古稀を迎えて同窓会

今年の異常な暑さにかまけて長くさぼってしまったけど、生きてる証しにまたぞろ下手な作文でも綴ること
にします。

この8月に中学時代の同窓会がありました。古稀だから出てくれって、まだまだ若いと思っていたのにもう
古稀だって、なんかな~、目出度くもあり目出度くも無しというところですが、この年まで永らえてこれた
のだから、先ずは素直に喜びましょうという心境。
中学時代はみんな無邪気だったから、思えばこの頃が一番良かったのかも知れない。当時はイジメなんてこ
と、意識もしなかったから、良い時代だったのかも知れない。もっとも、今も、マスコミで騒がれる程イジ
メがひどく横行しているとも思わないが、とにかく和気藹々と青春を謳歌して貰いたいもんだ。

会では、それぞれが近況を報告してくれってことだったから、私なりの平凡な生活ぶりを報告したのでした
が、しかし、話を聞けばまだ第一線で活躍している人もいるから私のは自慢にも何にもならない。
私などは、大概、朝飯後は亜矢姫関連のサイト情報をチェックするのが日課みたいになっているから、傍か
ら見ればこれはもうパソコン御宅と言われも仕方ない程。だから、亜矢姫情報に関してはそこそこ詳しい。

同窓会ではおもむろに亜矢姫談義。禿げ頭だからまさに説教坊主、聞いてくれるのは僅か16人だけど、こ
こは一生懸命話さねばと意気込みには強いものがある。
そこで、開口一番、「ご存知と思いますが島津亜矢という歌手がいますね、ネットを捜すとこの人は100
年に一人の歌手という人がいるのですが、これについては私も全く同じ思いでいるのですが、・・・」と一
人合点の講釈を垂れる。
ところがどっこい、こんな話をしても誰も関知しない感じだから、仕方なしに「帰らんちゃよか」をカラオ
ケで歌ってお茶を濁したけど、下手な歌ではなおさらに座がしらけて興が乗らない。ことほど左様に亜矢姫
の知名度は低かったのが意外で残念でならなかった。
結局、演歌などを熱心に聴く人は世間捜したってそんなに多くないのかと、ちょっと失望感がただよう。そ
んな状況だったから我が尊崇する亜矢姫の素晴らしさを知ってもらうにも、どの道徒労に終わる可能性が高
いので、この辺でヤ~メタ~。

こんな中、自宅広間にカラオケDAMまで引き込んで楽しんでいる人もいて、この方とは話が合って色々と
話をしたが、亜矢姫に関しては歌が上手すぎてカラオケにはちょっと、というニュアンスの話ぶりだった。
終いにはどんなところが良いのかと聞いてくるから、深くは聞いていないな、と解して適当に応えて逃げた
が、詳しく話せば長くなるし、さして興味も無さそうだからこれもヤ~メタ~。
後にこの方の家にお邪魔したけれど、結局、舞台に立って歌いたい本格派カラオケファンは自分が歌えて楽
しめればそれでいいのであって、いわゆる聞いて楽しむというのとはちょっとスタンスが違うのだと認識し
た。歌う歌も知名度のある歌手のものや、そうで無くても歌い易いものを取り上げて歌う。これがカラオケ
好きの方の流儀だと改めて思う。

ヒット曲というのはカラオケファンの間から生まれると言うのも一理あると思う、昔は歌手本人が有線など
にリクエストを掛けまくったという話も聞くし、今も地方でのセミプロなどは、大枚はたいて作ったCDを
大枚はたいてカラオケDAMに収録してもらい、リクエスト掛けまくるいうのも現代の流儀であるとの話も
聞く。ヒット一曲あれば一生食っていけるという逸話もあるから、プロ、セミプロを問わず一生懸命になる
というのも頷ける。

亜矢姫はメジャー中のメジャー歌手だが、その知名度は世間一般に広く知れ渡っているかと言えばそうでも
ない。同窓会での話の通り、知らない人は全く知らない。いわゆる人口に膾炙しているとは言えないのであ
る。知る人ぞ知る人の間では正にスーパースターなのだが、如何せん知名度を得る大ヒットが無い。
ヒットが出る出ないは時の運もあると思うが、最近の時世を観ると物事すべてが誰かの仕掛け踊らされてい
るのではないかと強く思う時がある。善し悪しは別として、それが現代の世の中の仕組みになっているのか
も知れない。だから、誰かが良いとと言えば良いのだし、マスコミを騒がせたものが一定の価値観を得て良
いと言えば良いのであろう。
ただ、人間古稀にもなると若者のような感性も無いし、自分で良いと思うものを自分で捜すしかない。こう
して得られたものには自信をもって良いと言えるし、時に感動を覚える程に素晴らしいものがある。

現在でも、亜矢姫には大ヒット曲がないのだが、日頃不満に思っている事が一つある。
何方の意思によってこうなるのか判らないが、シングル曲をリリースする時に素人がカラオケで歌うには、
あまりに難しいと思われる曲を出すことだ。
今度の「一本釣り」にしても巷間で広く歌われるような歌では無いと直観的に思ったが、果たしてリリース
後然したる動きも見ていない。歌は良いのだが難しすぎる。また、作曲家に慮って出すことも有るのかしら
と、あらぬ方向に気が向いてしまう時もある。

亜矢姫は超人気者だから、熱いファンが運営するウェブサイトが幾つもある。そこではアルバム収録曲でも
シングル化して欲しいと期待する曲が具体的に挙げられる時もある。そこで然したる異論もなければファン
誰しもの願いであると思うし、You Tube などでのアクセス件数も参考になるだろう。今時、ファンサイト
に目を通さないディレクターさんやプロデューサーさんはおられないだろうと思って、失礼ながら書いてし
まったが、もっとも、ここはマイナーなところだから、単なる個人のくどき話ではあります。

とにかく、大ヒットを出して、私の、いやファン一同のと言わせてもらおう、長年のうっ憤を晴らして欲し
いと願っているのです。アルバム「悠悠」の中にある、「わたしの乙女坂」や「旅愁」さらには「想い出よ
ありがとう」などもカラオケ好きには好かれそうな気がするし、個人的にも好きだ。なんでこんな曲をシン
グルで出してくれなかったのかと、無念の思いが強い。その他にも素人にも歌えそうなものが多いのだが、
テイチクさん何とかして欲しいね~。

それとね、姫さまにも注文だ。アルバムにだけ収録してコンサートでは一切歌わない歌があるのだが、こん
なのってあまりに思い遣りが無さすぎます。生み出された歌にも殺生だし、CD持ってる人にも殺生だ。
せめて少しづつでもいいから唄ってもらいたいと思う。コンサートディレクターさんにも篤とお願いしたい。と、ここで言っても通じないのは承知だが、心ある人よ伝えておくれ。

ところで、秋口になって紅白の話題もチラホラ挙がっていますが、例えば下記サイトなど亜矢姫の亜の字も
挙がっていません。もちろん、このサイトの運営者は特に演歌については表面的なことしかご存じない方だ
と思いますがアクセス数も多いし、それなりに、ある程度占えるサイトではあると私は思います。しかし、
女性演歌の予想については、もっと深く掘り下げて考察して貰った方がより良い予想となるでしょう。
現段階では事実上のメインとなる方の名前が無いから、フムフムとはなりません。

http://www1.plala.or.jp/nakaatsu/index.html

コメントの投稿

非公開コメント

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR