“ふうてんの猫”の駄弁り

むかし、こんなことを書きました・・・・・。

みなさま今晩は、と、挨拶させて頂いてもわたしを知って下さる方は少ないと思います。これまで、こちら
へは“こがれ奴”の縁で出させてもらったことが有るのですが覚えて下さっている方、少しはおられますで
しょうか。ともあれ名のりだけは改めてさせて頂きます。
わたしは「寅」さんが大好きな猫でございましてねぇ、そう毛色はね、虎のような斑でございます。
そこで、粋がるわけではございませんが、人呼んで、じゃなかった、自称“ふうてんの猫”と申すケチな野
郎、いや、猫でございます。
“こがれ奴”とは一身同体のようなもんだけどあいつとはまた違うんでございます。今回また、のこのこと
、たまの出しゃばりですがよろしくお願いいたしますね。

今日はね、亜矢姫さんの新曲の前評判がめっぽう良いので、ちょっと出たくなってしまいましてね、新曲「
富士」、コンサートに参加された方の生の声や、書き込みサイトでの評判はすこぶる上々ですね~。
残念ながら、わたしはチョイ聞き出来るWebサイトでしか聞いてないけど、あれもちょっと困りもんで、
良い調子で聞いていくと、よし!これからという“さび”のところでプッツンだ、あ~あ~、あと聞きたく
ても聞けないんですね~、くそっ、欲求不満がつのりますね~。
コンサート参加すりゃあ聞けるらしいけど、いろいろの事情がからんでさあ~、発売まで待たなきゃならね
えんでございますよ。

この歌、肝っ玉かあちゃん夫婦の人生応援歌のような感じですね、“男一匹 勝負の時は わたしの命も 
さあ賭けろ”だとさ、こりゃあすげえ!“遥かに見える 富士山を てのひらに乗せて 春を待つ”だと、
お~!これもだ! 
亜矢姫さんの歌いっぷりも震えるぐらいに良いと聞くにつけ、今度ばかりはヒットの期待が大きいですよ!
いや、間違いなくヒットだ。まして、今度の歌は発売前にコンサートでお披露目されているっていうし、発
売日までの公演数は浅草公会堂を皮切りに飯田市民文化会館まで11会場22公演になりますよ、入場者8
割にみても2万8千人、実際はもっと多いだろうから、3万人は下らないのじゃございませんか、さらに6
月末から7月末までに11会場公演が予定されているから、さらに3万人だね、すげえことだ。
コンサート参加の方々が強えぇ味方になってくれる筈だから売り上げは相当に期待できるんじゃあございま
せんか。

まあ、スーパースターだからこんなこと出来るのだと思うけどね、これ、実感ですよ。わたしも最近“こが
れ”につれられて地元の超ミニコンサート会場へ出かけ、キャリア13年、15年クラスのたまにテレビに
出演されるような歌い手さんが、本当に一生懸命努力しているところへ参加してきたから解るんだけど、こ
の方々みんなバラ色の将来を夢見ての真剣な歌いっぷりが印象的でしたよ、う~ん、頑張ってもらいたい。
姫さまのような明るい将来があって欲しい、つくづく思ったものでございます。

ところで、先程の歌詞はね、「亜矢研」サイトで教えてもらったんですよ、ここでは今“亜矢武士”さまの
「富士」研究発表が佳境に入っていますから、みなさま必見ですよ!
そういうことで、今度の曲は勝負曲だそうだからファンの皆さん、それなりきで応援されるんだろうけど、
ここ何年も暮れのNHKさんにゃあ煮え湯のまされつづけで、お陰でこちとらの頭トサカになっちまったか
らねぇ~。
この怨念は軽いもんじゃあございませんよ~、わたしの存じ上げる方なんか、今からきりきりネジ巻いて
CD予約だあね、たったの1枚だけじゃねえよ、た~んと買い込む算段ですよ、それもお1人だけじゃねえ
んだ。この方たち、これから遭う人ごとにプレゼントしてさ、宣伝活動に精出すとか仰ってますが、熱いで
すねえ~。

そこで、わたしもね“こがれの奴”に話すんだ、おめえさん今までのような買い方じゃ、みなさんに顔向け
できないんじゃあないの、とね。
あいつもケチだからねえ、いや、かあちゃんが銭にうるさくてね~、いつも踏みつけられているもんだから
可哀想だよ、たまにしか行かねぇコンサートでも握手会には参加しねえで横見の見物だ、良いんだか悪いん
だか知らないけど、寂しいもんだ。
今度の歌の文句のようにね、ここぞという“勝負の時”は褌しっかり締めてかからにゃあなるめえとハッパ
かけてやっているんだけど、どうなんだか、”こがれの奴“は今回ばかりは少しはその気になっているらし
いが、あのケチばあさんがどう出るかだ、これが問題だ。いや、これは内輪の話。

さて、姫さまはコンサートで新曲紹介の時、“よろしくお願いします”としか言わないそうだ、他の歌手の
方の様子を聞くと、どうかCD買って下さい、と、はっきり言ってるてぇ話も聞くが、亜矢姫さまはシャイ
だからねえ。このほうが奥ゆかしくてカッコいいやねえ、それ以上の事は聞く方が気持ち察してさぁ~後は
行動に移すだけだもんね、こんなだから意気に感じる人も多くてさ、わたしの知り合いなんか・・・ほら、
さっき話したようなことになるんでございますねぇ。
それはそれとしてスタッフの方はそうはいかねえよ、そりゃあ、あんた、声からして頑張らなきゃいけねえ
よ、売って売って売りまくれだあ~!!今度ばかりは積年の怨念をキレイさっぱり洗い流してくれるほどに
頑張ってもらわにゃあなるまいねぇ~。

ところで最近、書き込みサイトに新しい方がどんどんご参加の状況、うれしいね~、亜矢姫の話題に花が咲
くとき黙っていられないからねえ、さらに多くの方々にでて貰いてぇもんだ、そしてね、リサイタルやコン
サートの時はあの旗印のもとに集ってさ、おや!お宅様も熱いねえ~、いや、実はわたしも寝ても覚めても
うつつの状態でねぇ、ほんに気は確かですよと話は弾むんだ、こんな時は無常の喜びを感じるてぇもんでご
ざいますね~。
人は共通の趣味や話題を共有できて、交流が出来た時はものすごく幸せを感じるというのは、本当でねぇ。
これを論じる学問もあるらしいから、間違いないことですよ。

旗印(横断幕)を大枚はたいて作成された方や、また、これを掲げるため事前の準備をして下さる方、当日
のお世話役に回って下さるかた、この方々をわたしは、いや、”こがれ”は存じ上げていましてね、この旗
印が出ていりゃあ、のこのこしずしずお側にいってご挨拶だ、お近づきになれる幸せを運んで下さるからね
ぇ~、感謝の気持ちでいっぱいでございますよ。この楽しみだけは失いたくないですよねぇ~。
それとね、誤解があってはならないからちょっと話しますがね、ここに集う方々、別に尊大ぶっている訳で
も無いし、特別なファンを誇示している訳でも全然ないからねぇ、ただ共通の話題に浸れる幸せを求めてい
るだけでございますよ、この行為、意に添わない方もおられるようだが、ここはファン同士、大目にみて貰
いたいもんでございます。

あまり長くなると嫌われますから、この辺で失礼します。
それでは皆さんまたね~、バイバイ、ニャ~オ~

以上、2007/6/7 演歌桜・亜矢桜に投稿

コメントの投稿

非公開コメント

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR