蝶が舞う!!

むかし、こんなことを書きました・・・・・
(2007.11.2 梅田芸術劇場リサイタル 観賞記)

夜桜挽花さま、皆さま、こんにちは。
おじちゃん様、大阪懇親会発起人の皆さま、大変お世話になりました。また、ご参加の皆さまお世話
になりました。
お蔭さまで楽しいひと時を過ごさせていただきました。亜矢さんの唄と芸、さらにはお人柄に魅せら
れて少しでも長くその世界に浸っていたいという思いを遂げさせて頂き、感謝の気持ちでいっぱいで
す。有り難うございました。

さてリサイタル、相変わらず素晴しかったですね~。息もつかせぬ程に感動的な数々の歌を聴かせて
くれる構成に、ただただ引き込まれて無我の境地。気がついてみれば“お徳”のナレーションが始ま
っている、ああ、もうこれでお仕舞いかとちょっと寂しい気持ちになる、これが大方の方の正直な気
持ちではなかったでしょうか。

私の場合、東京に次いで今回が2回目の観賞でリサイタル自体かなり余裕をもって聴かせてもらいま
した。
三波春夫さんの唄う「立花左近」も聞いて出かけましたから、前回とは大分違って歌詞の内容を理解
しながら聴くことができました。
違い?三波さんの歌も気持ちが良いですよ、浪曲調とでもいいますか流れるような心地良さがありま
す。違った言葉でいえば“声明”を聞いているような感じに例えられますでしょうか、比べて亜矢さ
ん、感情の発露がとても豊かで大きい。人は情に訴えかけられると、とてつもなく感動するといわれ
るけれど亜矢さんの唄はまさしくこちらと感じます。
好き好きは人の勝手だけれど、私は亜矢さんのだったら何度でも聴いていられる、いや、何度でも聴
きたい。
あの3時間があっという間で、短いこと、短いこと、リピート観賞される皆さまのお気持ちがよく解
ります。

「お徳」の歌詞にある“舟乗り込み”広辞苑によれば、歌舞伎の名優が大阪に初めて乗り込む時、或
いは大阪の俳優が久ぶりに江戸から帰った時、歓迎のために行われた儀式で、俳優や関係者などが主
な川筋を航行し、道頓堀へ着き劇場に入ることを言うそうです。
道頓堀界隈は当時、芝居小屋が立ち並んでいて随分と賑わったそうですから、俳優が舳先にたって扇
をかざしお目見えのご挨拶をするという光景が目に浮かびます。この場面、映画「残菊物語」でもあ
りましたね。
リサイタルの翌日、この界隈を少しブラツイテきましたが道頓堀川沿いの商店街もとても賑わってい
ました。そしてタコ焼きも食った、10円饅頭も食った。おお~満腹。

ところで、「お徳」ですが今回私は銀色の蝶が舞うのを見ました。どんな蝶かって、それはこれから観
られる方のお楽しみですから書きませんが、とても日本的で象徴的、様式美とでも言うのでしょうか
、きっと外国ではあり得ない演出と感じました。お徳はこの蝶になって愛しい人を思いながら黄泉路
へと旅立っていく、三途の川も渡らねばならないがどうか一番やさしいところを飛び越えておくれ、
ああ、蝶が舞う蝶が舞う。どうか、もっと生き永らえて欲しい~。これ、私の感想でした・・・・・

豪華な舞台仕立ての中で亜矢さんが舞い踊り大熱演です。主人公に同化して涙がぽろぽろ、悲しいで
す、とても感動します。
この蝶の舞い、私は東京で見たかどうかがどうしても思い出せない、夢だったか、幻だったか、はた
またうつつだったか、今回ばかりは“うつつ”間違いなし。

次回の九州公演もリピート鑑賞される方がかなり多いとお聞きしますが、羨ましいです。もっとも
"やみつき"になるお気持ちは良く解ります。私も行きたいけれど懐具合もあるし、諸々のこともある
し、我慢我慢の世界だね~。
幸福の 春まだき、行きたい 行けない、熊本へ、独り塒鳥、逸れ・・・??

あれ~何かごっちゃになってしまいましたよ~。そうそう、夢見鳥でした。夢でも見てよ~っと。

以上、2007/11/4演歌桜・亜矢桜に投稿

 今日は、うんと気分を換えてこちらを聴かせて頂きましょう。
 


コメントの投稿

非公開コメント

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR