与話情浮名横櫛

NHK BSEテレに「花鳥風月堂」という番組があって最近取り上げられたのが~与話情浮名横櫛~、美人女優
の檀れい さんと若手俳優の冨田 佳輔さんが古典芸能をコミカルに扱って進行するもの。
ここでは、歌舞伎で尾上菊五郎さんと中村雀右衛門さんが演じられたものなどを断片的に紹介していたが、
やはり取り上げられたのは「源氏店」の場面だ。映像は古かったが演じ手によって趣向はあるように感じる

この場面、歌では58年も前に春日八郎さんが「お富さん」で大ヒットさせたし、その記憶は古くもならな
いのだが、実はこの番組に何故興味が湧いたかと言えば、島津亜矢さんが歌っておられる「切られ与三」が
あるからである。リリースは12年前の29歳の時である。

これがリリースされた頃のことは、歌手島津亜矢さんについては全く知らなかったのだが、後年数々の歌を
聴くにつけ、その存在感のある圧倒的な歌唱力と声に惹きつけられていくことになる。
さらに特徴的なのは独自の境地を切り開いて、それを積み上げるという、他にほとんど例をみない果実を生
み出していることだと思う。人を感動させるという点でとらえれば芸術性の高いものばかりだと言えるし、
それらの果実はいつまでも古くならずに人々に愛され続けていくだろうとの思いが強い。ともあれ私の場合
、いまは歌と言えば島津亜矢さんとイコールになってしまっている。

この「切られ与三」(名作歌謡劇場シリーズ第10弾「おさん」C/w 2000.9.21)について知るのはアルバ
ムに収録されたのを機にしてからだ。(最近のアルバムは「曙光」5枚組中3枚目に収録)
作詞:野本高平 作曲:村沢良介 編曲:池田孝春 の方々の著作だが、残念ながら野本さんは今は亡い。
ただ、この曲を聴くにつけ亜矢さんの‘役者はだし’とも言えるこの名調子をこの先生方はどのように聴か
れたのかしらと、甚だもって興味が湧くところではある。
亜矢さんはこの若さでこの難曲をものにしておられるのだから、まさに驚異としか言いようが無いと思う。

それでは「切られ与三」

こちらは、尾上菊五郎さんと坂東玉三郎との動画
http://www.youtube.com/watch?v=HE2SoxiaDos
http://www.youtube.com/watch?v=OpMmwOzKKyQ&feature=relmfu
http://www.youtube.com/watch?v=Hg_LQmlniAI&feature=relmfu
http://www.youtube.com/watch?v=5m-DfQ6dT-s&feature=relmfu

コメントの投稿

非公開コメント

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR