亜矢姫讃歌

むかし、こんなことを書きました・・・・・。

夜桜挽花様、皆様こんにちは。
ふんこがすぞ様、はじめまして、私は永平寺町に住まいしている同県人です、力強いファンの方にお出まし
いただいてますます賑やかになります。亜矢さんのサイトもここ以外にたくさんあり、それぞれに熱いファ
ンの方が出ておられます。サイト巡るのも楽しいですよ、今後ともよろしくお願いいたします。
みづは様、ガチャピン様、亜矢を愛するファン様、やじきた様、吉三郎様、みなさまそれぞれの思い、いち
いち頷きながら楽しく拝見させて頂いております。ありがとうございます。
みづは様「亥年生まれ」のお考え、同感です。よくもまあ、これだけスラスラとお書きになれることに感心
します。ますますのご活躍を期待しています。

亜矢姫の唄、すばらしいですね、地声であの高音まで唄える方は、亜矢姫以外の方では布施 明さん位しか
思い浮かびませんが、布施さんの場合は声楽風のオシャレな歌がお得意のようで、演歌までは手を広げてお
られないと感じます。姫さまには幅広いジャンルでのますますの活躍が期待されます。
通常、演歌の方は唄が上手いと言われますが、亜矢姫の場合は際立っています。クラッシックの方と比べて
もなんの遜色もない、むしろ何でも唄えることに関しては圧倒的だと思います。多彩な歌、歌唱がファンを
厭きさせない、そして何とも言えない感動を与えて下さる。もう、離れられませんね。

それでは、“ふうてんの猫”が何やら話したいと言っていますので、交代します。家主さま、お許しを。

“ふうてんの猫”の戯れ言
皆様こんにちは、
久し振りに顔出しさせていただきます。そう、昨年の金沢コンサート以来ですかね、ともかくよろしくお願
いいたします。私もね、インターネットなる超便利なものがあるので、あちこち飛び回っては、楽しんでお
りますが、先日も下のサイトを巡ってきましたので、少しだけ話させて下さいね。

Yahooサイト~チケット~音楽~演歌と開いて公演名(あ~わ)を全部チェックしますとね、これがまた目
パチクリだ、私が好きで好きでならねぇえ亜矢姫さんの公演数は2ページにも亘ってズラリですよ、まあ~
凄いもんだ、ダントツのナンバーワンですよ!!思うにねぇ、こりゃあ、私たちが考えているより亜矢姫さ
んの歌を聞きてぇというファンが想像以上に全国的に広がりを見せていることになりゃあしませんか、公演
を仕切るプロモーターさんはお客が見込めなけりゃ企画などする筈がねぇし、興行の成否は即、損益に直結
するから真剣勝負じゃねえのかしら、やっぱりいいものは聴きてぇという亜矢姫ファンが多いというのを、
プロモーターさんはちゃんと嗅ぎ分けているんですねぇ、この方々はやっぱり真のプロですねぇ。

親方日の丸の、いや違った、親方視聴者の公共放送が思いのままに出場者を選んでやる年末恒例紅白番組な
んぞは、どう転んだって銭金のこと心配することはねえぇから気楽なもんだ、まして一般視聴者の意見など
意に介することもしねぇから、ちょっと理解し難い選考もある。まあ、色んな理屈はつけられるだろうから
文句言ったって始まらねぇけど、聴視者が払った銭で番組作るんだから、世の中の動向ぐらいはしっかり掴
んでやって貰いてぇもんだ。“こがれ”の奴は抗議の電話と、メール送ったと言ってたなぁ~。

私ゃね、大晦日はめずらしく目が覚めてたもんだから、久し振りにあの番組見たけど、演出は下手だねぇ~
、演歌があったと思えゃ若者の歌だ、私の知り合いなんかそのたんびにチャンネル、パッパッ、全く落ち着
いて見てられねぇと言ってましたよ、それと、何で亜矢ちゃん出さないんだ、NHK!どうなってんだ!!
、とね、そんなの私にくってかかったって知らねえよ、あちらさんに聞いてくれだ!! こんな話する人、
他所でも多かったみたいですよ。

おまけにね、裸のお姐さんの集団が舞台狭しと踊るんだ、なんだこりゃあ、どんな屁理屈言ったってテレビ
見てる私にゃ素っ裸にしか見えなかった、NHKさんも大胆なことやったねぇ~、いや~もうびっくり仰天
しましたよ、このように初めて見る奇怪な騒ぎや、流れに乗らない変てこな演出があったりで、おまけに司
会者が醒めてる、こんなんなら自前のアナウンサーさんの方が余程好い、そんな訳でちょっと白けて見てま
したが、まあ、興趣が削がれることが多ぉございました。こんな構成演出をいつまで続けるんだか、これで
は視聴率がジリ貧になるのも解る気がするねぇ。

それにしてもこの番組、余程改善してくれなきゃ、亜矢姫さまが出る値打ちはねぇと思えてしまいましたが
、皆様はどう思われましたかねぇ。
亜矢姫さまはこの番組にこそ出ないが、もう押しも押されもしないスーパースターですからねぇ、本人さま
がどう思っておられるかに関わらず、紛れもない事実として世間の動きがそうなって来てるんだから。
私の願いはただ二つ、亜矢姫さまが健康にだけは気をつけて、人様のために大活躍をしてくれること、それ
とコンサート入場料、現状よりは大きく離れない庶民のレベルでいつまでも行ってもらいてぇ、と、これだ
けは切に願いますよ。
良いものは出来るだけ多くの人に!これですよ、博愛の精神でねぇ。
今までの話ね、本音なのですよ。

それではね、先日、“こがれもん”が書いた「亜矢姫讃歌」の元歌を回答しますね、さすが詩人の書いたも
のは一言一句が素晴しいですねぇ、暇人ですから遊んでみただけですが、お時間のある方は読んでみてくだ
さいね。

“亜矢姫讃歌”
生まれ火の国あとにしてたどる炎の歌の道 ・・・演歌桜(作詞 新本創子 作曲 三島大輔)
明日の行方は知らないけれど ・・・・・・・・・波(作詞 星野哲郎 作曲 船村 徹)
惚れた仕事に命をかけて ・・・・・・・・・・・紀伊国屋文左衛門(作詞 北村桃児 作曲 長津義司)
夢という名の舟をこぐ ・・・・・・・・・・・・波(作詞 星野哲郎 作曲 船村 徹)
親に貰ったこの血の中を熱く流れる命潮 ・・・・道南夫婦船(作詞 星野哲郎 作曲 新井利昌)
夢を持たなきゃ渡れない ・・・・・・・・・・・桃色鴉(作詞 星野哲郎 作曲 村沢良介)
意地の筋金一本通し ・・・・・・・・・・・・・沓掛時次郎(作詞 宮沢守夫 作曲 村沢良介)
炎と燃えますおんな舞 ・・・・・・・・・・・・お七(作詞 星野哲郎 作曲 村沢良介)


思い出すまい故郷のことは晴れて錦を飾るまで ・一本刀土俵入り(作詞 高月ことば 作曲 村沢良介)
人情からめばもろくなる ・・・・・・・・・・・鴛鴦道中(作詞 藤田まさと 作曲 阿部武雄)
道はひとつだ夜空に燃える ・・・・・・・・・・小鉄の女房(作詞 門井八郎 作曲 沢しげと)
苦労ひとつに 夢がある ・・・・・・・・・・・憂き世春秋(作詞 新本創子 作曲 三島大輔)
西へ傾く昨日は追うな東に出てくる明日を待て ・袴をはいた渡り鳥(作詞 星野哲郎 作曲 市川昭介)
笑顔をあなたと たやさずいたい ・・・・・・・・憂き世春秋(作詞 新本創子 作曲 三島大輔)
この世は海より まだ広い ・・・・・・・・・・壽舟(作詞 荒川利夫 作曲酒田 稔)
明日を信じて生きてゆく ・・・・・・・・・・・憂き世春秋(作詞 新本創子 作曲 三島大輔)


人を押しのけ出世のできる柄じゃないぜとあきらめて・・度胸船(作詞 星野哲郎 作曲 市川昭介)
一里を登る 牛になれ ・・・・・・・・・・・・出世坂(作詞 星野哲郎 作曲 市川昭介)
こんな苦労は苦労じゃないと ・・・・・・・・・小鉄の女房(作詞 門井八郎 作曲 沢しげと)
闘志が結ぶ出世坂 ・・・・・・・・・・・・・・出世坂(作詞 星野哲郎 作曲 市川昭介)
近道なんかするよりもおのれの心に嘘をつかず ・旅笠道中(台詞構成 野本高平 作曲大村能章)
生きてみたいと思います ・・・・・・・・・・・旅笠道中(台詞構成 野本高平 作曲大村能章)
季節が巡れば春の顔 ・・・・・・・・・・・・・お吉(作詞 志賀大介 作曲 村沢良介)
祝いの拍手に送られて大きな夢をソーレヤ ヤンレヤ・・壽舟(作詞 荒川利夫 作曲 酒田 稔)


風が変われば 俺等も変わる ・・・・・・・・・旅笠道中(作詞 藤田まさと 作曲 大村能章)
春が来りゃぁ世に出ます ・・・・・・・・・・・旅笠道中(台詞構成野本高平)
あれを御覧と指さすかたに ・・・・・・・・・・大利根月夜(作詞 藤田まさと 作曲 長津義司)
雲が流れる悠々と ・・・・・・・・・・・・・・大器晩成(作詞 星野哲郎 作曲 原 譲二)
大器晩成あしたにかける夢と希望の大空を ・・・大器晩成
若く凛々しい足跡を刻みつけようこの大地、・・・大器晩成

以上、2007/1/7 演歌桜・亜矢桜に投稿


コメントの投稿

非公開コメント

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR