ひめぎんホール、スペシャル

予て話題になっていたラウドネス音声管理がNHKでもこの4月から実施されます。
この、ラウドネスによる音声レベル管理の導入については、その目的が番組間や放送局間の音量差を解消す
るために行われるものとされていて、以前にあったように歌番組中などにおいて特定の歌手の声が微妙に小
さく感じたり大きく感じたりしたことがあったと思いますが、これを解消する目的のものではないと説明さ
れています。
これまでは技術者がVUメーターを視認しながら人為的にコンプレッサーを操作して調整していたそうです
から、技術者個々人の感覚の違いもかなり影響してたものと思われますので、時によっては聴感上違和感が
生じることもあったのでしょう。

今後はVUメーターに換えてラウドネスメーターを用いて番組が製作されるそうですから、本来の目的は違
うものの従前よりは、かなり違和感の少ない放送が行われるものと期待されます。NHKの説明では
「1つの番組の中でのダイナミクス(強弱)に関しては、これまでより幅広く(小さいところは小さく、大
きいところは大きく)送出できるようになります。」と、説明していますのでより自然な感覚で視聴できる
ようになるのではないでしょうか。
差し当っては4月14日に放送される「BS日本のうた」が色々の意味で大いな楽しみとなりました。

NHK技術情報
http://www.nhk.or.jp/pr/marukaji/m-giju321.html


むかし、こんなことを書きました・・・・・。

遥かなる思いの松山市だったけど着いてみれば意外と速い、体も楽だ、10年も経った古い車にしては良く
走るし、なかなかバカにしたものでは無い。う~ん、これは見直した。
もっともこれはドライバーの腕によるところが大きくて、“ふうてん”などが運転すればきっとこうはいか
ない。長兵衛さま有り難うございました。

翌朝、真っ暗な中を愛媛県県民文化会館(ひめぎんホール)に向い、6時ごろ到着。もうすでにかなりの人
が思い思いの装備で並んでおられる。
私にとっては早朝の並びは初めての経験だったが寒かった~。
夜が明けてみれば、なんとネットでお馴染みの、度胸船さま、玉川さま、おじちゃんさまが最前列におられ
る。さすがのお三方だとの思いを新たにしながらご挨拶をさせていただく。
それから待つことしばし、7時30分には会館ロビーへの入場が叶い、ほっとする。ご当地のNHKご担当
者さまの計らいがあった訳だが、気持ちが温かくて嬉しさがひとしおだった。きっとご当地の皆さん方の心
も温かいんだろうな~と思いつつ、聞けば他所ではそうでもないらしい。やっぱり、心の温かい人が良いに
決まっていますね~、人の世はいつもこうあって欲しい。

座席指定券交換は午後4時だから長時間待たれた方は何時間くらいになったんだろう?、ミモリンさんのフ
ァンも多かったからお互いに、ほんとに、ほんとにご苦労さまでした。
さて、入場は6時からでしたが亜矢姫ファンのご参加も多くて顔見知りの方々にご挨拶も、遠く仙台からお
越しになられた亜矢岳様ともご挨拶が出来て嬉しかったけれど、北海道からお越しになられた方もおられた
そうで、やっぱり“亜矢縛り”というのは呪縛が強烈だな~と、一人合点する。

さて、6時に開場となり中に入ったが、さすがに3000人収容のホールは目を見張る程の大きさだ、そし
て美しい。ロビーも広かったけど、中もだ。
そして7時ちょっと過ぎから収録が始まったが、5階からなるホールは人人で埋め尽くされていて壮観。
ただ5階は良く見えなかったが使用されていなかったかも知れない。

トップ唄い出しは三船和子さんからで、以後淡々と進行するのだが舞台演出もさびしくて、自分にとっては
何だか興の乗らない進み具合、これじゃなあ、せっかく松山まで来たのに、ちょっとなあぁ、との思いがよ
ぎる。これはもうスペシャルのお二人に期待する他はない。

さていよいよ、お二人の登場となりミモリンさんの「月がとっても青いから」から始まり、亜矢姫は「雪の
渡り鳥」と続く。あと一曲づつ歌ったあとで、小松アナは宇和島出身の今は亡き松山恵子さんのことを話し
「未練の波止場」をミモリンさん、「お別れ公衆電話」を亜矢姫が唄って松山さんを懐かしむ。
やっぱりね~、お二人の登場から会場は声援や掛け声で騒然。全く気を抜けない雰囲気となり俄然熱気をは
らんでくる。こちらも知らず知らずに集中してしまう、何という凄い力だこと。

この日の姫は、名作歌謡劇場第一弾に収められた「瞼の母」を実質上の最後に歌唱されたのだが、これがま
た圧巻で、これまで聴かせてもらったときより一段と、親子の情感ややるせない気持ちの忠太郎が表現され
ていて絶品と感じた。凄くて身震いする程だ、これは言葉で表せないからテレビでじっくりと聴いて頂くよ
り他はない。

話はちょっとそれるが、最近作曲家の〇森〇夫さんがご自身のラジオ番組で、台詞入り歌謡曲における台詞
など簡単なことだと、ご自身が教える若手歌手に話していたが、こんなことを聞くと、この方ほんまもんの
歌聞いたことあるのかしら、と、考えてしまう。言葉は出せてもあの調子が出せるのですか?と。
いい加減な戯れ言は言って欲しくないもんだが、台詞にも色々あるから、目くじら立てるほどでもないか。

さて、今回のスペシャルでは、例によって相方から亜矢姫に対する褒め言葉が飛び出すのですが、ここで書
いてしまうと興が醒めますのでテレビでご確認して頂くことにします。
過去では、ヨンジャさん「梅川」で涙されていた、中村美津子さん~亜矢ちゃん凄いね、秋川さん~何を唄
っても上手い、またカットされた語録もある、北島御大はのけ反りを何度も、長山さんは~良く言うよ!、
布施さん~こんなに多くの声が出る人あまり会った事ない。等々、他にもあるかも知れない。

これで私たち(カラオケの華殿と二人)はスペシャル収録参加2回目ですが、その内容及び諸々の条件(四
国松山に雪が降った)も含め忘れがたい思い出を作ることが出来ました。
今回の収録にお誘い頂き、かつ運転やナビ役までして頂いた、長兵衛様、ふんこがすぞ様ご夫妻に厚くお礼
を申し上げます。

それではまた、ニャ~オ~。

以上、2012/02/04 『亜矢姫』談話室に投稿

ふうてんの猫も観た!リサイタルin梅田芸術劇場

むかし、こんなことを書きました・・・・・。

長兵衛様、ふんこがすぞ様、亜矢姫ファンの皆様、おばんです。
行って来ましたよ、梅田芸術劇場。
“こがれ奴”が言うにゃ、冬場だからお前JRだってどんなアクシデントがあるかも分からねえ、以前の例
に照らせば列車の中に缶詰なんてのもあったしな~、用心するに越したことはねえよ、と言う訳で前日から
の行動となった次第。

そんなに幾度も行けない、しがない俺たちじゃリスクは出来るだけ小さい方が身のためだ、せっかくの亜矢
姫公演をふいにしちゃあ、泣くに泣けないよ~。う~ん、もっともな話だ。
てな訳で、田舎もんの風体まるだしにルクアとか三越伊勢丹とかをブラブラしてさ、例の金の時計とか銀の
時計とかも見てきたし、多少の見聞は増えましたね~。
それにしても、伊勢丹の人の少ないこと寂しいかぎりだ。人気の差だね~、名前だけ大きくて見栄だけ張っ
てても駄目だ。歌手だってそうだよ、ある大物歌手の地方公演ではコラボしたって入りは半分だって話もつ
い最近どこかで聞いたな~。それに比べりゃ亜矢姫の人気ぶりはパソコン見りゃ即座に判る。凄ぇもんだ。
あっ、どうでもいいことしゃべってしまった。読んで下さる方ご免。

今日はリサイタルのことを少し書かせてもらおうと、出させてもらったのに肝心なことを忘れちゃならぬ。
いや、書くったって大したこと書ける訳でなし、“ちんけ”な奴の駄弁りだから、まあ、堪えてとお願いし
なけりゃならない。

私にとって圧巻と感じたのは何といっても「麗人抄」と「旅愁」での斉藤功さんとのコラボレーションだ。
染み入るような美しい音色に合わせて、これまた姫さまの張りと艶のある声で何とも感動的に心を込めて歌
い上げるシーンが鮮やかに甦る、これはもうCDで聴くのとは全く別物だ。
思えば、こんな贅沢な組み合わせ、斉藤功さんと島津亜矢さんのコラボ、このジャンルでは最高の組み合わ
せだと断言できる。

斉藤さんは演歌・歌謡ギター界では第一人者で、船村先生のご一門とは行動を共にされることが多いみたい
だし、尺八の素川さんともつながりがあるようで、一流は一流を呼ぶの世界のお仲間でしょう。
片や天才と謳われる亜矢姫、こんな夢のようなコラボが聴けたのだから私には非常な喜びだ。あの斉藤さん
の感に堪えないように首をふる仕草が印象的だったし、さらに姫様の熱唱、これはもう、このリサイタルで
の白眉の演目ではなかったかと一人合点しているのですよ。
以前にテレビで「悲しい酒」をお二人が共演されたことがあったが、あのときも“この歌”における正調な
ものと感じたし、正にスタンダードであろうと感じたのだが、他の方の歌では癖がありすぎて私には伝わっ
てこない。
姫さまのお話では、斉藤さんとは13歳ごろからの繋がりがあると話されていたが、全く耳新しい話で、姫
を支える大きな力を持つ人がここにもおられたのだという思いを、新たにしている。

アルバム「悠悠」が中心となる今回のリサイタル第一部、現在持てるもので、新しくて最高のものを披露す
るというコンセプトに立てば、これまでで最もリサイタルに相応しい選曲ではなかったかと感じたのです。
こんなことを考えると企画アルバムが他にもあるが、それぞれを中心にしてのコンサートがあっても良いの
ではないかなどと思ったりする。CD出しぱなっしでコンサートでは全然唄われない歌もあるから贅沢とい
えば贅沢だけど、遠巻きのファンからは不満が口をついて出ることもある。

また、シングルを出したらC/W曲も唄って欲しいね~、唄わないというのは自分の子供をほっぽり出すの
と同じだと思うが、構成・演出の方々のご一考を願いたいところだ。
全部唄っていたら時間がいくらあっても足りないとは思うけれどファンは欲が強いのですよ~。
ついでに言わせてもらえば小椋佳さんの思いのこもった「歌路遥かに」がなかったのも残念だ、と、言い出
したらキリがない。ここらで、やめよ~っと。

そうだ、NHKに対しても言いたいことがあるんだ、亜矢姫出さねえでレディー・ガガだと?、テクノポッ
プならイエローマジックの方が良いに決まってるさ、いや、そんなに深く知ってる訳ではないけれど、何処
の国の紅白だと言いたいよ、ほんとに。
苦情ならまだまだあるけど、もう、やめよ~っと。(何本ものメールを出したけど返答が無くて無視されて
しまっているんですよ、くそっ。みな様のNHKだって、嘘つけ!!)
上に書いたことは単に個人(孤猫)の思いで、我儘に書いているからお気に召さない向きもあろうかと思い
ますが、ここは亜矢姫ファンサイト、思いもいろいろ有ると思し召し願いたい。

来年は御園座での座長公演もあります。こんな成り行きになったからには姫様に恥はかかせられない、そん
な思いのファンのみな様、知り合い近所誘い合わせて出来るだけの努力をしようではありませんか、身近に
いる“カラオケの華”殿なども然したる力は無いけれど、意気込みだけは強いものがあります。
みな様のお力があれば大成功間違い無し、姫様は世の為人のために精一杯の力を揮って下さる筈。期待しま
しょう。

さて、今年もいよいよ押し詰まってきました。ここらで気分を改めて、みな様が良い新年を迎えられますよ
うお祈り致します。
今日は29日のつもりだけど多少の酒で酔っぱらってしまったみたいで、支離滅裂のところがあるのはお許
し願いたい。

それでは、来年もよろしく願いますね~。ニャ~オ~。

以上、2011/12/30 『亜矢姫』談話室に投稿
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR