うたコン視聴記

7日のうたコン視聴しました。
番組構成は大きいテーマをもって企画されていたのだとは思うけれど、個々の繋がりが、やや一貫性
を欠いていたように感じられて、総体的に印象の薄いものになっていたのではないでしょうか。
島津亜矢さんがご出演ということで録画もしたが、見るべきところは「感謝状」のみの感じで、これ
が歌の真髄だと感じらて感動しました。他では新沼さんの歌が良かったと思う。

思うに、今回の放送で不満の残るところはバラエティー仕立ての独りよがりが過ぎるところが感じら
れて、本来の歌をじっくり聞かせるという面については散漫な構成で良くなかったと思う。
最近の歌番組では、フルコーラスで唄ってもらうという番組は殆どなくなってしまったが、時には精
鋭歌手に出演願って少人数でタップリとフルコーラスで唄ってもらうという企画も昔はあったのだか
ら時には是非企画してもらいたいものだ。

今回の放送はN○K様によるN○K様の為だけの番組だと解釈すればそれはそれで良いのでしょうが
、ロングバージョンにおいて島津亜矢さんに一曲しか唄わさないという企画構成は、テレビ視聴して
いる多くの視聴者の期待をはぐらかした面が大いにあったと思います。
島津亜矢さんによる最後の締め唄を期待していた向きには、それがなくて非常に残念な思いをしたの
ではないでしょうか。
まして、それが無かったがために番組自体が‘画竜点睛を欠く’の結果になったとの思いが強く残り
ました。
「いのちのバトン」など、今回のテーマにも添う良い歌だと大いに期待していましたから。

島津さんはN○K様のこの番組で、突発的な危機の時にもピンチヒッターを務められて、つつがなく
圧倒的なパフォーマンスで応えられた大歌手なんですよね~。
全くリスペクトがない今回の軽い扱いは、‘喉元過ぎれば熱さを忘れる’という思慮の無さがむき出
しだと感じました。N○Kさまに‘人の有りや無しや’を問いたい思いです。
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR