ゆらぎ

中島みゆきさんの「地上の星」と言えば、2005年12月に放送が終了したNHKの人気番組「プロジェ
クトX挑戦者たち」の主題歌として扱われていた名曲なので、多くの人々に馴染まれていたと思う。
2002年の第53回紅白歌合戦では黒部ダム発電所の地下道から生中継されたのが記憶に新しいが、これ
が中島みゆきさんの紅白初出場だったらしい。
そして今、 You Tube にアップロード(2010.9.21)されたものが、一千五十万回以上アクセスカウンター
が動いているが、これはもう放送当時より更に多くの人々の間で、中島みゆきさんの何となく物憂い歌い方
と少し焦燥の漂うその声がガチガチにイメージ化されて貼りついているに違いない。

だから、このイメージをベストとして自分の観念を固定させる人がいるとしても、それはそれで自然の成り
行きだと思えるし、一般的にヒット曲となった場合のオリジナル歌手に対するイメージは相当に強烈なもの
があると思うから通常はオリジナルがベストとなる筈。
だから、他の歌い手が普通にカバーしてしまえば声がどうであれ、聴く方はオリジナルと比べて排他的評価
になってしまうだろうという事は容易に理解できる。

とは言え、同じ歌を耳新しい歌唱法や声で聴かされると、時にハッとなって耳をそばだてる事になる。その
好い例がアルバム『Singer』の中で島津亜矢さんが唄う「地上の星」だ。ここでの、亜矢さん、曲中間から
見事な濁声を使って、見つからない美しいものを求めて、雄々しく雄渾に唄い切っているのである。
同じ歌でも、解釈を変え、歌唱法を変え、声が変ると如何に違った歌になるかの好例だと思う。だから、自
分の場合はこんな唄い方をされる亜矢さんに驚異を感じるし、亜矢さんが唄うこの歌に凄く魅了されるので
ある。そして、編曲はお馴染みの貫田重夫さんでこれは歌詞カードを見て初めて気がついた。編曲は歌の衣
と言われるけれど、やはりの感がする。

亜矢さんがテレビで唄われた動画が2本Webで聴く事ができるがここでの歌い方はストレートな唄い方を
されていて、CDとは別の唄い方だ。従って、この濁声の入る「地上の星」はCDでしか聴く事ができない
ものだ。

疑問として残るのはこの濁声を使う歌唱方は何というのか、ずっと以前から解けない紐を解きたい思いに駆
られていたが、未だに解らない。
ただ、一般的に使われる濁声、ダミ声はデスヴォイスもしくはデスボイス、或いはグロウルと呼ばれるらし
いが、Webで聞かれるものは、いわゆる「ダミ声」「がなり声」であり、悪声だと思えるものが多いから
亜矢さんの濁声はこれらの範疇には入らない。
ただ、ヒントとなるものは最近、再放送で見たNHKプレミアム『和あるど 和の音』の中での歌舞伎界の
効果音で黒御簾の中で演奏されるものだが、太鼓面に左手のバチを添わせて置きながら右手のバチで鼓面を
叩くと置かれたバチが振動で少し浮き上がり共鳴するので音が二重に聴こえる。これで、自然の中で循環す
る音、大きな波の音や、雨の音、川の流れなどを奏法を変えながら表現していくのだという。

もう一つは、アイヌの伝承楽器でムックリ(口琴)と呼ばれるもので、竹を工作したものを口に挟み端に付
けた糸(紐)をしゃくり息と合せて音を出すものだが、やはり複雑な濁音が出る。これも自然界の音を出す
ものだという。これらの音は、いずれも自然界で感じる音に根差すもので、決して不快な音にはならない。

それにしても、亜矢さんの濁声は複雑な喉の使い方をされているのだろうと思われるが、これをいとも簡単
に?唄いこなしてしまう力量に感嘆してしまう。まあ、世の中にはヨーデルがあったり(特にウィリー沖山
さんのヨーデルは超絶)、ホーミーがあったりするし、まだまだ歌世界は広いのだろう。

ところで、先の『和あるど 和の音』では、能管による「ひしぎ」、三味線の「さわり」、篳篥(ひちりき
)による「ゆらぎ」を取り上げて放送されたが、日本人の音に対する感受性がとても豊かであることが解っ
て、とても新鮮な気持ちになった。

なかでも「ゆらぎ」は、F分の1のゆらぎという言葉から知っていて、その「ゆらぎ」があれば人の気持ち
を心地よくさせるということまでは知っていたが、しかし、その実態が何であるかまでは知らなかった。
その道の先生によると、ゆらぎとは、ものの予測のできない空間的、時間的変化や動きが、部分的に不規則
な様子をいうのだそうな。これだけでは、ちょっと解りにくい。Fはフリケンシー(周波数)であることは
この度知ったが、知らぬはアンタばかりだと言われても、知らないものは知らないのだから仕方ない。

わかり易かったのは『和あるど 和の音』の中での説明。
例えば篳篥(ひちりき)は隣り合う音高の違う音符の間を無限の音を出しながら移動できるのだという。
すなわち、西洋音楽ではオクターブ間の音は12音で表現されるが、実は隣り合う音の間にも無限の音が存
在する訳で、例えばオーボエではその無限の音は表現できないのだという。
篳篥(ひちりき)でいう、無限の音とは規則性のない音で、これが「ゆらぎ」なのだという。
通常の音楽ではなめらかに演奏する記号として、隣り合う音、或いは複数の音に対してスラーを指定するが
、ここで言う「ゆらぎ」とは同義語とはならない。

ここでまた、思い出すのは何の歌によらず亜矢さんの歌唱だ。特に顕著に感じるのはフレーズ間の声の滑ら
かな移動で、時に強弱を伴って切れ目なく移動していく声は気持ち酔わせてとても心地よくさせる。
亜矢さんはテレビなどでは著名な歌い手さんとのコラボも多くあり、持ち歌を交換して唄われることも多い
が、その歌唱によるインパクトは相方歌い手さんの歌唱方法まで、変えさせる力があるのだと実感する時が
ある。あの時はこうだったのに、今は・・と感じられることがあるが、これは自分の思いであってお名前ま
で挙げることは遠慮する。

ともあれ、亜矢さんの唄には「ゆらぎ」があるのだと、勝手に思わせてもらっている。






マイ・ベストアルバム

最近、立て続けに喫茶店でのライブコンサートに出かけてきたけど、たとえ小規模といえども生音というの
はやっぱり良いです。演奏はアコースティックギターと二胡、マンドリンとクラッシックギターの2会場。

アコースティックギターはプロの方で西山隆行さん。ニューヨークのライブハウスでも演奏経験があるとい
う方でハイブリッド・ピッキングとギャロッピング奏法が得意と紹介されていたが、特にピックとフィンガ
ー同時使いの演奏は新鮮でした。この方が言う事には、最近流行の「打ち込み音楽」は人間らしい温かみが
なくて好きではないと、特に強調して話しておられましたが、これには全く同感です。

歌手が生で歌うにしても、カラオケで唄うのとバンド演奏で唄うのとでは、その価値には雲泥の差がある。
カラオケが全て「打ち込み伴奏音楽」だとも思わないが、生バンドでは楽器一つ一つが生き物のように扱わ
れるから、そのライブ感というのは、その会場でしか味わえないものだと思う。

洋の東西を問わず、最近はコンサートでの売り上げがCD等の売り上げを上回るらしいから、今後ともそれ
が主流となっていくのでしょう。島津亜矢さんのようにコンサート人気が凄い方は、たとえ出したシングル
が当座それほど売れなくても、ライブで唄ってもらえれば作詞作曲の方にも著作権印税はちゃんと入るでし
ょうから、創作のし甲斐があるという事になる。
逆に言えば、そういうことの出来る歌い手さんは尊重され敬愛されなければならない。

全国あまたあるプロモーターさんもしかり、こういう歌い手さんを呼びたいと思うだろうから、亜矢さんは
国の経済に対して大きな貢献をしていることになる。そして、多くの人々に幸せをもたらしているのだから
、NHKさんも然ることながら国においても尊重してもらわなければならない。入場税は興行主さんがちゃ
んと払っているからこれは直接の税収になるし、その他の経済効果もある。
世界に冠たる自動車会社ですら税金を払っていなかったらしいが、制度を上手く利用してのこととは言え、
庶民感情としては、何をか言わんやだ。

特に国土交通省は人々があちこち動き回ってくれて、観光その他いろいろな事に消費してくれるのを期待し
ているだろうから、亜矢姫詣でをする方々は結局は役所の意に沿う貢献者にもなる。集客の多いアーティス
トさんは国から表彰状を貰ってもいいぐらいだと思うが、こんな話はあまり聞かない。
そこで、せめてNHKさんぐらいは視野を広く持って貰って対処して貰いたいと思うが、残念ながら現在の
ところ紅白の担当者さんは視野があまり広くないようだし、独善が過ぎるきらいもあるから、これからは広
い視野に立つ考え方でやって貰えないものかと思う。

ありゃりゃ、また余計なことをしゃべってしまったかしら?
ここらで話を変えましょう。

最近、13年間も世話になったマイ・カーを廃車にしたのですが、ドアポケットの中に突っ込んであった何
十枚ものCDの中から、「マイ・ベスト 島津亜矢」なる物がでて来ました。表面を見るとめずらしい曲が
結構に入っている。
以前からパソコンソフトでベスト盤など簡単に作れていたから 何時頃作ったものか分からないけれど、ま
あ、その時の気分で作ったものでしょう。それが、我ながらなかなかの物が選曲してあって、これは持って
こいの聞き物だと思って、いま隙に任せて聴いている。曲名は下の17曲。
亜矢姫さんは持ち歌も多いしカバー曲もいっぱいあるから、下にある1部の曲はコンサートで歌唱曲にリス
トアップされることもなくて殆ど聴けないものもあるが、歌声はもちろん、楽曲的には曲調も詞も編曲も、
三拍子そろってとても聞き応えがあるから、姫さまも置き去りにしないで何時の日か唄って欲しいと願う。
テイチクさんもしかりで、たまに蔵から出して日に当ててもらいたいと思う。
作家も古き良き時代の先生方ばかりだが、決して古くなく、今で言えば力の入ったものばかりだ。
いわゆる打ち込み音楽などという安直なものは一切無いし、詞も意味が深くて余韻が残る。全てが心地よい
のですから。

【人生川】新本創子:三島大輔:池田孝春 2007.10.17 島津亜矢大全集2枚組のみ収録(シングル発売無)
     ♪奥歯かみしめ 泣けばいい それが生きると ゆうやつよ・・・

【愛冠岬】星野哲郎:市川昭介:池田孝春 2007.10.17 島津亜矢大全集2枚組のみ収録(シングル発売無)
     ♪愛を追いつめて 愛冠 今日こそ 訊きたい あなたの心・・・

【恋紅】 星野哲郎:市川昭介:南郷達也 2007.10.17 島津亜矢大全集2枚組他に収録(シングル発売無)
     ♪人知れず 恋しても 顔に出るのね 思いの色は・・・

【愛染かつらをもう一度】 星野哲郎:新井利昌:池多孝春
【感謝状 】       星野哲郎:弦 哲也:前田俊明

【武田春秋】星野哲郎:市川昭介:斎藤恒夫 2009.10.21島津亜矢大全集2枚組のみ収録(シングル発売)
      ♪東へ西へ 乱れとぶ 浮薄が雲の 知恵ならば 
         動かぬ山の 姿こそ 男と仰ぐ 武田武士 武田武士(1番)
    
【男のあけぼの】星野哲郎:聖川 湧:池田孝春
      2010.10.06 島津亜矢大全集Ⅱデビュー25周年記念6枚組にのみ収録
     ♪石の上にも 宿命(さだめ)とあれば 草は根を張る 意地を張る・・・

【度胸船 】星野哲郎:市川昭介:池多孝春

【寿】 星野哲郎:市川昭介:池多孝春 2006.07.26 寿まつり歌他に収録(シングル発売無し)
     ♪親の果たせぬ 出世の夢を 背負って立つ子の 晴れ姿 晴れ姿

【母ごころ宅配便 】星野哲郎:聖川 勇:池多孝春

【あすなろごころ】吉田 旺:岡 千秋:池多孝春 (吉田 旺さんの詞提供がめずらしい)
     ♪あすなろ あすなろ 桧になろう 俺は持ちたい あすなろごころ・・・

【海鳴りの詩】 星野哲郎:船村 徹:南郷達也
【奥尻はいま 】 星野哲郎:弦 哲也:桜庭伸幸
【お蔦】 松井由利夫:村沢良介:池多孝春
【出世坂】 星野哲郎:市川昭介:池多孝春

【隅田川慕情】 こばやしみえこ:こばやし和彦:池田孝春(オリジナル歌唱者・沢田二郎)
         2006.07.26 寿まつり歌のみに収録(シングル発売無し)
      ♪遠いみちのり 夫婦の旅は 夢を求めて 超えてゆく・・・

【小春日和 】 山上路夫 都志見 隆 矢野立美
         2002.06.21 島津亜矢 彩AYA 他に収録


新聞報道によれば、
上の楽曲中お名前が数多く見られる、池多孝春 先生が6月12日に83歳で逝去されました。

謹んで、ご冥福をお祈りいたします。
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR