紅白での歌唱希望曲

今年の紅白歌合戦のテーマは 「夢を歌おう」です。

テーマに添う島津亜矢さんの歌は下記の2曲がピッタリの感じがします。

歌詞は意味深長で、普遍性がありますから聴く者の心を深くとらえて感慨深いものがあります。
島津亜矢さんにとっては切っても切れない特別のご縁を持つ先生方お二方が創作に係わった曲で、
亜矢姫の代名詞にも数えられる名曲だと思います。この2曲、姫さまの発展過程に於いて、どれほど
力づけられ勇気と希望を得られたことか、想像に難くありません。
今年も紅白とのご縁が得られたので、是非、この2曲の中から唄って欲しいと思います。選曲は
NHK様のご意向次第ということで、結構だと思います。


[温故知新] 作詞:星野哲郎 作曲:原譲二

長いみちのり 歯をくいしばり
やっとここまで 歩いてきたな
ごらん空には 流れ雲
背のびしないで 暮らそじゃないか
人生まだまだ いいことあるさ

・・・温故知新だ 人の道
    握りこぶしは 心でにぎり
     笑顔が一番 自然でいいな!・・・・・と締めます。


[大器晩成] 作詞:星野哲郎 作曲:原譲二 2005年の作詞大賞受賞曲

枝を張るのは まだ早い
いまはしっかり 根をのばせ
大器晩成 あしたにかける
夢と希望の 大空を
雲が流れる 悠々と

・・・若く凛々しい 足跡を
    刻みつけよう この大地・・・・・と締めます。

私はこの2曲をNHK様にお願いしようと思います。

ロームシアター京都コンサート

11月16日、のどかな日和のなかロームシアター京都まで島津亜矢さんの公演を見に出かけてきま
した。京都は自分の住居地からは1時間半ほどで行けるので、気分的にはかなり楽です。
会館近くの疎水あたりでは木々も紅葉していて美しい景色も楽しめました。
後で、知りましたが亜矢姫さまもこの辺りを少し散策されたとか、お忙しい身とすれば、ほんの僅か
なひとときでも癒されたとブログに書いておられました。

この京都会館でのコンサートは、6年振りになるとかの話が亜矢姫からあったように思いますが、自
分の場合は今回が2回目、もちろん1回目は改築前の旧館で6年前ということになります。
あの時も、チケットは今回と同じくチケットピアの窓口で買いましたが、宛てがわれた席はどんつき
の最後列でした。
カウンター嬢が座席本の全国版から京都会館を探し出し、お客さん、一番前の席が空いていますと言
いなさる。ヒャー嬉しい、やっぱりカウンターには来てみるもんだと、ほくそ笑んだのは良かったの
ですが、しかし、公演日まではそんなに日にちがないのに人気の亜矢姫の公演でも、そんな事もある
のかねと不思議に思ったのでしたが、よくよく確かめて見れば、何と何とこのお嬢さん、座席本のさ
かしま読みでの案内でしたから、実際が分かったときの、あの白けた気分の落胆は今でも忘れ得ぬ思
いでとなっています。

ケェ!、お姉ちゃん、亜矢姫の人気はそんなもんじゃねえんだ。
もっと広い世の中をよく見聞きして勉強しとかなきゃならねえよ、亜矢姫の人気の程を知らないなん
て、そりゃあんた世間知らずというもんだ!!・・・ここのところは声に出しません。若いお姉ちゃ
んにそんなこと言っても、無理な面もあるから、ちょっと控えましたね~。

今回の席も最後列から一、二列前だったが、買ったのが一か月半前の9月末だったのに、もうこんな
後ろの席しかないんですからね~、やっぱり亜矢姫さまの人気はすごいもんだ。
まあ、後援会に頼む手もあったかもしれないが、扱いの有り無しも解らないので、前回同様にチケッ
トピアにしましたが、状況は以前と変わらずでした。

今回も、亜矢姫は客サービスの握手回りで、どんつきまで上ってこられたが、いやはやご苦労さまな
ことです。つくづく思うに、この凄い体力はどのようにして培われたのだろうかと、畏敬の気持ちで
いっぱいです。正に唄うアスリートだと確信しますが、昼のみならず、夜の部もですからね~、その
体力たるや計り知れませんね~。
マネージャーさんも二人がかりで、腰を落としてのサポートで、こちらのお二人もご苦労なことだと
感心します。しかし、まだお若いからと気持ちの整理はつきますが、それにしてもハードな役回りで
すから、あとで足腰いたくならないのかしらと、あらぬ心配までしてしまいます。

そうそう、凄いことと言えばサポートバンドのトランぺッターさんの、あの踊り(パフォーマンス)
も相当の素養がなければ出来ないのではないかと思われますが、あの体さばき、足さばきは見事なも
のだと感心します。やっぱり体力と素養が物を言うんですね~。

自分は二か月ほど前から少し早起きして、毎日10分のラジオ体操をやり始めていますが、第二体操
では片足跳びを交互にやる動作が組まれていて、慣れない頃は足がもつれてしまって上手く動けなく
て情けない思いをしました。
体力の衰えは思いの外ですから、普段から少しでもとの思いは持っていなければならないと思います
が、亜矢姫ご一家の方々ようなハードな動きは微塵も出来ないのは分かっていますが、ほんの寸分で
も見習って体力維持に努めなければならないと、心を戒めています。
さて、どうなりますことやら??。

さて、前置きが長くなってしまいました。
ここでのコンサート、亜矢姫さまの歌声はあんな後ろの席までも朗朗と伸びてきて、弥が上にも心が
弾み、亜矢姫コンサートはこんなにも楽しいものなんだと、気分を新たにしました。
また、バンドさんも乗り乗りで、大阪で感じた、やや乗れてないかなと感じたことも雲散霧消。
音響はやや硬調かなと感じる面もありましたが、亜矢姫の歌声がすべてを打ち消して余りある感じで
、すべてが楽しいものでした。
こんな楽しさは、あのフェスティバルホールでもこれ程には感じませんでしたから、このホールで自
分が感じた楽しみはちょっと忘れがたいものとなった気がします。

また今回は、舞台を俯瞰するような位置からの観賞でしたので、舞台上に天井から降り注ぐ光が、い
っぱいの矢車や水玉や花びらのような模様を描き出していて、電飾飾りと相まってそれはそれは美し
かったのですが、このようなものを自分が見て感じたのは今回が初めてでした。
いつものコンサートでは気が付かなかっただけなのかしらと、やや疑問符がつきますが、ここのとこ
ろは確かな記憶がありませんので、自分では初めてのこととしておきます。

このホール、改築にあたっては全国の名のあるホールを参考としてベストなものにするとの、抱負が
ネット上にも掲載されたと思いますが、メインホールだけは全面建て替えとなっているそうですから
、贅を尽くしたホールになっているのでしょう。ちなみに、舞台天井までは12メートルあるそうで
すから5階建てのビルにも匹敵します。
新装開場したのは2016年の1月10日ですから、大きなホールでは最新鋭のものと言えます。

正式名称は京都会館ですが、改修工事費用の捻出のため、地元の電子部品メーカー、ローム株式会社
に命名権を売却したので、名称は「ロームシアター京都」となっています。
契約期間は50年で総額52億5000万円という破格の契約となっているとのネット情報がありま
す。(ローム株式会社~京都に本社を置く総合電子部品メーカー)

さて、今回の参加は自分だけでしたが、連れ合いにはこのコンサートが素晴らしかったことを伝えて
いますので、次回あるときは私も行きたいと、きっと言うに違いありません。
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR