亜矢姫が唄うジェラシー

むかし、こんなことを書きました・・・・・。

久し振りに出させていただくのですが、どうかよろしくお願いいたします。
サイト上での皆さまの情報は毎日楽しく読ませていただいておりますので、知りたい欲が満たされてとても
嬉しいです。いつも書き込んで下さる皆さま、有り難うございます。

さて、私が購読する地元紙の最近のコラムで、ある歌手(ポップ系)の新作アルバムを紹介する記事が掲載
されました。その中でちょっと気になる言い回しがあったので関心をもって読んだのですが、その冒頭で述
べるに・・歌手にとって一番の個性は、歌唱力や表現力ではなく、やはり聴いた瞬間にこの人だと分かる歌
声だと、ありました。○原○香の声には強くて美しい個性がある・・と。
個性を語るのであれば、それも一理ありかなとは思うのですが、ちょっと説明不足の感じがして即座に納得
し難い思いがしたのです。ちょい聴きの個性ならそれでよいけれど、その方の真価を問う個性ならば、もっ
と違った表現があっていい筈。
一番気になるのは“歌唱力や表現力ではない”という表現、その人の持つ声質や歌唱力や表現力が個性を生
み出すのであり、その感覚はちょっと違うのではないかと、亜矢姫を思いながら心の中で反駁、囲み記事に
しては署名がないからどうでもいいのですが、歌手を語るのであればもっと説得力のある記事にして欲しか
った。コラムニストの書きっぷりにしては、いささか表現力が足りないと感じた次第でした。
聴く人の感性はそれぞれだと思うけれど、やっぱり何事も表現力ですよね~。

ところで亜矢姫の「ジェラシー」は心地良かったですね~。録画で何度も何度も聴きなおしていますが、聴
けば聞くほど心地よさが増してくる、上手いな~、凄い、凄い、そして次第に陶酔境へと落ちていく。
井上陽水さんの曲は意外なところに音符が飛んでいく感じがして、なかなか通常の歌の進行とは違うという
印象をもっているけれど、それが故に唄うには難しいのだろうなあと想像します。ここでは亜矢姫の歌唱力
が圧倒的な力を持って迫ってくる、声も限りなく美しい、これが亜矢姫の亜矢姫たる真骨頂なのだと納得さ
せられます。

この歌の歌詞は断片的なことばの寄せ集めで、意味を読み解くのは難解な面があるけれど、片思いの心象風
景なのかなあ~と、我が意で解釈しますがこれは人それぞれでしょう。だから表現を云々するのはこの場合
は適当でないかもしれず、ひたすら歌の流れに従って身をゆだねればよい。
流れるような調べが何とも心地よく、この数分が如何にも別世界に浸るようで時を忘れさせてくれますね~
、聴く者の気持ちを引きずり込む力って本当に凄いなあと、感嘆せずにはいられないのです。

今回も放送用に編曲されていたと思いますがやはり京建輔先生の手になるものでしょうか、いずれCDが発
売になれば分かることですが、早く「BS日本のうたⅥ」も出して欲しいですね。
この歌、陽水さんの1981年のアルバムに収録されていたそうですからおよそ30年も経つのですね、や
っぱりいい歌は後々までも残る良い見本ですね。後の「リバーサイド ホテル」も鮮烈でした。
今、私の手許に何故か陽水さんの「GOLDEN BEST」アルバム2枚組があります。このアルバムは
99年の発売ですが200万枚も売れたと言われます。これの歌詞カードを見ますと編曲は星勝さんになっ
ています。星さんは小椋佳さんの歌も多く編曲を担当されていますが、どちらかと言えばロック調が得意の
分野でしょうか。
私の場合は、小椋さんの歌は小野崎孝輔さん編曲のものが好きでアルバム「彷徨」は良く聞きました。なん
でこんなこと、と思われる向きもあるかと思いますが、なにやらネット情報では小椋さんとの直接の接点も
出来そうだとか、もしそうであれば小野崎さんがいいなあ~、もしくは京さんか、これは単なる私個人の思
い入れです。

ところで、偉大なアーチスト井上陽水さんのことに関しては先日、NHKテレビで数日に亘って特集番組で
の放送がありましたからご覧の方も多かったと思います。
井上さんにはこんな記録もあります。アナログレコード「氷の世界」が1973年発売以来2年間で日本レ
コード史上初のLP販売100万枚を突破したとされています。当時のミリオンセラーを1995年時点の
音楽市場規模に換算すると800万枚~1000万枚に相当するとか。また、その総生産数は第1位、ちな
みに第2位は小椋佳さんの「彷徨」(wiki)だそうです。

何はともあれ私の場合は全てが亜矢姫中心に心が動きますので、関連することがあれば少しでも知りたい。
何と言われようと気にすることはゼ~ゼン無しです。さて、今日も録画を見ることにしましょう。
あっ、それとNHKさんにメールだ!!

以上、2009/10/12 演歌桜・亜矢桜に投稿

コメントの投稿

非公開コメント

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR