孤高に生きる

昨春、建て替え新装なった大阪中之島のフェスティバルホールですが、今年もジャンルに垣根なく色々の公
演が計画されているようです。2700人を収容するというこの大ホール、工事中といえども音響設計関係
についてはプロの演奏家を招いて実地に響きを検証してもらうなど苦心を重ねたといいます。
ホームページを見ますと“天井から音が降り注ぐ”と称された音響特性、とかの言葉も使われていますから
、実際もきっと素晴らしいものになっているに違いありません。

現実的な公演の中には演歌、ポップス、歌謡曲、ニューミュージック等のコンサートも多数予定されている
ようですから、こんなホールで亜矢姫の歌を聴いてみたい、リサイタルも観てみたい、と、そんな欲望に駆
られます。公演が計画されれば絶対に行きたい、しかしチケットが、いや後援会という強い味方がある、と
はいえ、都心近くの大ホールでも昼夜満員とかのネット情報もあるから、迂闊があってはなりませんね。
 
 http://bit.ly/1d3jU07


それほど昔でもありませんが、こんなことを書きました・・・・・。

長兵衛様、ふんこがすぞ様、みな様こんばんは。
ご無沙汰ばかりでございますが、亜矢姫ファンのみなさま方は相変わらずのご活躍でホットなニュースを
逐次ご提供いただいておりますこと、私奴にとりましては何よりの楽しみとしているところであり篤くお礼
申し上げます。

さて、今年こそはと期待していました年末の恒例番組ですが、またまたお出にならないという事になり残念
です。ヒット、活躍度、貢献度、エンターテイナー性、ファンの支持等どこから眺めても瑕疵がなく超絶の
実力を有すると思える歌い手、亜矢姫がお出にならいということですから、私奴にははなはだ合点がいかな
くて、まさに不可思議この上ないことと感じております。

視聴率の高い番組とはいえ、最近の流れは大方が若者志向となっている感じですから、今年の場合をみても
名前も歌も知らない方が多くお出になる。人口動態を考えて選考を考えて下されば、もっと違ったメンバー
が出場される筈になったとも思えるのですが、昔から言われている改革の方向は遅遅として進んでおらず、
いきおい私のような年寄りの楽しみは削がれることになってしまいます。

よくよく考えてみれば、最近は音楽事務所の力が強大らしいしから当局に対する懇請もきっと執拗なものが
あるのではないかと思えます。
ある、分析力の高い亜矢友様の見解によればレコード会社への割り振りも何かバランスがとれているような
、とする見方もありますからレコード会社を同じくする若手や小さい事務所の歌い手は、消去法でいけば選
外となる可能性が高くなってしまうのではないかと思えます。
当局においてはジャンルごとに選考枠を決めているように思えますから、これが根本的に変わらない限りは
自ずと私らが望む方向にはならないのではないかと思えてくるのです。

選考を願うタレント事務所は、多くのスタッフをも抱えているでしょうから、その人たちの人件費も相当の
ものが要る筈です。そこで、利益を得るための出場にかけるその営業努力は必死にならざるを得ないと思え
ます。視聴率の高いこの番組への出場は、その効果が低くはない筈ですから。
この様に考えれば、出場が叶った方達の芸が他の人に比べて特別に良いとも言えない場合もあるでしょうし
視聴者から絶大に支持されているとも言い切れない場合があると思います。まして、姫さまの場合は孤高の
高みにありますから誰とも比肩することなど出来ません。

このように考えていけば、世間が大騒ぎする程の番組では無いと思うし、それほど貴重な番組でもないと思
うのですが、薄らいだとは言え、まだ番組としての権威が残っているのはこの視聴率ゆえでしょう。

亜矢姫には、ここへの出場を待望久しくさせてもらっていますが、私奴にはまだその願いが叶わない。
前回ご出場の折りは実況では見れていないから、その思いは募るばかりなのでしたが、なにもここえ出るこ
とだけが歌手の全てでもないし、最近ではステータスと捉えがたいほどに質が低下しているとも思えます。

亜矢姫は、いまや押しも押されないスーパーエンターテイナーとしての人気を一身に背負って活躍されてお
られますから、今回のことで憂えることなどは微塵もないとファンの立場で断言できる。
来年も華々しいスケジュールがいっぱいだから、その雄姿をファンに熱く熱くご披露願いたいと期待してい
ます。
孤高に生きて下さるのはファンの誇りでもあるし、たかが、どこかの誰かがどうのこうのしたからって気に
することなど何もないのですから、後のことはファンがしっかり支えていきますよ。

それではみな様、ともに応援して参りましょう。

以上、 2013/11/25 『亜矢姫』談話室に投稿

民放、歌謡番組の視聴記

新年があけました。
皆さまにおかれましては良い年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
このような拙いブログですが、飽きずに訪れて下さる方もいらっしゃいます。皆様のご支援を励みとして細
々ながら今年も続けていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

振り返れば、昨年は民放各局で歌謡番組があたらしくスタートし、演歌・歌謡曲の復権が到来したのかと勢
い込む程に嬉しさがこみあげたものでした。(もちろん、島津亜矢さんを中心に据えてのことですが)
個々の番組を捉えてみれば嬉しさ少々のものもありましたが、現在のところ、それぞれの番組はまだ続いて
おり、いずれ大感激の場面が観られるかも知れませんので、期待感を持ちながら視聴していきたいと思って
います。

1月8日にはBS朝日の「日本の名曲 人生、歌がある」に島津亜矢さんが久々に出演されて、その圧倒的
な歌声を聴かせて貰うことが出来ましたが、まさに圧巻と感じました。この番組の構成・演出はプロの
疋田拓さんが中心的に係わっておられますが、「BS日本のうた」や島津亜矢さんのリサイタルなどでも
おなじみの方ですね。興味がお有りの方はこちらをどうぞ。 http://bit.ly/JWIKrP 


また、BSジャパンの「徳光和夫の名曲にっぽん~昭和歌謡人」の初回放送にもご出演されましたが、これ
は期待した割には番組のコンセプトに一貫性がなく、インタビューも偏りがあったせいか感動も薄く、演出
そのものに少々の不満も覚えました。Web上の評判もそれ程良いものを見ません。
あの時、共演者とのコラボ場面では姫さまは発声をかなりセーブして唄われたように感じましたが、相手に
相当な気遣いをされて唄われたのではないかと思えました。
裏返して言えば相手に合わせて如何様な唄い方でもできる亜矢姫は、常に相手の息を計りながら唄い、決し
て調和を乱すようなことはされない。いつも感じることなのですが、これが非凡なところだと常々思ってい
ます。

BS日テレの「歌謡プレミアム」は赤坂泰彦さんと馬場典子アナが一人の歌手を迎えて、その歌手の余技や
エピソードを歌を交えながら紹介していくという番組ですが、なかなかに楽しめる番組と思います。ここに
、早く亜矢姫さまが登場してくれないかと心待ちにしているのですが、その時はプレミアム版で願いたい。

正月1日には久米宏の日本百年物語~流行歌の百年~が放送されました。内容は秋元康さんが選んだヒット
曲100曲を取り上げて近田春夫さん久米宏さんとで語り合うというものでしたが、話が未来へも飛んで、
なかなか考えさせられるものがありました。
そこで、面白かった話を一つ二つ、ある歌手の楽曲が出来上がると、仮歌の歌手(音大生等)が譜面通りに
まず唄って聞かせるのだそうですが、この時はあまり面白くないのだといいます。そして、アイドルなど多
少ピッチの悪いところがあっても、唄い込むうちに不思議な味がでるのだと話される。

こんな話から連想するのは亜矢姫の新曲「かあちゃん」です。いつもは譜面など目を通さずにひたすらCD
をリピート聞きするばかりなのですが、今回は歌を覚えたいために譜面を見ながら聞き続けたのです。
すると、どうでしょう、音符の一音一音を全く正確に唄っておられると思える。最近カラオケ用の譜面を見
ることが多いので尚更にそう思える。
姫さまの場合、仮歌など歌う人は存在しないと思うし、「味」などと一言で表現できる程単純なものではな
いというのは何方もが認めるところでしょう。

それでは、姫さまは上手すぎるから大ヒットが出ないのだろうか、いやそうではない、上手いからこそ聞く
耳のある人の心を捉えて離さないのではないか。ファンはリリースされた歌なら、どんな昔のものでも聴い
てみたいという欲望に駆られる、これが姫さまの歌の特質であって、これぞ知る人ぞ知る亜矢ワールドなの
だ。やっぱり、人を感動させる唄い方が出来る方こそが斯界のオーソリティーたり得るのではないかと、合
点しなければ辻褄が合わないのだが、ヒットに成る成らないは別次元の話なので、味でヒットが出ることが
あるとすれば、不思議のひとつではあります。

ヒット曲には‘つかみ’があるのだというが、一曲のヒットだけで生き続ける人がいるから合点がいく面も
あるけれど、しかし、それだけでコンサート会場を満杯にできないのも現実だ。
なにも大ヒットだけがヒットではない筈で、AKBの歌が100万枚売れようが、これが人口に膾炙してい
るとは言い難いと思える。おそらく若い愛好家だけのものだろうから10年後に巷で歌われ聴かれているか
といえば、はなはだ疑問に思える。それほどに今メディアで持てはやされてものが‘あやふや’なものに思
えて仕方ない。ただ、この仕組みを考えて時代の寵児となっている方は誠に凄いとは、思う。

それともうひとつ、スター性のことだった。
「スターとは、昔は手の届かないところにいたものが今はすぐ近くにいる」と秋元さんは話される。
阿久悠さんは「スターとは手の届く高嶺の花か、手の届かない隣の姉ちゃんだ」という言葉を遺しておられ
るそうだが、なるほど意味が深くて、さてどうなのかと考えさせられる。
亜矢姫の場合を考えると、すぐ近くにいる方なのか、手の届く高嶺の花なのか、手の届かない隣の姉ちゃん
なのかと問い直せば、私などは常に畏敬の念を込めて遠いところから眺めているだけだから、どの言葉も当
らないが、さて、多くのファンの方々はどのようなポジションをお持ちなのか、これまたなかなかに興味が
湧くところではあります。

ヒット曲については、将来はネットの中から世界的なヒットが生まれるのではないだろうかとの見解を盛ん
に話されていたが、なぜヒットを狙うのかという根源的な話は無かった。
思うに、単に金銭的に潤う事を願うのか、有名になることを願うのか、有名になれば確かに将来の安定は約
束されるとは思うが、それだけが命題とも思えない。
唄うことによって人々に心の癒しや潤いを与え、生きる上での感動や希望を生じさせることに手助け出来れ
ばこれに勝る本分は無いと思う。コンサートに足を運んでくれた人達と心と心を結び合い喜びを共有する、
これぞ歌手冥利に尽きるものと思えますから、いまこの道まっしぐらの亜矢姫さまは幸せいっぱいな境地に
おられることと想像できます。

以上、くだくだと民放歌番組等を視聴しての雑感を書きましたが、もちろん違うご意見をお持ちの方も
おられると思います。ここは一個人が気ままに書いておりますので、不如意の点はお許し頂きたく
よろしくお願い致します。

 さて、12日の「BS日本のうた」では原田悠里さんが「涙の酒」を歌われました。この曲は1964年
に大木伸夫さんが歌ってヒットしたもので、ちあきなおみさん他多数の歌手がカバーする程の演歌の名曲で
す。また、ギターソロ曲としても弾かれる方も多いと思います。
この歌、ラックスマン様が、つい最近ご自分のブログサイト上に亜矢姫版をUPされましたので、お聴きに
なられた方も多いと思いますが、私は甚く感激しました。 http://bit.ly/1hllwXY  
作曲の水森英夫さんがラジオ「チップイン歌謡曲」の中で、演歌は唄い熟しにおいて世界一難しいものだと
時折お話になられますが、まさにその演歌の真髄を聴かせてもらうに恰好の歌唱と思われ、且つ比類が無い
ものと思われますますので、再度紹介させてもらいます。




 以下は蛇足になりますが、「日本の名曲 人生、歌がある」の放送後、
BS朝日さまに要望を送らせてもらったものです。

「この番組、2時間という長時間を使いながらも視聴者を飽きさせずに聞かせて下さる
ので、毎回好んで視聴させてもらっています。特にフルコーラスで聞かせて下さるコンセ
プトは今時の番組としては大変貴重で、歌手の方々の力の入れ具合もこちらに伝わって
きますし、時にとても大きな感動を得られることがあって楽しみです。
改めまして企画および製作スタッフの皆様にお礼を申し上げます。
演歌・歌謡曲が衰退したと言われて久しいのですが、どちらかと言えば中高年齢者の方が
嗜好する向きが多いとも思われますが、若い方でも良いものは良いと認識して下さる方も
多いと思います。そして、この状況下でもカラオケ文化も含めてこのジャンルを嗜好する
人は少なくないと思います。
演歌・歌謡曲は何十年と研鑽を積まなければ、人を感動させる歌は唄えないと仰る作曲家
の先生もおられますが、曲によっては劇的な構成要素で成り立っていて、芸術的とすら感
じさせる作品も存在します。それ程にこのジャンルは奥が深いとも言えるのではないでし
ょうか。そんな意味からもこの企画を挙げて下さった貴局に心から有り難うの意を表した
いと思います。
さて、8日の放送では久しぶりに島津亜矢さんのご出演があり、充分に意のある演出をこ
らして下さったことに我が意を得たりと感激いたしました。現在の番組はほぼ三つの構成
で成り立っていると思いますが、今後「喝采をどうぞ」コーナーなどで歌手の意外な一面
の歌(洋楽など)を聴かせて下さる企画なども加えてくださると嬉しいと思うのですが
如何でしょうか。時に目新しさを加えて頂いて、この番組のより良い発展を期待しており
ますのでよろしくお願い致します。」
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR