ヨイトマケの唄

亜矢さんは、2007年8月26日 秋田県能代市からの放送で「ヨイトマケの唄」と「富士」を唄われま
した。聴いているだけで、自然に涙があふれ出る程の感動の熱唱でした。

このことについて、むかしこんなことを書きました・・・・・。

夜桜挽花さま、皆さまこんにちは。
「歌謡コンサート」も「BS日本のうた」も再放送が終わり、ちょっと気の抜けた状態ですね。
「ヨイトマケの唄」には感動!!「富士」も、もちろん良かった。唄い終えたあとの何とも言えない満足げ
な笑み、あの余裕、スーパーエンターテイナーの存在感を充分に感じさせました。
亜矢姫関連の各サイトにお出になるほとんどの皆さまと、あの感動を共有できて本当に幸せでした。

「ヨイトマケの唄」、あそこまで人を引きつけて離さない歌唱力はどのへんにその原点があるのか、亜矢さ
ん一流の解釈の入った緻密な計算に基づいて構成されたものであったと思うのですが、それを聴き手に感じ
させずに、ぐいぐい引きずり込む“歌ぢから”は圧倒的でした。
この歌では、まるでオーケストラの楽曲でも聴いているように、弱音でやさしく、強音で雄雄しく、中音で
は語って、さらに声色を巧みに使い分けて唄われますから、聴き手の感情はいやが上にも昂ぶります。
亜矢さんはプロ中のプロだと皆さまは仰います。ディレクターさんの注文があれば、きっとどんな唄い方で
もこなしてしまわれるのだろうと感じさせます。

今回披露された「ヨイトマケの唄」は亜矢さんが、その表現に工夫に工夫を重ねて仕上げた一級の歌芸で、
まさに名優が演じる歌世界であったと思うのです。“名優”「亜矢姫倶楽部」のオーナーさまもそのサイト
でお書きになっていますが全く同感です。これはもう、一朝一夕には出来ない積み上げた努力の成果ではな
かったかと思うのです。ですから、特別の注文がない限りは何度唄われてもあの時と全く同じ唄い方をされ
るのだと思います。

お隣の国、韓国には“パンソリ”という伝統芸能があるといいます。それは演者が一人で、物語りに節をつ
けて唄う、語り物音楽で唱劇または唱楽劇歌というそうです。歌を交えながら太鼓の伴奏で長編の物語を演
唱するものといいます。私は聞いたことはありませんが、この演唱という言葉が亜矢さんの唄にピッタリす
ると思えてなりません。
亜矢さんのライフワークとなっている「名作歌謡劇場」での多彩な楽曲と舞台での長編物、或いは今回の歌
といい、彼女が演じ唄えば、すなわち演唱となる。単なる歌唱では済まされない奥深い何かがある、そんな
気がしてなりません。
「名作歌謡劇場」シリーズという創作物が伝統芸の原典になる、そんな時代がくるかもしれません。
作詞、作曲、演出、歌唱(演唱)を、テーマごとにシリーズ化して発表すること自体、エポックメーキング
なことであることには違いないのですから。

「ヨイトマケの唄」、ジャンルを超えた多数の方が唄っておられますが、それぞれの唄い方があります。何
方の唄を好むかは人それぞれですが、私には亜矢姫の唄が心に沁みます。日頃、亜矢さんの歌を敬愛し、そ
の唄からは感情の同化と人生の愉悦とをもらっていますから、亜矢さんを想う気持ちには全くブレがないの
です。
この歌、コンサートでも唄って欲しいと思われる方、沢山いらっしゃるのではないでしょうか、実現して欲
しいですね。そして、「BS日本のうた」CDシリーズにも是非、収録して欲しいと思います。収録して欲
しいものは、まだまだ多くあります。さしあたっては、もう一曲「さくらの唄」。・・・これは私の希望。

以上 2007/9/1 演歌桜・亜矢桜に投稿

コメントの投稿

非公開コメント

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR