御園座へ再び

座長公演がつづいて、リサイタルが無くなってみると、ふと昔が思い出されて懐かしさを覚える時がありま
す。公演前のあのワクワク感で気持ちが高ぶり、誰もが夢追い人になっている。そんな感じではなかったか
と思うのですが、特に名作物での一人芝居は感動の涙を誘い、劇場を出るときは誰もが放心状態になって帰
っていく。そして、来年の公演に早くも思いを馳せる。
まあ、ビデオは残っているけれど実演にはとても及ばない。長く続いたリサイタル、何れまた見せてもらえ
る時が来るのだろうか、貴重な財産はさらに高く積み上げて欲しいと思うのですが・・・


むかし、こんなこと書きました・・・・・。

長兵衛様、ふんこがすぞ様、みな様 今晩は。
昨日、御園座へ出かけてきましたので、少しだけ書かせてもらいますニャ。
当日のチケットは4時からのものを買っていたので、そんなに早く出かける必要もなかったのですが、折角
の名古屋だし科学館のプラネタリウムでも見物してから、余裕の気分で御園座へ向かうことにしようと算段
して出かけたのだが、考えが甘かった。
昼ごろ行ったのに空席有りの時間は3時10分ですって、こりゃギャフンだ。そこで近くの美術館でも覗こ
うかと思って行ってみたら休館でこれもダメ、あ~あ~何てこった。こうなりゃウォークマンを取り出すし
かない。

白川公演で時間つぶしした後、3時過ぎに御園座へ向ったのでしたが、この辺りに来ると亜矢幟が林立して
いてやっぱり空気が華やいでいる。玄関先はと見れば昼の公演が終わったばかりで、群衆といってもいいほ
どの人だかりが出来ているし、タクシーかハイヤーか知らないけれど、それがズラリ並んでいて乗車待ちの
人を整理する係員まで出ている。イヤ~、凄いな~、しょっちゅう来る訳ではないが、こんなの見たのは初
めてだ。

御園座も来年3月で一旦終わりになるというが、群衆を眺めていると、この賑わいもこれで終わりかと何だ
か寂しさを感じる。
私にとっては今の御園座は見納めになるから、その佇まいも残しておこうとコンデジを構える。普段、玄関
の上など見ないけど、その気になって見れば大きなナマコ壁で全面が飾ってあるし、その中央には何やら意
味ありげな紋章の焼き物がはめ込んである。
通りの入り口にある飾り行燈看板の裏側には昔のガス燈に似た灯火柱まで立っていて、今日になって初めて
気が付くものばかりだ。やっぱり伝統と格式があるんだなぁと改めて思う。再建計画は色々あるらしいが、
立地も含めて娯楽の殿堂としての品位と格式は保ち続けて欲しい願うばかりだ。大阪のように成って欲しく
はないな~、まるで、狭い所へ押し込めた感じだから息がつまる。

さて、亜矢姫さまの座長公演を観させてもらうのも、昨日が私にとっての最終日となりました。前回から一
週間しか経っていないのに、何だかこの日が来るのが楽しみで待ち遠しかった。そして終わってみれば期待
通りの楽しみが得られて満ち足りた気分だ。
お連れした方も来て良かったと満面の笑み、そりゃそうですよね~、あれだけ見せて唄って下されば満足し
ない方がおかしい。
また、芝居でも姫様の演技は更に充実度が増していて堂に入ったものとなっている。他の役者さんに負けず
劣らずだと思いましね~。また、その姿が恰好よくて、特に終盤で見せる袴姿は断然ピカイチ。男姿を褒め
ると姫さまは気に入らないかも知れないからこれは内緒だ。
それとね、最後に尚之助と別れるときに八重の亜矢姫は目にいっぱい涙を溜めていたらしい。これは、猫は
猫でもふうてんのような、視力の弱いものには判らない。知る人ぞ知るだ。

第二部の歌謡ショーも相変わらず素晴らしいものでした。実はこれを再度観られるのが非常な楽しみで待ち
遠しかったのですが、やっぱり観て楽しく聞いて楽しい物が良い。
思えばアメリカのショービジネスはパフォーマンス重視の方向みたいだから、日本でも亜矢姫のショーがそ
の先鞭をつける物になったのではないかと思える。ただ、追随するにはそれだけの資質と才能が求められる
だろうことは想像に難くないから、誰でもがそう簡単に出来ることにはならないだろう。
今回も思ったけれど、息も切らせず畳みかけるような演出が垢抜けていたし、こんなショースタイルはこの
公演でしか観られないものだとの確信は全く揺らがない。

ケーナと尺八の掛け合いがあり、ダンサーと個々のバンドメンバーとの掛け合いがあり、姫様と葵好太郎さ
んとの日本舞踊があり、笛とバイオリンが情景を際立たせる場面がある。
もちろん、姫様の唄を中心に展開していくのだが、このショーはご出演の皆さまの何方が欠けても成り立た
ない構成なっているから、総合芸術のお手本にすら成ったのではないかと思える。
もちろん、手本かどうかは専門家が考えることで、素人の一個人が言えることではないが、ただ大いなる楽
しみを与えて下さったことは確かだ。

ところで、公演の冊子を眺めていてのこと、洋舞振付のところで、ちょっと聞き覚えのあるお名前を見付け
たので、気になって調べてみたら、やっぱりあの方だった。昔、マツケンサンバで一世を風靡したマジーこ
と真島茂樹さん、この方がダンサー方の振付を為さっていたんですね~。意外なところで活躍されていて嬉
しいやら何やらビックリしました。
それと、日舞振付のところの若柳禄寿さん(女性です)、姫様と葵さんの道行を振付されたのだと思います
が、あるブログにこのように書かれています。『TV,舞台で舞踊家として所作指導、振付で活躍。この方
は松竹の女優さんなどに日本舞踊を教えたり、舞台俳優に所作を教えたりされている方で、舞台所作を教え
ることに関してはきっと、日本で第一人者の方だと、松竹の方に聞きました』と書いておられます。

あのダンスパフォーマンスや、道行の舞踊や所作はこの方々のご指導があったことが窺えますます。
同時に演者はその習得に励まなければなりませんが、身につく財産も小さくは無いと思えるから頑張れるの
でしょうね。
思えば姫様にとっては、芝居の台詞や所作や動作を覚えなくてはならない、舞踊の練習はしなくてはならな
い、新しく取り入れる歌は練習しておかなくてはならない、そのための衣装合わせをしなくてはならない、
素人でも簡単にこれぐらいのことは想像がつきますが、ご当人にしてみればその他何やかやと、やらなけれ
ばならないことが山ほどあったことでしょう。
まして、公演が始まれば出演者の皆さんえへの気遣い心遣いも要ることでしょう。諸々考え合わすと気の遠
くなるような事柄を、大きなミスをせずにやり通さなければならい。並みの頭脳、能力ではやりこなすこと
など出来ないのではないかと思えます。
それをね~、見事にやりこなしておられるのですからね~、そりゃあもう天晴れでございます。姫さま!!

つらいことを潜り抜ければ、嬉しいこともあるといいます。そんな気概をもって大きな山を乗り越えて頂き
たい。それが、全国のファンの望みだと思いますから。

それでは皆さま、失礼いたします。ニャ~オ~。

以上、2012/05/24『亜矢姫』談話室に投稿

御園座へ走る

「BS日本のうた」での 、布施明さんとの思い出のスペシャルステージの放送は2010年12月12日
でした。収録は埼玉県の本庄市民文化会館からで、収録は11月18日。この日は奇しくも星野哲郎先生の
お通夜の日でしたが、涙を堪えての熱唱はあとあとまで語り継がれるほどの名演となりました。
月日の経つのは早いもので、もう丸2年が過ぎてしまいました。

もう全て思い出の部類に入るのですが、番組ホームページでの構成作家さんの二人を讃える名文がとても心
に残りましたので書き残しておきました。以下に再現しますので、触れてみて下さい。


番組後半のお楽しみ、「スペシャルステージ」は歌と歌とがぶつかり合う布施明さんと島津亜矢さんの共演
です。
天性の歌唱力、ダンディーさにかけては天下一品、布施明さんの胸を借りるどころか、真っ向、堂々と歌で
挑む島津亜矢さんの姿はお見事の一言。
お二人の代表曲を交換したり、布施さんが胸に迫るラブソングを熱唱すれば、島津さんは名調子、台詞入り
演歌を披露したり、見どころ聴きどころ満載です。
極めつけはラストソングの「My Way」。
感動と涙のステージをあなた自身の目と耳に焼き付けてください。
埼玉県本庄市からお送りする「BS日本のうた」、見逃したら年は越せませんよ!

埼玉県本庄市回担当:構成作家 井上知幸


むかし、こんなことを書きました・・・・・。(昨年です)

長兵衛様、ふんこがすぞ様、皆様今晩は。
行ってきましたよ、御園座へ!!
北島康介さん流に「チョー気持ちいい、なんも言えねぇ~」と言ってしまえばそれで済むのだけど、能なし
がそんなカッコつけて言ったって、ヤイ!ふうてん野郎、お前何しに出てきたんだと怒られそうだから、下
手くそは承知ながら、感じたままを少しだけ書かせてもらいますね。

亜矢姫さまにとっては、この5月の御園座公演が初の座長公演で、記念すべき公演になっているのですがフ
ァンにとっても期待され続けてきたものが、やっと実現した訳だから嬉しさはひとしおです。
そんな期待感が心を一つにして劇場は大賑わい。我らが亜矢姫が一旗揚げりゃ、ヘン!こんなもんだあ~と
、鼻も高くなろうというものですが、しかし、昨日観させてもらって、そうとばかりも言えない面も少しは
あると感じたのでした。
公演の演者はその道の芸に秀でたプロばかりだから、繰り出されるパフォーマンスは素晴らしくて観衆を酔
わせるものを持っておられる。また、それぞれの方々に熱いファンが付いていて激励応援にかけつけるとい
う図式を考えれば、その人選は長丁場を乗り切る為の重要な要素となるのかしら思ったりします。

また、構成演出も重要で、昨日も有無を言わさない楽しさを味わわせてくれたのは、演目二の「熱唱!島津
亜矢 愛・夢・感動」での舞台でした。(構成演出は:菅原道則さん)覚えておかなくては。
これはもう、今までに見たことのない斬新さで、手許にリサイタルのビデオが十数本あるが、そのどれでも
に見られないものだ。正に、愛・夢・感動。
例えば、亜矢姫の流麗に流れる歌声を中心に、藤秋会の三味線の方々、葵好太郎さん、ダンサーさん、亜矢
スペシャルバンドに素川さんが加わって、息をつかせない程の乗り乗りの演奏とパフォーマンスで、魅せて
聴かせてくれる。
遠い昔、宝塚公演を観た時の感激を思い出してしまったが、思いが古すぎて芸能文化に疎いのが露わに出て
しまってちょっとお恥ずかしい。

動と静、「梅川」では亜矢姫と葵好太郎さんとの絡み合いがお見事、正に幽玄の世界だ。
私が鑑賞した時は姫様は台詞のみで歌はなかったけれど、忠兵衛の立ち回りを引き立てるための演出と考え
れば、十分に納得できるものと感じた。
葵好太郎さんのファンの方も充分に満足されたことだろうと思います。

それと、この時演奏された曲は創作曲だと感じたが、素川さんの篠笛(?)が何とも言えない雰囲気を出し
ていて忠兵衛、梅川の道行を見事に際立たせていたと思います。衣装、ライティングも情景にマッチしたも
のでいやが上にもその世界に引き込まれる。もし、これがビデオにならず、この公演だけで終わるものとし
たら、誠に残念ことと思わざるを得ない。
これらの情景は言葉では絶対に表わすことは出来ないから、ファンは見逃してはならないと思うけれど、こ
れは自分の身勝手な思い。全国あまたの地区からとなると、まちまちの事情もあるでしょうから不都合な方
もおられるでしょう、無理にお勧めは出来ません。乞う、ビデオ発売ですね~。

演目一の「会津のジャンヌ・ダルク」は本格演劇の二幕仕立。
多士済済の出演者に囲まれて主役を演じられたが、あそこまで演じられるには並大抵の努力ではなかったろ
うと想像できるだけに尊敬の念さえ覚えます。
ただ、呉で演じられた‘忠太郎’や、リサイタルで演じられた‘お吉’や‘お徳’の時のような感情高ぶる
迫真の場面は無かったように感じたが、これは台本にもよるだろうから、観客は演じられるままに観させて
もらうだけだ。
印象深かったのは亜矢姫の立ち居振る舞いの美しさと、さらには袴姿などが様になっていて何とも恰好が良
いことだった。それと、亜矢姫は台詞を話すときに顔の表情が一緒に出ていて如何にもホンワカとさせられ
る場面がかなりあったように感じるが、これは亜矢姫の持ち味で、特徴なのかも知れない。
いずれにしても、姫さまにとって本格芝居は初めてのことであり、先輩俳優さんから学ぶことも多いことと
思うが肥やしを蓄えて益々成長進歩されることを期待して止まない。

田中健さんがケーナを奏する前に話されていた。亜矢姫は人として本当に素晴らしい方だと。そして芸に対
する向き方も真摯で、今日も芝居の中で昨日まで無かった目線を入れてきてドキリとする場面があったが、
日々に進歩する芸は千穐楽を迎える頃には芝居も相当に変わったものになっているだろうという褒め言葉が
ありました。
亜矢姫は人を心酔させる何かをお持ちのように思えるが、ブログやTwitterに目を通すと、その類のコメン
トが幾つも出て来るから、田中さんの話も世辞では無く心底からの話だと思う。
やっぱり、亜矢姫さまには徳、いや芸人魂があるのですねぇ。

昨日は、存じ上げる亜矢友さまに何人もお目に掛かることが出来て、心も弾む思いでした。皆様お声掛け有
り難うございました。
みづは様、吉三郎様 いろいろお世話になり有り難うございました。

以上、 2012/05/17『亜矢姫』談話室に投稿
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR