演歌・歌謡曲 中興の立役者

むかし、こんなことを書きました・・・・・。

今日は、先日からちょっと気になっていた事を書かせて頂きます。ただ、駄文ですので、あまり内容はあり
ません。明日の大阪リサイタルの報告があるまでの時間つぶしに雑把にお目通し頂ければ幸いです。

最近はカラオケファンの質が変わって、素人が楽譜を手にして歌手もどきのパフォーマンスをやって楽しむ
人が大勢います。音楽出版社もこれらの人たちをターゲットにして、耳ざわりが良くて、それ程歌唱技術が
無くても唄えるようなものを次々と提供します。
このような時代を背景にプロ歌手の方々も新曲を引っ提げて必死にキャンペーンを張る、オリコンなどのヒ
ットチャートの上位を目指して、ひたすら全国キャンペーンに飛び回る、そんなことが多いようです。
好きな歌の道とは言えその努力は並大抵ではないと感じますが、ラジオ放送の歌番組などを聞いていると、
こんな姿がこの世界の常道だと解ります。こんな道も、昔、亜矢さんが歩いた道、このサイトに集うファン
の皆さまは先刻ご承知ですね。

やがて、これらの歌の中からヒットが出ればそれこそ一躍スターになって将来が約束されますから、この努
力は怠ることができません。しかし、人の心を呼び覚まして支持を得るのは並大抵の事ではないから、成り
行き任せで運にたよるということもあるかもしれません。「大器晩成」の詩にある“まぐれあたり”という
やつです。
プロ歌手と名の付く人は何方であれ歌は上手いし、素人とは歴然とした差がありますが、こんな方々をして
も世間で認められるようになるには、心に響く持ち歌と努力と運が作用する厳しい世界だと言えるのではな
いでしょうか。

先日、小室哲也氏の事件報道に関連してNHKさんが取材した音楽評論家氏が今の音楽界の世相を語って次
の様な話をされました。その内容が強く印象に残ったのでここでご紹介します。
すなわち、「今はプロの唄を聴きたいというファン層が出てきて、これまでの時代とは明らかに様相が変わ
ってきた」と解説していたのです。
“プロの歌が聴きたいという時代に様相が変わってきている”思えば、私などは時代の捉えが甘いから、こ
のようにシビアな時代感覚で評論する方がおられることに新鮮さを感じたのです。そして、あることと符合
して成る程と合点がいきます。
あの、亜矢さんのリサイタルやコンサートでは大勢の人々が集ってその会場を埋め尽くし、熱い感動に浸り
きっているではないか、また、例え身の上に喜べない事があっても亜矢さんの唄に癒されて生きがいを得て
いる方もおられるではないか。正に、このことだと!

評論家氏は時代が変わってきたと話されたが、単に歌好きやカラオケファンが変心したのではなく、今まで
関心の薄かった人々が何かのきっかけで、これぞプロの歌というものを聴いてしまって、その、あまりに凄
い「唄の力」に感動して熱心に耳を傾け始めたというのが実相ではないのか、こうした新しいファン層を生
み出した相乗効果が“プロの唄”を聴きたいという時代潮流を起こしている、という事に、合致するのでは
ないか、そう思えるのです。
そして、この流れを敏感に捉えてNHKさんが、あの「クローズアップ現代」に取り上げたのでした。

あの番組中では、新人歌手の方、或いは歌う作曲家がヒットさせている状況をクローズアップして放送され
ました。紹介されたあの方々の清新な曲やその歌声が、この世界の興隆に影響を与えている面があることは
確かでしょうが、しかし、この方たちが全てとはとても考えづらい。
NHKさんは、放送にあたっては新人の方々をターゲットとして絞ったが、公共の放送においては無難な取
り上げ方で、例えば、亜矢さんの人気度、多彩に唄える実力、コンサート数、その動員力、アルバム、DV
D等の売り上げ、どれをとっても新人とは比較にならない程の実績の差がある筈で、特にテレビ、新聞等の
メディアを使ってアルバムの宣伝広告等が惜しげもなく繰り返し行われている亜矢さんの状況は、若手のア
ーティストとしては珍しいことで、まさにこれも時代の潮流と言えるのではないしょうか。

放送された、あの方々がこの潮流を起こしている根源では無く、“立役者”は島津亜矢さんではないのかと
私は叫びたいのです。なぜなら、単にCDの売り上げだけが全てでは無く、音楽活動の全てが対象とされる
べきものと思うからです。その点、あの放送はやや掘り下げ不足の感はありましたが、あの大きな番組で歌
謡界を取り上げてくれたのは、まず喜ぶべきことではありました。

プロとは何か、大衆に向け唄って聴かせてひたすらヒットを狙うプロもいる、一方で歌は芸道だと信念を固
めて地道な努力を積み重ね、一筋の道を(亜矢さん語録)突き進むプロもいる。どちらもプロだが、プロ中
のプロとはやはり素人には真似の出来ないパフォーマンスが出来る人を言うのでしょう。こちらは芸を磨く
のに長い時間がかかるだろうし、苦労の山も大きいだろうと思うのです。
この後者の典型が島津亜矢さん。苦節何十年という言葉があるけれど、亜矢さんはもう22年にもなる。
積み上げたその努力の山は大きくて、魅力がいっぱいで、多くの人々はその麓に集って一声出るのを待ちわ
びる。これは信仰と言える程のもので、亜矢姫が神に近いと信じている人も多いに違いない。
唄で聴かせて、声で聴かせる、知る人ぞ知る神秘の大スター亜矢姫(神秘だから知らない人も少しはいる)
を、マスコミ界でも足でかせぐ記者さんなら、その実力がハンパでないことは十分ご承知でしょう。
あの藤山一郎さんや高木東六さんが語録を残しておられ、星野先生やテイチクのディレクターさんが、この
娘と見込んで王道を授けて育てあげた逸材なのですから。

ところで、亜矢さんは韓国のスーパースターと言われるイ・ミジャ(李美子)さんとの邂逅以来、あること
に感じて心に秘めたことがあるといいます。例えば年末恒例の紅白などへの出演意欲についても、ファンに
してみれば意外な程に恬淡とされておられるように感じます。秘めたものが何であるのかは伺い知れません
が、亜矢さんという方はそういう方なのですね。そうであればなお更に是が非でも出て頂きたいと願うのが
ファンの心理でしょう。
呉でのBS放送収録のときも、市内の別会場へ同時中継される程の人気ぶり、いや亜矢さんが全てとは言い
ませんが、コンサートなどへの集客状況を考え合わせれば自然にそう考えたくなります。
この希代の逸材、亜矢さんのこの状況を天下のNHKさんの優秀スタッフが知らない筈がない訳で、これま
でが無体すぎた。
今年こそは、亜矢姫が望む望まないに関係なく無理やりにでも引っ張りだして欲しい。これがファンの切な
る願いです。

亜矢さんの唄声を聴く時、何とも言えない感動を覚えますが、その感情の昂ぶりは熱い涙となって頬をつた
う時もある。こんな涙ならいくらでも流したい、と、そう思うのです。

以上、2008/11/20 演歌桜・亜矢桜に投稿

コメントの投稿

非公開コメント

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR