王城の護衛者

司馬遼太郎の「王城の護衛者」では、松平容保について、さらに興味深い逸話が書かれているので、これを
拾いながらもう少し話を進めてみることにする。
・・・京都守護職松平容保が藩兵千人をひきいて京に入ったのは文久2年(1862)12月24日であった。
この時京都所司代牧野忠恭ら在京の幕府高官が三条大橋の東詰めまで出て、容保を迎えた。・・・と、書い
ている。
ちなみに、この牧野忠恭は時の長岡藩七万四千石の藩主で、同じ年の8月に京都所司代を命ぜられ9月29
日に京都の役宅に入ったとされているから、容保の着任時期との差はほんの数か月である。
京都における治安維持にはこれら徳川の譜代大名が務めたことになるが、この時期頼りにされたのは、やは
り譜代しかなかったのであろう。
この長岡では会津戦争の少し前に、かの有名な河井継之助が指揮する長岡藩軍と官軍による北越戦争が起き
ているが、この戦争については長岡藩士や市街の人々、また家屋の被害が甚大であったため、継之助が戦争
の蓋然性を開戦の方向に導いたとして人々の恨みを買った面がある。
継之助の墓碑が出来たとき墓石に鞭を加えにくる者が絶えなかったといわれ、後にその墓碑まで打ち砕かれ
ていたというが、この人もまた時代の風雲児だったと言えるのだと思う。
河井継之助については司馬さんの小説「峠」が有名であるが、さらに別の小説では継之助のことを次のよう
に書いている。
・・英雄というのは、時と置きどころを天が誤ると、天災のような害をすることがあるらしい。・・・と

話がそれた、
容保が宮中に参内し孝明帝に拝謁したのは文久3年正月二日であった。孝明帝はこのとき、容保に緋の御衣
を下賜された。天使の御衣を武家に下賜されるということは先例にないことであったらしいから、この帝に
対する容保の尊崇の念はとても強いものがあった。
この頃、長州藩は攘夷派公家の三条実美らを抱き込んで宮廷革命をおこし、さらにそれを軍事革命にもって
いき、一挙に京都政権を樹立しようと企てていたとされていて、朝旨、朝命、勅諚というものが天使の意見
とかかわりなく出され、濫発されたというから、孝明帝の立場は悲惨だったらしい。
孝明帝は骨の髄からの攘夷家であったと言われているものの一方では熱烈な佐幕家でもあったので、この帝
における攘夷は単に異民族をきらい毛嫌いするほどのものであったらしい。だから、長州派が画策する思想
とは相容れないものがあった。帝は重量感のある保守的思考法を好まれ、ゆるぎのない遵法観念の持ち主で
あったので、武威をもって治安にあたる容保を内心強く頼りにされた。

文久3年3月に上洛していた将軍家茂が6月9日、にわかに京を発し大阪を経て海路江戸へ帰ってしまうの
だが、これをとらえて過激派の公家たちは「不臣の行為」であるとして騒ぎ、帝のお言葉と称する勅諚が下
された。将軍をひきとめて来いとの御沙汰書である。これは実美らの同士が語らい多数の賛同を得て、案を
決定し「群臣協議の結果でござりまする」と、関白を通じて報告する。帝は慣例上これをはばむことは出来
なかった。要するに、容保を京から体よく追い出し、その間に革命を成し遂げようとの魂胆である。

容保が京を留守にすれば、どういう事態がおこるか、京は天皇を擁する長州人に占領され、幕府は瞬時に崩
壊するだろう。が、・・・勅諚にはそむけない。この上は御沙汰書の取り消しを請うしかないので、家臣を
手分けして公家衆のもとに走らせ哀訴した。しかし、長州派の公家も多くこの運動はすべて不調に終わった
。窮地に陥ったのは容保だけではない、帝もそうであった。・・・あの男が京を離れては、おそらく戦慄す
べき事態がおこるだろうと帝は思った。容保を離京せしむべきではない。・・・ついに帝は意を決した。
一介の武家である容保に天皇の自筆による手紙を書き送ることにしたのである。

帝は書いた。すぐ、伝奏の飛鳥井中納言と野宮宰相をよび、それを下げ渡した。「これは、成りませぬ」
彼らは容保に宸翰を差し下すことを伝奏の立場から拒否したのである。しかし、この際の帝のお心は止むに
止まれない焦燥にあふれていた。帝は苦心のうえ、これを容保に届けさせることに成功する。

この辺のところは次のように書かれている。
・・・「まさか」と、容保はその文箱をみるまで信じなかった。信じられることではなかった。古来、天子
から武家に御直筆の宸翰がさがったというような例はない。南北朝時代にただ一例だけはあるという話を、
容保は聞いていた。後醍醐天皇が、新田義貞に宸翰を賜うたということである。それ以外にない。それさえ
伝説であった。おそらく噺ではなかったか。が、いま容保の目の前に進みつつある文箱の内容がもしそうで
あるとすれば、史上最初のものであるといってよかった。・・・・・文箱には二通の文書が入っていた。

・・・「今に於て守護職を遣わす(江戸に)ことは朕の毫(すこし)も欲せざるところにして、人の驕狂せ
るが為にやむを得ず此に至る」・・・・・・さらに意訳がつづく・・・
「最近、廷臣のなかで驕狂のものが多く、これに対して朕は力がおよばない。あるいはこのあと再び会津に
勅諚なるものがくだるかもしれない。それは偽勅であると心得よ。これが真勅である」・・・・・さらに、
帝の手紙はいう。
「いまかれらが会津藩を東下せしめようとするのは、この藩勇武であるため、京におれば奸人(三条ら長州
系公家と長州藩)の計策が行われがたいからである。今後も彼等は偽勅を発するであろう。しかしその真偽
よく会津において察識せよ」最後に孝明帝はいった。「朕は会津をもっとも頼みにしている。一朝有事のと
きにはその力を借らんと欲するものである」・・・・・・

そして、司馬さんはこのようにも書く、
・・・容保はこのいわば英雄時代の最後の人物といっていい。かれ自身は英雄でなくても、英雄的体験をし
た。リチャード獅子心王におけるロビン・フッド、後醍醐帝における楠木正成と同様の稀有な劇的体験をも
つことになった。・・この宸翰がそれである。・・

この孝明帝も慶応2年12月25日(1867.1.30)天然痘に罹り崩御されてしまう。この後、政情は大きく
変転いくのである。

・・・晩年の容保は、無口で物静かな隠居にすぎなかったが、肌身に妙なものをつけていた。長さ二十セン
チばかりの竹筒であった。この竹筒の両端にひもをつけ首から胸に垂らし、その上から衣服をつけていた。
・・・容保が死んだとき、遺臣がその竹筒の始末をどうすべきかを相談した。容保には五男一女がいたが、
かれらが父の通夜の夜、その竹筒をあけてみた。・・・宸翰であった。一通は、孝明帝が、容保を信頼し、
その忠誠をよろこび、無二の者に思う、という意味の御私信であり、他の一通は、長州とその係累の公家を
奸賊として罵倒された文意のものであった。
維新政府から逆賊として遇されたかれは、維新後それについてなんの抗弁もせず、ただこの二通の宸翰を肌
身につけていることでひそやかに自分を慰めつづけて余生を送った。・・・・・・


この宸翰はその後、東京銀行の金庫に預けられねむっている。と書かれて、この小説は終わっているが、
今年のNHK大河ドラマ「八重の桜」で会津が取り上げられる事にちなみ、関連する色々のことを取材した
特集番組が先年12月に放送されたが、この中でこの宸翰がテレビカメラに捉えられて放映された。
この時、案内を担当されたのが14代当主松平保久(モリヒサ)氏で、現在NHKエンタープライズ エグゼク
ティブプロデューサーとして活躍されておられる。
余談だが徳川宗家の現在の当主も会津松平家一門の方が継いでおられる。有為転変ですね。

後日、会津の藩祖にまつわる話をすこし書いてみたいと思います。


今日、これを書きながらFM放送「松尾潔のメロウな夜」(再放送)を聴いていました。とても嬉しいコメ
ントをされていて、聴きごたえがありました。詳しくは「感謝状」サイトで夢みどり様が詳しく書いておら
れます。島津亜矢さんが唄う「I Will Always Love You」のことでした。

コメントの投稿

非公開コメント

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR