亜矢姫随想(2)

むかし、こんなことを書きました・・・・・。

夜桜挽花さま、皆さまこんにちは。
各サイトがちょっと寂しく、連休でお出かけの方も多いのでしょう。私は家で亜矢姫三昧です。
随想なんて、なにか大仰なスレ立てですが中味の薄い独り言ですのでお時間があったらおつきあい下さい。

下はテイチクサイトにある「こぶしでdeねっと」島津亜矢さんのページにある紹介文の一部です。
1998年7月“ AYA in Symphonic ENKA by NORIO MAEDA”それは天才・前田憲男さんのアレンジで
“亜矢えん歌”を聞いて頂こうというものであった。“クラッシックホールに耐え得る歌唱力とその音楽性
が絶対的な条件となる天才と申し子の顔合せ”。他のものと比べることのできないコンサートとなり、大成
功を納めた。前田憲男さんより素晴しいお墨付きを頂いた。常に“トライ”の精神が旺盛で、“トライして
は自分のものにしてしまう”これが彼女の魅力の一つになっている。

今から9年前のことで、会場は“すみだトリフォニーホール”1801席。
こんな夢のようなコンサートがもう既に行われていたのですから驚きです。この当時の亜矢さんのことをご
存じの方は今ほど多くはなかったと思われますが、観賞された方々はさぞかし深い感動をされたであろうこ
とは容易に想像できます。
幼少の頃から天才と謳われ、デビューの年に初のリサイタルまで行っていますから、余程の実力の持ち主で
あった事がうかがえますが、広く世間に知られるようになったのが何時頃からなのかは、古くからのファン
のみぞ知ることです。

亜矢姫さんの歌手としての活躍の一端に、NHK「BS日本のうた」での数々の名曲を唄われるという実績
があります。それらの一部は特別にCD化されており、いつでも耳にする事ができますが、特筆すべきは楽
曲によって亜矢バージョンとして特別の編曲が施されていて全く感覚の違う曲として聞かせてもらえること
があることです。
例えば「船頭小唄」「美しい昔」「イヨマンテの夜」「見上げてごらん夜の星を」等多数あります。
そのうち、強く印象に残る曲もあって「船頭小唄」などは出だしジャズ風で進行し最後は一定のリズムでパ
ターンを刻むボレロ調、圧倒的に素晴しい編曲と亜矢姫の減り張りのきいた歌唱が震えるような感動を呼び
起こして、古い歌が現代に蘇えりました。「美しい昔」は、ベトナム人の作曲で天童さんの歌で知られます
が、こちらは、とてもとても美しいバラード調に編曲されています。
いずれも“京 建輔”さんの編曲になりますが、京さんはすこし前まで「BS日本のうた」のバンドの指揮
もされ、亜矢さんのリサイタルでの作曲やアレンジも担当されていました。また、リサイタルでの指揮もさ
れたことがあります。

このように、BS放送でも亜矢さんに唄わせるために特別の用意がなされ、視聴者サービスが行われること
があります。この様な編曲は、どなたの意思がどのように働いて実現されたのかは知る由もありませんが、
NHKさん側の担当プロデューサー或いはディレクターさんが当然に関わっていることは想像できます。
歌の演出における創作意欲に溢れた方々の思いが京 建輔さんを動かし、あのような感動的な歌に仕上げて
私たちに聞かせてくれたと思うのです。NHKさんの良い歌を視聴者にという情熱と粋な企画が、あの感動
を与えてくれたと私には思えるのです。
ワンマンショーの感動も忘れ難く、時々味わせてくれるあの感動を早く早くという願望は常に心に溢れてい
ます。しかし最近のNHKさんは、色々の面で私たちファンの思いを満たしてくれず、ちょっと寂しい気が
しています。

司馬遼太郎さんの小説に千葉周作を主人公にした「北斗の人」があります。
このなかで司馬さんは、あまりにも感動的な名文句を周作の父幸右工衛門に語らせています。これは過去「
感謝状」サイトでも紹介させてもらいましたが、再度引用してみます。

・・・まだ若い千葉周作に父幸右衛門が言います。・・・
「一人の才能が土を割って芽を出し、世に出てゆくには、多数の蔭の後援者が要るものなのだ。ところが才
能とは光のようなものだな。ぽっと光っているのが目あきの目にはみえるのだ。見えた以上何とかしてやら
なくちゃ、という気持ちがまわりにおこって、手のある者は手を貸し、金のある者は金を出して、その才能
を世の中へ押し出してゆく」~「それが私のことですか」
・・・周作はどんな顔をしていいかわからない。・・・
「お前のことさ。いや厳密にはお前のことじゃねえ。お前の才能のことだ」
才能は世の中の所有(もの)だ、公器のようなものだ、だからこそ世の中の人は私心を捨てて協(たすけ)
てくれる、自分のものと思わずに世の中のあずかりものだと思って懸命に磨け、恩を報ずるのはそれ以外な
い。・・・
以上のところ、グットくる名文ですね、私など亜矢さんが周作さんとダブって感激してしまいます。

亜矢さんの場合も、この才能に手を貸す多くの方々がいます。親とも仰ぐ星野先生を筆頭に、作詞作曲の先
生方、北島三郎さん、小柳ルミ子さん、他に数え切れないほど多くの才能あふれる支援者がいることでしょ
う。
先の前田憲男さん、京 建輔さんもそうだと思うし、目に見えてこないがNHKさんにもおられる筈、こう
した多くの支援者に支えられて亜矢姫は未踏の境地を切り開いていきます。どんな未来が開けていくのか想
像もつきませんが、必ず期待に添うポジションに立たれることは間違いないと思うのです。

喜怒哀楽の表現に歌は無くてはならないものだと思うけれど、姫の唄には感情を同化させる何かがある。
コンサートに足しげく通い、公演は昼夜参加される方も多いのですが、私の知る亜矢友もそのお一人で、1
回目の公演では姫の声が出たところから、情感こみあげて涙が出てしかたなく陶然としながらの観賞になり、
2回目の公演になってやっとまともに唄が聴けるのだと言われる、とても感受性が豊かで鋭い方です。
きっと、こんな方が大勢コンサートリピーターとしてお出かけなるのでしょう。亜矢さんも感受性豊かな方
だと思うけれど、きっと通じるものあるのですね。
とにかく集う人々に感動という何物にも変えがたい悦楽を与えてくれるのが、亜矢ワールドの不思議な魅力
なのだと思うのです。こんなことからも全国でファンの輪は広がり続けているのが自然なことに思えます。

多くの亜矢ファンは、あの声、あの唄、あの人柄に熱い思いを寄せて今日も話題に花を咲かせます。
それにしても、前田さんとのコラボレーション、新しいファンのために是非再演して欲しいものです。
それと、新曲がでたら是非購入しましょうね~、日頃から思っていることですが、せめて10万枚売れれば
暮れのNHKさんも無視出来ない筈、ファン一同力を合わせて紅白に送り出そうではありませんか。

以上、2007/5/3 演歌桜・亜矢桜に投稿

コメントの投稿

非公開コメント

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR