ほんのちょっぴりの、読みかじり

小西良太郎さん(俳優、音楽評論家、音楽プロデューサー)が、知己の方の上梓された図書について、ご自
身のホームページ上でエッセーを書かれていたので、読ませてもらった。
さらに興味が尽きないので、その図書も読んでみた。
著者名は稲垣博司氏、早稲田大学卒業後、渡辺プロダクションに入社。その後、CBS・ソニーレコード、
ワーナーミュージック・ジャパン、エイベックス・エンタテインメント等の要職を経て現在は同社顧問。
50年にわたり日本の音楽業界をリードし、多くのスターを輩出した。日本で一番レコードをセールスした
男と呼ばれる。~巻末の著者紹介より。

冒頭の書き出しはこうである~
もう何十年も前の出来事なのに、今でもたまに夢でうなされて目が覚めることがある。・・・
[じたばたしても始まらない~人生51勝49敗の成功理論=光文社・刊]

1972年12月31日、東京・日比谷の帝国劇場。音楽界で最も権威のある賞の一つである第14回日本
レコード大賞の最優秀新人賞が決まろうとしていた。
最優秀新人賞の候補は、麻丘めぐみ、郷ひろみ、青い三角定規、三善英史、森昌子。この中から、たった一
人が選ばれる。私は、自身が勤めるCBS・ソニーに所属する郷ひろみが選ばれると確信していた。
・・・我々は、総勢35人の審査員への根回しをばっちり済ませ、過半数を超える審査員から郷への投票の
感触を得て、受賞を信じて疑わななかった。

ところが、名前を呼ばれたのは「芽ばえ」を歌った麻丘めぐみだった。ふたをあけてみると、郷が得た投票
数はわずか2票。控室で我々は凍り付いた。・・・

ショックなことに、審査員の5,6人から「稲垣さん、だめじゃないか、しっかりしないと。郷に入れたの
に、郷が破れて恥をかいちゃったよ」と言われたのだ。得票数は2票だから、残りの数人はうそをついてい
る。投票は無記名式だった。・・・
「賞レースは本当に怖い」と思った。同時に人間も怖いと思った。


この書き出しを読んで、思い出し出してしまったのは菊池寛の短編小説「入れ札」のことだ。
忠次(忠治)が役人に追われて赤城から信州へ落ち延びようと大戸の関所を破ったあとのことだ。
11人の子分と一緒だったが、こんな大人数では道中も目立つので、人目につかない3人程に減らしたかっ
た。ところが、誰と誰、と名指しするには忠治の情が忍びない。籤をするには忠次の思惑に叶わない。
そこで入れ札となるのだが・・・
どうしても一緒に行きたい古参の稲荷の九郎助は、気持ちを抑えきれずに、自分があまり役に立たないのを
承知で自身に一票を投じてしまう。
結局、忠次が望む3人が選ばれたのだが、その中に九郎助は入れない。あとは、忠次の言い分を聞いて、そ
れぞれの道を行くことになる。九郎助は、昔から気心の知れた弥助だけは、たよりに出来るかもしれないと
いう期待はあったが、出たのは自身が投じた一票だけだった。
それからしばらく、弥助と二人で道中を共にすることになるのだが、道々、弥助はこう言うのである。
「野郎達が、お前を入れねえと云うことはありゃしねえ。十一人の中でお前の名をかいたのは、この弥助一
人だと思うと、俺あ彼奴等の心根が、全くわからねえや」・・・

ここでの、弥助の気持ちは忠治を思う一途だし、良かれと投じた入れ札は順当な結果となって気持ちもさっ
ぱりしている。しかし、救われないのは九郎助だ。
三人の中の一人は2票で決まったから、弥助さえ入れてくれていればと思えば、腹立たしさも無念の思いも
募ってくる。ただ一人、恥ずかしい思いをするのは九郎助だけである。

この小説では、弥助の人間としての正義と優しさが際立って見えているように思うし、また、九郎助には、
はかない人間のエゴも、心の弱さもも見せつけられるようで、一種の哀れさをも感じてしまう。
この小説、菊池寛の人間洞察力がすごいと思うし、文章も調子が良くて流れるようだから気持ちが良い。


比べて、稲垣博司氏の冒頭の話は、‘今でもたまに夢でうなされて目が覚めることがある’と書かれている
程のことだから、うそを言っている人達に対しては人間としての外道を感じてしまうが、こんなことも、人
間社会の有り様の一つして、心しておかなければならないのだろうかと、やるせない思いが募ってくる。

また、こんな事も書かれている。・・・
・・・かっての賞レースでは時には審査員にもお金が動いたようだ。「あいつはそういうことをしない。金
銭は受け取らない」という風評が立てば、誰もその人のところにはいかない。逆に言えば「あいつは金で転
ぶ」と見られれば、そこに向って動く。
金銭の動きは目に見えないが、目で確認できる指標があった。それは洋服。
プロダクションの中には、なぜかスーツの生地を審査員に送るところがあった。その生地の色合いや模様が
、プロダクションによって独特で、審査員の着ているスーツによって「あっ、この人はあそことつながって
いる」と読めてくる(それは、NHK紅白歌合戦のプロデューサーらも同じだった。面白いものでひと目で
分かる)・・・

上に書かれているような事は暴露とも思わないが、昔から想像していたことが、より近くで物事を見てきた
り、或いは対処してきた方の話によって信憑性が高くなったと感じることは確かだ。
ただ、今の音楽業界はプロダクションの力が絶大だと感じるし、メディアに対しても力の使い方や、その宣
伝力もまた絶大だと感じるから、アタックを掛けられる放送等のメディアは余程しっかりした理念を持って
対処していかないと、あまねく視聴大衆を満足させるような質のよいものは、なかなか出来にくいのではな
いかと思える。
世の中、綺麗ごとばかりでは、やっていけないという処もあるかも知れないが、度を超すと大衆を馬鹿にす
ることに繋がりかねない。大衆を誤魔化し、白けさせることは決して、して貰いたくないと思うのである。

小西さんも書評で書いておられる。
・・・利益を追求するために過度の若者偏重に陥っていた。それを今、「音楽へのリスペクトを失わせ過ぎ
なかったか?」と省るあたりの記述は、率直な本音だろう。・・・・・と。

http://to-ryo.com/menu01/2013/04/839.html

亜矢姫のアルバムを聴き直す

最近、島津亜矢さんのアルバムを取り混ぜて聞き直している。
今までAVアンプを介してテレビの音声やCDなども聴いていたのだが音質にについては‘まあ、こんなも
のか’と納得して使って来た。
しかし、最近あることに興味があって、ほんの数万円の安物プリメインアンプを購入して別室で聴く環境を
整えた。スピーカーはむかし買って長いこと放ってあったもの(それほどショボイものでなくて良かった)
を使い、CDプレーヤーもDVD兼用の昔のものを使用。

ところが聴いてみてビックリ、出てくる音が全く違うのである。7年も前に十数万円も出して買ったAVア
ンプがたった数万円の安物オーディオ専用アンプに全く歯が立たないほどに負けている。
それも、スピーカーの品質が格段によくなったと思えるほどの変わりようだ。音のバランスが良くなった感
じだし、どの音も自己主張せず調和のとれた雰囲気をかもし出している。ベースもしっかりしている。
時代も変わって技術も進歩しているのか、聴いていてとても心地良いのだ。

昔から、音楽を聴くにはオーディオアンプとAVアンプとでは大きな差があるとは雑誌やWeb情報などで
言われていて、この事は承知していたのだが、これほどまでに違うとは驚きだ。
この頃は、USB入力端子のあるアンプも出てきていてパソコンの中の音楽ファイルを昔のジュークボック
スのように聞くことができるのもあるから、時代についていくのも大変だ。

こんな具合だから亜矢姫のアルバムも、こちらで聴き直すと、もの凄く新鮮に聴こえる。
取り敢えず手許に出してあるのは「BS日本のうたⅦ」「悠悠」「Singer」「彩」「鏡花水月」などだ。
さらに「島津亜矢の世界~10枚組」も。
特にオーディオ的に新鮮なのは「悠悠」と「BS日本のうたⅦ」だ。ともに収録曲も多彩だし亜矢姫の声色
も多彩、さらにアレンジも多彩だからとても楽しめる。

特に「悠悠」は、これまでの亜矢姫のイメージとは一線を画している感じだし、詞も阿久悠さんのもので
イマジネーションを逞しくさせて、さすがと思わせるものばかりだ。また、作曲の先生方も覇を競っている
感じだし、三拍子そろった名盤だと思う。

これ、副題が「~阿久悠さんに褒められたくて~」となっているが、亜矢姫の歌がとても素晴らしいだけに
そこまでへりくだらなくても、もっと他に言いようがあっても良かったのではないか、と思えてきてしまう
が、そこは素人の浅はかさというものだろう。
ともあれ、これは死者に対する尊崇の念を含んだ言葉でもあるだろうから、この場合これに勝る言葉は無か
ったのかも知れない。何事もプロの仕事はやっぱり素晴らしい。

「BS日本のうたⅦ」では、小椋佳さん作詞作曲の名曲が2曲もあるし、井上陽水さんのもある、洋楽もあ
る、その他往年の名曲が多彩にちりばめられているしアレンジも新鮮だ。
小椋さん、このアルバムを手に取って聴いておられるだろうか、そんな判りもしないことに思いを馳せるこ
ともある。
名手が歌う、ご自身が手がけた曲をどのような思いで聴いておられるのか、おられないのか、興味の湧くと
ころだがこれを知る術はない。

収録曲中では‘兄弟仁義’などは元歌から完全に雰囲気が変わっていて重厚さが加わり格調高ささえも感じ
る。一曲ですらこうだから、その他全てが新鮮に感じてリピート聴きする回数も必然多くなる。もちろん、
個人の好みではあるが私の中ではこれも名盤だ。

オーディオの話に戻る。前から高級機を使ったらどうなるのか興味のあるところだったが、最近偶然にこれ
を聴く機会を得た。アンプはラックスマン、スピーカーはJBL、一般家庭だが総じて100万円相当の資
金を投入したらしい。なるほど小音量でも品位を失わずに音を出してくる感じだし、耳に刺さるような刺激
的な音も一切出てこず素晴らしいものだった。

まあ、上を見れば限がないしマニアでもない。だいいちには調達する資金も無いので、それを得たいという
夢を見ることも無い。
まあ、身の代に合った環境で亜矢姫の歌を中心に楽しむことにしようと思っているが、この頃は安価なもの
でもかなりの実力を示す機器もあるという口コミもあるから、いずれSACDプレーヤーなどは聴いてみた
いと思っている。だが、要はソフトだ。テイチクさん、亜矢姫盤でこの手のもの出してくれないかしら。

ところで、昨年12月14日に三宅裕司&Light Joke jazz Orchestraに招かれてビッグバンドで
ジャズを唄うという珍しい共演が行われた。
後に、サンデーパラダイスというラジオ番組でこの公演のほんの一部「車屋さん」の演奏部分が紹介された
が、バンドの演奏はアレンジが利きすぎていて本来の「車屋さん」のメロディーはほとんど感じられないよ
うな編曲がなされていた。
亜矢姫はこの難しい編曲に唄い出しもきちんと合せ、本来のメロディーを軽快に唄われていた。これこそが
プロもが褒める真の実力というものだろう。

三宅裕司さんのコメントでは「これだけアレンジされちゃうと唄いにくいと言ってたくせに、実に簡単に、
さらっと唄ってしまう、そしてこれだけの歌唱力がある」と絶賛されていた。
また、共演され、編曲も担当されたトランペット奏者の羽毛田耕士さんもブログで「ゲストの島津亜矢さん
は、少ないリハーサルで雰囲気を掴んで、素晴らしい歌を聴かせて下さいました。」と書いておられる。

なぜ、今この話かというと、先日ある有名ベテラン女性歌手がニューヨークまで飛び、ジャズライブを行う
というドキュメンタリー仕立てのテレビ番組を見たからだ。
アメリカのミュージシャンとのコラボだったが、その、音合わせに四苦八苦していて、子供を諭すようなレ
クチャーをも受けていた。映像見ていてちょっと歯がゆい思いを感じてしまったが、なんでこんな映像流し
たのかも疑問に感じた程だ。

これらを思い合せると、亜矢姫の力量の高さ大きさというのは単に歌がずば抜けて上手いだけでなしに、
一流のミュージシャンとも互角に渡り合える音楽力をも持ち合わせておられるということだと思う。
特にリズム感においては普通の歌い手さんより特別に優れたものをお持ちではないかと感じるときがある。
亜矢姫はデビューして間もなくの一年半ほどをブランクにされていた時期があったらしいが、この時も
ボイストレーニングは欠かさなかったらしいから、この頃の基礎の積み上げも今の活躍に影響している部分
があるのかも知れないと思ったりしている。
とにかく、亜矢姫の音楽力を軽く見てはいけないのだと、常に考えている。

御園座+

先日、藤秋会夢舞台を観賞してきました。
一言で言えば、テレビでも見たことの無いような、総員400人にもなろうかという壮大なスケールの三味線、ゴスペルによる合奏合唱の大舞台を見聞きできたことです。こんな大舞台はここでしか見られないものでしょうから、貴重な体験ができました。
この時、三人のスーパースター(終演の挨拶で主催家元さんがこう表現された)も客演されていて、この舞台に華を添えておられたが、その内のお一人が島津亜矢さんでした。
芸能界(三味線道)の重鎮とされる方が、このお三方を当然のごとくスーパースターと認識されておられるのですから、ファンが考えている以上に島津亜矢さんは斯界で重きをなしている方だと確認できました。

スターを盛り立てるのはファンであり一般大衆だと思いますが、亜矢姫はスーパースターと呼ばれるに相応しい実力と人気を誇っておられます。放送某局においても、大衆目線と同一レベルの目線を持って物事に対処して欲しいと願わずにいられません。


御園座が施設刷新のために今年3月をもって閉館となりました。
昨年5月には当劇場で島津亜矢さんが初の座長公演を行い大成功を修められましたが、さらにお別れとなる劇場施設を長谷川社長とともに巡ってビデオに残されたことは、双方にとって将来も切っても切れない深い縁になったと確信できます。お互いの明るい未来に期待しましょう。

下記は、私にとって当所で最後の観劇となった千穐楽での感想をファンサイトに投稿したものです。

むかし、こんなことを書きました・・・・・。

長兵衛様、ふんこがすぞ様、みな様、こんにちは。
亜矢姫さまの初座長公演も大成功の中に終わりました。皆さまと共にお慶び申し上げたいと思います。
三味線の「藤秋会」家元さまのブログを拝見すると、千穐楽の朝のご挨拶は『千穐楽おめでとうございます』から始まり、座長、小屋主(社長)は出演者全員が楽屋に入られたのを見定めると各楽屋にお礼詣でをするのだと書かれています。きっと、昔からある、しきたりなのだと思いますが27日も亜矢姫さまはこれにならって実行されておられる。

この日を迎えられるに当たり、姫さまも感慨無量のものがお有りでは無かったかと察せらますが、諸々の心境は、あの感動的な最後のご挨拶に全て表わされていて、聴く者の涙と感動を誘いました。
あの若さで、あそこまで遣り切って下さるとは立派を通り越して驚嘆すら覚えました。

さて、今回の初座長公演、連日大入りとなり大成功裡に終えることができたと言えますが、姫さまの熱演とは別に、特に印象に残ったのはファンの熱気でした。ブログ「恋する経済」のオーナー様も書かれていますが、姫さまの熱烈なファンの方々の熱い行動がこの公演を完全に支えきったと言っても過言ではないと思えるのです。
もちろん姫さまの魅力に惹かれてのことではあるけれど、ここは姫さまに淋しい思いをさせてはならないという切実な思いもあってファンとしての意気地を通させ、心意気を示した結果があの形、連日の大入りに繋がったのだと合点できるのです。

ファンは全国各地からお出でになった筈だし、リピーターも多かった。極は感謝状サイトにお出になる、ナッツとピュアさまで、全公演鑑賞という快挙を成し遂げられたそうな。他にも何回、何十回と御園座詣での方は多くいらっしゃいました。本当に頭の下がる思いがするのですが、反面頼もしくもありました。
経済的理由もあるだろうに、ここまで人を走らせるというのは、やっぱりカリスマ的魅惑に支配され御されているのかも知れないと思ったりします。

とは、言いながらファンが出かけるのは勝手です。姫様にどうこうして欲しいと願う訳ではないのですが、このファンの心意気だけは心に留めていて欲しいと思うのです。
人の心は移ろいやすいと言いますが、現に紅白常連の著名な歌い手さんでさえ、地方公演では半分の入りだったという話も聞きます。ファンの心をいつまでも繋ぎ止めておく努力もこれまで通り継続して欲しいし、新しいパフォーマンスも披露して欲しいと思います。
今回の公演でも深く印象に残ったのですが、視覚的観点も人を酔わせるものがあると感じました。また、音楽的コラボもとても耳新しいものがあったと感じます。

世はビジュアルの時代といわれます。演歌界だけが時代にとり残されたのではあまりに寂しいと思います。幸いに今回の公演では新しい試みがあって、それも大成功の一因となったかも知れません。
リピーターが何回観ても飽きさせない工夫があったと思います。その意味では今回が一つのターニングポイントになったかも知れないと勝手に思いを巡らせています。

何はともあれ、姫さまの歌声は魅力に富んでいます。その魅力をいつまでも世間に振りまいて欲しいと願っています。それには、万全な体調の維持にも充分に留意して頂きたい、それが根本でもある訳ですしファンの願いもそこにあるのですから。

また、幾つもある掲示板サイトは連日の書き込みで大賑わいでした。色々の情報は楽しみを膨らませてくれて心を浮き浮きさせ、お祭り気分にさせてくれました。サイト運営の家主さまと、そこに集われて思いの丈を綴られた皆さま方の力も大きいものがありました。個人のブログも然りでした。諸々提供して下さった皆さま、有り難うございました。

さて、図らずも観させてもらえることになった千穐楽公演、田中健さんの予言通り亜矢姫の八重さまは従前より更に堂に入っていて自信に満ちたものになっていると感じました。
そこで、自然に引き込まれていたのですが、尚之助が藩命により会津を去るあの最後の場面、見せどころ泣かせろだったと思うのですが、亜矢姫は本当に涙をボロボロ流しておられた。その心中や、如何に。
藩にいては身のためにならないと考えて決別の意思を固めて見送る八重でしたが、その心に去来するものは何だったのか、その有り様が観ている方まで涙で目を潤ませてしまう程のものでした。

思い出しますね~、スカーレット・オハラ。あの場合はスカーレットから心の離れたバトラーが故郷に去って行くのでしたが、尚之助の場合は八重に心を残して去って行く。
しかし、スカーレットも八重も夫の後を追わず自立を覚悟する女性でした。進取の気性に富んだ八重は、やがて大成するのですが、その未来は明るい陽射しに咲き誇る桜に象徴されていましたね~。
美しかったあぁ~。

ところで、果たして尚之助は??あまり詮索せずにおきましょう。会津のジャンヌ・ダルクに喝采!!!
それではこの辺で。またね~ニャ~オ~

以上、2012/05/30『亜矢姫』談話室に投稿
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR