松戸からの「BS日本のうた」

むかし、こんなことを書きました・・・・・。
(2010年10月17日放送の「BS日本のうた」は松戸市 森のホールからのものでした。この日は亜
矢姫と黒川真一郎さんが「流れて津軽」をコラボ歌唱されましたが、この時の事について、ふうてんが何や
らまた、むにゃむにゃと性懲りもなく・・・)


昨夜の松戸収録のBS放送、わたしも堪能させてもらいました~。
出だし、黒川さんが唄われる時“じっと”目をつむって聞き入るあの姫様のお姿は、ご自身の持ち歌を若手
が唄ってくれる程に広く人々の口の端にのぼり、受け入れられているという感慨が、湧き起っていたに違い
ないと感じたのですが、ここは例によって猫奴の勝手な解釈。当っていなくても誰にも叱られないから言う
は容易い。
そしてまた、面立ちが何とも言えない慈愛感に満ちていてスーパースターのオーラを感じさせ、その落ちつ
きと貫禄、堂々たる風格、どれをとっても一流で、ご出演のどなたにも引けを取らないものであったと感じ
ましたが、これって私だけではないですよね~、いや少なくとも私の連れ合いは違わなかった。こんな様子
だったから姫様が唄う前から興奮してしまっていて、どどのつまり最初から最後まで痺れっぱなしでした。

黒川さんの歌唱場面では特別の編曲がなされていて少し違和感を感じましたが、姫様が唄われる時は本来の
バージョンに戻っていました。不思議に思って、今日少し探してみたのですが競作にはなっていないようで
すから(違っていると、先に書いたことがちょっとまずい)、やはりNHKさんが黒川さん用に編曲された
ものだと思います。
もちろん、聴き手にとっては姫さま一人で、唄って頂くに越したことはありませんが諸々の事情もあるので
しょう。ですから“ふんこがすぞ”様が仰る意味もよく理解できますし、もう一方のご意見もよく理解でき
ます。しかし、私の場合は上に書いたような理由で、それはそれでよかったかな~と思ったりしています。

歌手仲間ではそれぞれ他の歌い手さんのコンサートなどに出かけることもあるようですが、黒川さんも以前
、姫様のコンサートに出かけられたこともあるようで、その感想をご自身のブログで書かれていたと思いま
す。いずれ、自分もあのようになりたい・・・だったかと思います。
通常、若手の歌い手さんは単独でコンサートを開催できるのを夢見て、全国各地へのキャンペーン回りに駆
けずり回るのが多くのパターンだと思います。現に、「BS日本のうた」や「歌コン」に出演したことのある
名前の知られた歌手の方でも、地方回りで小さいお店にキャンペーンに来られます。
そういった意味では姫様はスター中のスター、スーパースターだと言えるのではないでしょうか。

亜矢姫さまの今のスター性は、“タンブル”様が仰るようにこの番組出演に負うところが大きいとのことは
、その通りだと共感します。また、姫様も今年のリサイタルでそのようなことを話されていたと思います。
昔は、NHKさまも亜矢姫用に特別の編曲を凝らして「船頭小唄」や「美しい昔」など、とても素晴らしいもの
を聴かせてくれた一時期がありましたが、最近は、あまりそういったことが感じられなくなりました。
その観点でみますと“ベル吉”様が仰ることも成る程そうかな、と、感じるものがあります。

先日、超、口の悪いサイトで今のNHKさんには「音楽の分かる方がいない」とかの悪口を言っているのを
みかけましたが、これも一理あるのかなと感じたりしています。過去の晦日の大イベントに姫様を招聘しな
いことなどを思うと不信感がつのってきて、何とも言えない腹立たしさを覚えたものですが、こればかりは
あちらさんなりの思惑や事情もあるのでしょう。とにかく苦情言ったって御座なりの返答をもらうだけです
し、時には無視されて何の回答も来ないときもありますね~。チェ、勝手にやってろって!と、言いたい気
持ちにもなるというものです。とにもかくにもご当局様はそれはそれは威張ったものでございます。ハイ!
まあ、このことについては首を長くして待たせてもらいましょうね~。

「竹」の歌唱については、目を凝らし心を凝らして只々聴き入っていました。凄い、凄い、凄かった。
何が凄いって?、全部ですよ全部!!

それではまたね~、ニャ~オ~。

以上、2010/10/18『亜矢姫』談話室に投稿

コメントの投稿

非公開コメント

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR