますので、どの会場も大入り満員の状況は本当に凄いと感じました。

さて内容です。今年は初めてゲネプロを見させて頂きましたが、本番直前のリハーサルとは言え、第一部の
殆んどを見聞きさせてもらうことが出来、貴重な体験をさせて頂きました。
特に舞台が例年にも増して華やかになっていて、これほどの舞台仕立てはテレビで拝見する演歌の方では見
たことも無いなあ~と思いつつ、これもやはり亜矢姫の実力と人気が多くのファンを呼び込むことでお金を
かけることが出来るのだな~と、1人合点しながら思ったことでした。

このとき、今大評判になっているあの「I Will Always Love You」を初めて聞かせてもらったのでしたが、
予備知識など何もありません。が、とにかくあの声(とてつもない美声)に圧倒されて非常な興奮を覚えて
涙が流れてしまいました。人間って意味など何も解らないのに人の声だけでこんなことになるなど、ほんと
に初めての体験をさせて頂きました。
NHKホールの2階席、比較的前列の方でしたがあの美しい高音での裏声と地声が絶妙のバランスでホール
いっぱいに響き渡り、その包まれ感によって気持ちは昂ぶり且つ陶然となり、私は忘れえぬ感動を覚えさせ
てもらいました。貫田さんのサックスも華を添えてとても素晴らしく、印象的でした。

オーディオの世界でのベストリスニングポジションについては深く研究され、そう多くのポイントがある訳
で無いのは周知のことですが、思うにコンサートホールにおいてもベストのポジションがあるとすれば、N
HKホールの場合はあの2階席の前列側かなと思ったりします。「亜矢研」サイトで何方かが、もと「のど
自慢」の司会をされていたアナウンサーの方お二人がこの席で鑑賞されておられたとの書き込みを読ませて
頂きましたが、関係者の方々は言わず語らずにこのことを承知されておられるのかなと、考えたりしていま
す。また、コンサート用のニュー・スピーカーも姫さまの美声をより際立たせてくれたかも知れません。

そして本番では、この歌を含め数々の好楽曲を聞かせて貰いましたから、大いに満足し楽しませて頂いたの
は言うまでもありません。
また、バンドさんもNHK番組「昭和の歌人たち」ではバック演奏を務められたほどの一流揃いですから姫
様の唄と調和した見事な演奏を聞かせてくれました。客演された尺八の素川さん、三味線の金沢さんも熱演
でとても素晴らしかったと思います。
以前にヘンリーバンド(高橋真梨子さんのバンド)の方が話された記事で、唄が巧いと背中がゾクッとする
程に調子が乗ってくるという話があったのを思い出しますが、きっとAYAスペシャルバンドの方々も、そ
ういう事が多々あるのではないかしらと思ったりしています。

さて、名作歌謡劇場長編ものは“リサイタルでは、なくてはならないもの”として定着していますが、ファ
ンにとっては“今年は何だろうか”との、あのワクワク感は堪らない楽しみでもあります。
今年は「浦里」でしたが、例年通り凝った舞台仕立ての中での姫様の歌と踊り、役への成りきりでの熱演が
とても素晴らしく、固唾を呑んで観させてもらいました。練習の時間がそんなに多くなかったと思えるのに
あれですからね~、いろいろの意味を含めて本当に凄いと思います。

「浦里」の作詞は“吉岡治”先生です。吉岡先生は「天城越え」「命くれない」「大阪しぐれ」などが代表
曲として有名ですが、今年4月に放送されたBS2「昭和歌謡黄金時代」に先生が取り上げられて色々のエ
ピソードが歌手のコメントも含めて語られました。
先生は~女うた・女心~・女の情念~を、巧みに描く作詞家であると紹介されていました。亜矢姫の歌では
「都会の雀」「裏みちの花」があります。裏みちの花は今年のリサイタルで歌唱され、生歌は初めて聞かせ
てもらいました。他に「北海恋唄」「幾山河」「恋日和」などがありますが、みんな好い歌ばかりです。思
うに、姫様の歌ほど新旧取り混ぜて多くのファンに聴かれているのは他に例が無いのではないかな~と想像
します。

先程の番組では、先生も当時あまり体調が良くないような感じが見受けられたにも係らず、詞を書きたいと
いう執念は、とても強いものがあると映像を通して感じました。
中でも、ご自身のなかでも満足のできるもの、これぞと思うものをどうして書きたい、書き残したいと悲壮
な面持ちで話されていたのを思い出します。視聴する私が想像するに、石川さんかな、川中さんかなと考え
ていましたが、亜矢姫様にも今度のような大作をご提供下さったことに、軽い驚きを覚えると共にとても嬉
しく思いました。

「浦里」の内容は公演を二度、三度と見聞きさせてもらっても、深い処まで理解するのは困難ですが、これ
からDVDも発売されるので、大いに楽しみにしているところです。落語での「明烏」新内での「明烏夢淡
雪」など、二人の名は「山名屋浦里・春日屋時次郎」になっているそうですから有名な話なんですね。

長編ものでは、今年は何を演じて下さるのかしらと知りたい気持ちは小さくないのですが、今度の場合は全
く聞こえてきませんでした。公演当日、プロジェクターを使ったナレーションはあるにしても、予備知識無
しにいきなり見せて頂くのはあまりに辛い。
昔、映画を見に行くとキャストや粗筋を書いた紙をくれて上映前に目を通すことが出来たし、サークル誌或
いは雑誌で、見るまでの楽しみを残して事前に紹介がありましたので、より楽しめたと思います。
諸々の事情はあるのだと思いますが、せめて差し支えのない範囲でリークして欲しいなあと思うのは私だけ
でしょうか。
それと「浦里」の終わり方ですが、私は3会場で鑑賞させてもらいましたが、それぞれ少しづつ違っていま
した。何かの目的の為に実験されておられるのかなとも感じますが、一番気持ちがストーンと落ちたのは大
阪公演でした。バンドの最後の強奏も余韻を残して印象的、自由になって高く高く舞い上がっていく姿も、
あの世での幸せを想像させるようで印象的でした。私には大阪が一番でした。人それぞれ思いは違うのだと
は思いますが。

姫様には今回も、歌、演技に熱演を披露して下さり、心から感動させてもらいました。ここで改めて有り難
うと申し上げたい気持ちでいっぱいです。リサイタルで一区切りついたことと思いますが、充分に英気を養
って頂いて、次に向ってますます発展されますことをファンの皆さまと共に祈りたいと思います。

以上、2009/11/5 演歌桜・亜矢桜に投稿

03/24のツイートまとめ

kinsyuu3

「不退転の決意」ならもっと他の面に向けて欲しい。経済を活性化させ可処分所得を増やす政策を実施すれば、税と社会保障の一体改革などは自ずと方向性が見えてくる。ブレーンが官僚だけとしか思えない。乱世の奸雄出てこないかな~。・・・野田総理の決意に思う。
03-24 22:03

「問題ない」と確認した原子力安全委員会は3月末で廃止されるという。やり逃げでは困るので、責任の取り方も明確にしておくべきだと思う。すべからく政治家も同じ。
03-24 10:41

慈父の心

むかし、こんなことを書きました・・・・・。
(いつになく‘ふうてん’が真面目に書いています)


皆さま今晩は。
久し振りに参加させていただきます。
楽しみにしていたリサイタルも終わってしまい、何か腑が抜けたようで寂しい思いをしています。
あっし、いや私の頭の中は四六時中姫様のことばかりで、バッカじゃなかろかと我ながら思わないでもあり
ませんが、なにせ気持ちがどうしてもそっちの方へ向いていってしまいますので、仕方ありませんね~。
まあ、人様に迷惑掛けるわけではありませんから勝手にやっていますが、ごく偶には賑やかなサイトにも出
たくなることもあります。元来、楽しく面白い話ができる訳もないので退屈の向きもあるかと思いますが、
その節はスルーということで、うっちゃっておいて下されば有り難く存じます。

好い歌が出ましたね~「温故知新」です。
この曲のイントロを聞くと勇壮で逞しくて、洋々とした前途を暗示するような力感がみなぎっていて気分が
とてもハイになります。
リサイタルでも一連の歌唱曲の一番最後に唄われましたが、星野先生と北島さんのメッセージが披露されて
、とても感動的でございました。歌詞ですが、人生の応援歌と考えれば、苦労に耐えて生きてきた人々誰に
もあてはまる内容に思えますが、ちょっと突き詰めて考えると、私には星野先生が小さい時からこの娘と見
込み、ずっと先を見据えて一歩一歩育んでこられた亜矢姫に、ほっと一息いれて語りかけておられる歌に違
いないと思えてくるのです。

一番では
“ながい道程 歯をくいしばり やっとここまで 歩いてきたな”・・・と、先生の感慨が語られます。
思えば、先生!泣きにいっていいですか、と甘えてきたこともある・・・愛しい娘。
そして今、このように大きな人気を得てリサイタルの晴れ舞台に立っている、でもこれが終わりではないん
だ、あの流れ雲のようにゆったりと急かず慌てず、さらに上を目指して進もうよ、いま出来ることを精一杯
やればそれで良いのだよ~、と言われているように思えます。
そこで、次の歌詞がつづきます。
“ごらん空には 流れ雲 背のびしないで 暮らそじゃないか”・・・と

デビュー間もない頃には「出世坂」で、“千里を走る 虎よりも 一里を登る 牛になれ”とも言った。
それから10年待たせたけれど、念願の船村先生の歌ももらったね~。
さらに20年後の「大器晩成」ですら、まだまだと、袂を引っ張ったさ。
一番、“枝を張るのは まだ早い いまはしっかり 根をのばせ”
二番、“大器晩成 地道な努力 ものをいう日が くるまでは 牛の歩みを くりかえせ”
三番、“大器晩成 ただまっしぐら 若く凛々しい 足跡を 刻みつけよう この大地”

この「大器晩成」は作詞大賞に輝いた歌だけど、亜矢姫は「私に下さった先生のメッセージ」だと思ってい
るので、これからもこの教えを胸に頑張りたいという感想を述べられたように記憶しています。
だから星野先生の教えは、本物を極めるための確固たる信念に基づいた一本道に違いないと思うのです。
姫様も良くこの教えを信じて突き進んで来られたからこそ、今では誰も持っていない大きな幹を何本も持ち
、行く先々ではファンの喝采は止むところを知らない、そんな大きな大きな存在になられました。

温故知新の二番 “塩をつかんで 枯れ枝に まけば梅の香 ほろりと匂う”は、ちょっと解釈が難しいけ
れど‘花咲爺’の昔話にも思いを馳せれば、手塩にかけた愛弟子が思惑通りの成長を遂げて爛漫な花を咲か
せているのに関わらず恩顧を忘れずに慕ってきてくれる、そんな心根が嬉しいと、先生ご自身の述懐にも思
えますね~。ここのところは、リサイタルで先生のメッセージが朗読されて具体的に語られていましたので
、推し測ればこの様なことかなと思われるのですが、これは“ふうてん”の思いです。

そこでの三番
“どんな時代も 肩よせあって 俺とおまえは ぶれずに生きる”・・・・・
やっと今、先生は大きく成長された亜矢姫の目線に近づいて、どのみちこの先も変わらずに生きようよ、と
、しみじみと語りかけておられる。・・・そんな思いが透けて見える感じがします。

ですから、この歌は亜矢姫の為に先生が思いを込めて書かれた歌だと思えて仕方がありません。先生の気持
ちを推し測るとき、愛情いっぱいで、慈父のような優しさといたわりを感じてしまうのは私だけでは無いで
しょう。
思えば、亜矢姫様も星野先生のような師がいて下さって幸せだと思いますし、姫様も折にふれてその事は私
たちに聞かせてくれています。歌はおろか人生の道標まで教えて下さったのですから。
昨年11月にNHKのBS2で星野先生の特集番組があって、お姿を拝見しましたがいろいろとご不自由も
お有りのように感じられましたが、まだまだ歌謡界ひいては亜矢姫のために、いつまでもお元気でいて下さ
ることを願わずにいられません。

「温故知新」、本当に好い歌です。 好い歌だね~!!と、何人もの方々と言い交わしています。
大ヒットになると嬉しいですね~。応援頑張りましょう。
それではニャーオー! 

以上、2009/11/5 亜矢姫談話室に投稿

子供達からの手紙

身辺の雑話です

福井県勝山市の郊外に(福井県恐竜博物館の近く)雁が原という小さなスキー場があります。ここは古い歴
史を持つスキー場で、地元の者にとっては馴染みが深く、特に土日などは近郊からやっくる親子連れや若者
を集めてかなり賑わいます。
毎年1月になると、ここへ近隣市町の小学校から体育授業の一環として学童たちがスキー学習にやってきま
す。主に対象となるのは高学年ですが、子供達それぞれのスキー技術はまちまちなので学校側において班分
けをしてきます。通常は十二~三班になることが多く、このうち、スキースクールに講師派遣を依頼してく
るのは7~8人。講師と言っても誰も職業としている訳ではないので、若い方は仕事との調整もあってなか
なか大変です。私のような隠居の身は気が楽で良いのですが、それでも連日では体力が持ちませんから、そ
う再々は出られません。

このようにスキー学習を手助けするのですが、担当してみて見えてくる事や解ることもあります。
たとえ小学校と言えども校風というものが感じられて、キビキビとしていて規律のある学校、なんとなくダ
ラダラしていて行儀のあまり良くない学校、など、それぞれあります。、
また、引率の先生もしかり、担当を決めて講習中はつかず離れずに気を配る学校、現場に全く姿を見せない
学校、これもまたそれぞれあって面白い。教育方針の細かいところは、学校それぞれに多少の違いがあるの
でしょうか、これが校風として感じられるのかも知れません。

とにかく、スクール側のメンバーが受け持つのはスキーが初めてというビギナークラスから順に上のクラス
へと進みますから、場合によっては、かなりの労苦を強いられる事もあります。降雪時などは靴底に雪の塊
が着いてしまいスキーが履けませんから叩き落としてあげねばならず、これも全員となるとなかなかです。
さて、一応スキーが履けても今度は滑走面に雪塊がついてしまって滑らないこともある。そうなると最初か
らやり直しで、ワックスのこすり付けをしてあげてからスキーを履かせる作業を根気よく続けます。講師た
ちは慣れでこなしますから、これはそんなに苦にならないのです。ただ、こんな日にやってきた子供達が可
哀そうに思えるのですが、大概めげる子供は殆どいないのがせめてもの救いになります。

さて、いまからの話はあまりお行儀の良くない方の学校のことです。
この日、私が担当したのは5年生の男女合わせて6名のビギナー班でした。
通常は基本になることを教え、午前2時間程でリフトに1~2回乗せることが出来ればベストとなるのです
が、これも子供達に個人差があるとなかなか思うように運べないことがあります。

この日の子供たちは、まあ、人の言う事はあまり聞かず、真面目に練習もしたがらない、少し怒り口調でい
うと反抗的態度を見せて無視するという調子で、朝の整列時に感じたダラダラ感そのままだと内心思ったの
ですが、それはそれ、やるべきことはやらねばなりません。とにかく精一杯やるほかはないのです。それで
も、午前中にリフトに乗せるなどはとても出来ることではありません。

午後になっても、こちらが思うようにはなかなか上達してくれません。雪の上で思うにまかせないスキーを
履いて緩い坂を登ったり降りたりする訳ですから疲れるばかりで面白い筈がありません。
そこで、帰るまでに何とか一人づつでもいいからリフトに乗せてやりたいと思い、最初に連れて上がる子を
お互いで決めさせたのです。そこで、最初に名乗りを挙げたのが、ちょっとツッパリ感のある、悪く言えば
番長風な感じの一番背の高い女の子でした。

頂上からは約1キロ程ある緩いコースを降りるのですが、最初は私がアシストしながら滑り出しました。
それから、しばらく滑ったところで勘所がつかめたらしく、自発的に一人で滑ると言い出したのでフリーに
して滑らせることにしたのです。始めは恐る恐るでしたが次第に目を見張るような頑張りを見せて、途中2
、3度の転びはありましたが見事に下まで滑りきったのです。
人の助けを借りずにやりたいという強い気持ちと、やりきった後の満ち足りた顔と、あの個性がとても印象
深く心に残ったのでした。
続いての一人は男の子でしたが以外に時間が掛かってしまい、結果的に他の子供達まではやりきらず、無念
の思いを残すことになってしまいました。

このようにして、当日の指導は終わったのでしたが、後日この子供達からの礼状がスクールの担当講師宛に
一括して届けられました。もちろん学校の指導指示によるものでしょうが、こうしたお手紙が届かない学校
もありますから、見た感じで全てを決めつけるのも勝手が過ぎて良くない、というのが私の反省。

さて、このお手紙の中には例の一番乗りの女の子からのものもあり、これがまた、短いながらも感動を覚え
させるような文章で綴られており、こんな時間をこの子と過ごせたことを記憶に留めておきたい思い、この
ブログに書きました。


以下、お手紙の全文を下に写します。

中○みゆう
『○○プロ。お元気ですか。私はあの右のスキーがはまらなかった中嶋です。リフトに一番初めに乗った中
○です。スキーははじめてでリフトはとてもきもちよかったです。(私は高い所が好きなので)
○○プロのおかげで、さいごらへんはころばなかったです。ころんでこその努力なんです!いたくなかった
し、転ぶのもたのしいかぎりです。みんなにリフトにのったことでうらまれたのですが、ぼちぼちです。自
主線(?)もけっこうすすんでました。雪にうもれたりしたけどカーブもすぅーいスイです。本当にありが
とうございます。来年もまた来るので、また指導していただきたいです。お父さんのいない私には父のよう
なそんざいでした。来年もよろしくです』・・・イラスト付き


お元気ですか、・・・と先ずご機嫌伺い。
私はあの右のスキーがはまらなかった中○です。リフトに一番初めに乗った中○です。・・・と、一生懸命
に自分を思い出させようとしています。こんな書き方をしている子はめずらしいのです。
そして、私のようなじいちゃんでも帽子とサングラス付ければ壮年に見えたりしてしまうのかしらと、
ちょっと気恥ずかしいところもあるのですが、とにかく、この子にとって、幸せに思うひと時を作ってあげ
ることが出来たとするならば、嬉しいことと思うのです。

03/11のツイートまとめ

kinsyuu3

島津亜矢さん、束の間の歌唱ながらこのセリフや歌の上手さは何なんだろうとつくづく考えてしまう。BS日本のうたでの「リンゴ追分」。オリジナリティーがあって全く新鮮だ。
03-11 23:31

03/10のツイートまとめ

kinsyuu3

@gennyou1様、 素晴らしいブログですね。ここはじっくりと時間をかけて聴かせてもらうことにします。You Tube、この頃はレコーダーやプレーヤーでも視聴できるみたいですから、いずれ我が家も。今後ともよろしく願います。
03-10 09:37

03/09のツイートまとめ

kinsyuu3

gennyou1様ブログ開設おめでとうございます。お気に入りに登録させてもらいました。楽しみが増えて嬉しいです。 RT @gennyou1 ブログ更新しました。 歌謡浪曲とJ-POP〔Ⅲ〕 http://t.co/tOQGGboL
03-09 18:08

03/08のツイートまとめ

kinsyuu3

観劇予定。期待しています。 RT @toshukai 5月御園座、島津亜矢座長公演 http://t.co/7V00GEtO
03-08 08:19

「ジェラシー」についての私見

むかし、こんなことを書きました・・・・・。

この度は、私の書き込みが端緒となってサイトをお騒がせしてしまったようなので、多少の釈明をしておき
たいと思います。ただ、論争をする積りはさらさらありませんし、和気藹々のサイト運営は家主さまは勿論
ご参加の皆さまも望んでおられることと思いますので、もしご見解が違う点があってもそこは一個人の考え
だとお考え頂いてご寛恕下されば有り難いと思います。

亜矢姫の歌唱曲については、どんな曲をご披露頂いても私の場合は例外なく常に熱い感動を頂いております
。それは、姫様のあの声であり、歌唱力であり、表現力であると思うのですが、何故かしら知らず知らずに
その歌の世界に引き込まれてしまいます。実際に何がそうさせるのかは良く解かりませんが、とにかく気持
が揺さぶられるのです。

この度のジェラシーにしても‘亜矢を愛するファン’様が仰るように、確かにニューミュージック、J-P
OP的な唄い方では無かったと思います。この場合は放送用の編曲自体がそうはなっていなかったし、姫様
は要求された曲調に従って見事に歌唱された訳ですから、亜矢を愛するファン様が期待するようなシチュエ
ーションにはなっていなかったと思います。
もし仮にお膳立てがそのようになっていて、J-POP的にいう要求があったとすれば姫様の実力からして
当然に唄いこなす力量は十分にお有りだと思います。私は姫様の実力を過小評価してはいけないと考えてい
ます。

先の書き込みをする前も、姫様の唄と併せ井上陽水さんの原曲も何十回か聞き込みました。それでも私は姫
様の唄をフルで聴かせて欲しかったという思いは強いのです。姫様に、人まね物まねなどをして欲しいとは
大方のファンの方は望んでおられないと思いますし、亜矢を愛するファン様もそうではないのでしょうか。
今までに唄われた「船頭小唄」、「美しい昔」、「ヨイトマケの唄」など全て亜矢姫固有の編曲がなされて
います。
これらの曲に多くの賛辞がよせられたことも事実です。それ程に姫の歌唱には編曲家の思い入れも強いのだ
と私は感じています。ですから姫様には今後も周囲の方々が熱い支援をして下さることを願っています。

物事全て、個人が考える絶対評価はあって不思議はありませんが、世間の評価は相対的に評価されるしか無
いと思います。好悪、好き好きは誰も抑止はできませんし、誰にも制約されるものでもありません。全て自
由です。ですから感じ方や評価が違っても、発表する場を選んで主張されることは一向に構わないと思いま
す。だだ、その場を選ばないと誰も喜ばないこともあり得ますから、何事も私の場合は気をつけるようにし
ています。

ここで亜矢を愛するファン様のその後の書き込みに少し誤解があるようですので、釈明させて頂きます。
>>良かった良かったの賛美だけでは、姫さまのためにならないです。・・・とお書きになっていますが、私
は自分の気持ちを正直に書いただけですし、姫を特別にヨイショした訳でもありません。まして姫様がこの
サイトの書き込みを読んでおられるかどうかも私は知りません。
従い、先の理由からこの言い方はちょっと無礼な感じがして不快感を覚えましたが、敢えて訂正して頂かな
くても結構です。同じファン同士、今後とも和気藹藹と行こうではありませんか。

以上、2009/10/14 演歌桜・亜矢桜に投稿
ジェラシーを唄われたあと、サイトでは種々の感想が書き込まれて一時はエキサイトしてしまうという状況
になったことがありましたが、それも今では思い出話となりました。
ところで、この‘ジェラシー、CDが未だ発売されていません。期待しているのですがね~。

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR