BS日本のうた in 呉 スペシャル

むかし、こんなことを書きました・・・・・。

皆さまこんばんは。
BS日本のうたスペシャル、亜矢さんと美律子さんとの共演に感動しましたね~。テレビをご覧になられた
皆さまの書き込みにもいちいち納得して共感を覚えます。

亜矢さんについては、歌の上手さでは定評のある・・とか、歌は上手いし・・とか、のキャッチフレーズで
紹介される事がしばしばありますが、今回の角川さんもそうでした。亜矢さんはプロもが認める特別上手い
歌い手さんなのだと思い知らされます。何はともあれ、今回もまたまた凄かった。
「瞼の母」、これはもう過去に例の無いほどの構成演出で特別のものでした。亜矢さんと美律子さんのあの
迫真の演技と歌唱は、後々までも名演、名唱として広く語り継がれていくことでしょう。お二人に大いなる
喝采を送りたいと思います。

私はあの収録現場に居てライブでも楽しませてもらったのですが、記憶が浅くて細かいことは何も思い出せ
ません。“渚ゆう子”さんが、人の後ろから回って亜矢さん目がけて賞賛の拍手をされたことすら見えてい
ませんでした。
テレビではアリアリと確認できて、今更ながらに同僚プロも聴衆同様に感動されたんだということが解りま
す。忠太郎なり切りのあのほとばしる演技が凄かった、ほんとうに凄かった。

私の場合、浮いた浮いたでいい加減に見ていたのだと我ながらあきれます。もっとも、どうしても亜矢さん
を中心に見てしまいますから仕方の無い事だと自身に納得させてはいますが、テレビでは主人公を際立たせ
るためのテクニックがあり、二重映像にしてアップで映し出すという離れ業もありました。
今夜もそんな映像で、どアップで亜矢さんの感情がほとばしる姿、お顔を写し出してくれて、見ている方は
主人公にはまりこんで自然に涙が流れてしまいますが、人間、激すると恥ずかしさも忘れてしまいますね。

本来、映像芸術という分野もありますから、見せ方によってはその力は偉大なものになるのだと感じたこと
でした。そしてライブはライブ、テレビはテレビ、どちらも同一では無いそれぞれの良さがあるとのだとい
うことを改めて認識することが出来ましたが、それもこれも全て亜矢さんと美律子の力演のお蔭でしょう。

それと、他に唄われた楽曲もとても聴き応えのある曲ばかりでしたが、特に独唱された「ひばりの佐渡情話
」は、その歌詞の一言一句を聞き逃すまいと息を詰めさせる程の圧倒的な歌唱で、身体も凍る程に集中させ
られます。そして、聞き終わればにわかに弛緩する。何度聞いてもこの繰り返しです。本当に素晴しくて引
き込まれます。

“芸の天稟を持つ人は神に近い”という言葉を何かで見ましたが、亜矢さんを思う時、本当にそうではない
かと思ってしまいます。私の中では過去現在も含めてこれ程の唄い手さんにお目にかかった事がありません
から、なおさらその感が深い。
そして、この次は何を唄い、何を演じて下さるのか、次から次へと期待が膨らみます。
今夜は、NHK様にも「有り難う」のメールを送らせて頂きます。

以上、2008/9/21 演歌桜・亜矢桜に投稿

コメントの投稿

非公開コメント

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR