温故知新

NHKのBSプレミアムには興味深い番組がとても多いのですが、先月視聴したのは関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅、トルコ、ギリシャ編でした。
日本全国のJRの路線をすべて乗りつくした関口知宏さん。2005年からヨーロッパ各地で鉄道の旅をしています。2005年ドイツ、2006年イギリス、スペイン、トルコ、ギリシャと旅をするのですが、この後、中国鉄道大紀行の放送は2007年4月から11月にかけてでした。

今回視聴したのはトルコからギリシャへの旅。もともと放送されたのは2006年10月16日だったのですが、私が見たのは今年の11月4日。

トルコの首都アンカラとイスタンブールの中間地点の町エスキシェヒルに関口さんが降り立ちます。エスキシェヒルとは古い町と言う意味で3000年の歴史があるそうです。
この町のライブハウス入ってみることにした関口さんは古い楽器で合奏する若者たちと交流します。いまトルコでは伝統的な民謡や楽器が若者によって見直されているといいます。ここでの関口さんが述べる感想が‘温故知新’でした。
「トルコに古きをたずねて新しきを知る温故知新の動き有り。温故はただ昔を懐かしむこととは違う、知新は他人に認められたくて流行の先端を行こうとしていることとは違う。真に新しいものを生み出す人は心の奥から湧き起るうずきに従っているだけである。バンドの人達がそんなことを歌っているような気がしました」と、~~何かしら心に響く名言だと思えるのですが、如何でしょうか。

もちろん、日本にも色々の分野で意欲的に取り組んでいる若者も多くおられ、正に、温故知新を地でいっているような方も多い事でしょう。そういった若者の事を思う時、この国の行く末も芸術、文化、社会、政治その他ににおいても頼もしい未来があると思えてきます。

この1年、島津亜矢さんのことを中心に据えつつ拙いブログを綴ってきましたが、こんなところへも忘れずにご訪問下さった皆さまに厚くお礼を申し上げます。
来るべき新しい年が皆さまにとって幸せ多い年でありますよう、また、島津亜矢さんにとってもますます実り多い年となりますように願っております。 それでは、来年もまたよろしくお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR