二年ぶりの金沢コンサート

いま、『縁』のヒットが話題になり、You Tubeでは『想い出よありがとう』が永遠のゼロに乗せてもの凄
い勢いでアクセス数を伸ばしている。歌としては両極端のものだけど、ファンはこれが島津亜矢さんの真骨
頂だと、至極あたりまえのようにして聴いている。
ニューアルバムのリリースも近いというし、来年の座長公演も決まったというし、楽しみがいっぱいです。


むかし、こんなことを書きました・・・・・。

長兵衛さま、ふんこがすぞ様 棟梁さま、皆さまこんにちは。
ガチャピンさま昨日はお久しぶりでした。ファンの集い楽しみですね~、どうか良い思い出を。
金沢コンサートにご参集のみなさまは地元準地元のお馴染みの方はもちろん、遠く関西関東、或いは飛騨か
らも、私が存じ上げている方々だけでも数多くいらっしゃいましたから、その雰囲気は心華やぐお祭りのよ
うなもの、いや~楽しいものでございました。そして遠路はるばるお越しに成るその心意気がなんとも頼も
しい、イヤ、止むに止まれないそのお気持ちがアリアリと、と表現したほうがピッタリかな~とも思うので
すが、亜矢縛りはかくも凄いものかと改めて認識した次第。
ともあれ、愉快なひと時をご一緒に過ごすことができてとても嬉しく思っております。
有り難うございました。

さて、お客の入りも上々と感じましたがサイトで拝見する大宮や、仙台と比べてどうかとなると、各会場に
出向かれた方にお聞きするほかないのですが、ここは、度胸船様談、「良く入っているよ」です。
ところで、私にとっては御園座以来のコンサート参加でしたが、待っていた時間が長かった分済んでしまえ
ばあっけなくて、何かしら空虚感が漂っています。次はどこでどうなるやら予定は立っていませんが、あれ
やこれやの情報もあることだし、そこはそれ、無い銭との相談もあるし気が急いてもどうなるものでも無し
、ぼちぼちとやっていくほかは無いのが私の道。しばらくは、サイト情報頼みになりますから、書き込みよ
ろしくと、期待するのみ。どうかよろしくお願い致します。

まあ、我が身のことなど言ったって始まりませんから、昨日のコンサートで感じたことなどを少しばかり書
かせてもらいたいと思います。
やっぱり、何といってもあの”声“ですね~、以前から分かっているつもりでも、いざ会場で聴かせてもら
うと、かくも美しいものかと認識を新たにすることができる。選曲にも拠ると思いますが今回のコンサート
ではそれを強く感じさせる構成になっている感じました。
それと歌唱力、テクニックをテクニックと感じさせない程に練り上げられていて、聴衆はただひたすらにそ
の歌声に浸っているだけでいい。‘至福のひととき’という言葉があるけれど、きっと多くのファンの方々
もこれを求めて集ってこられるのだろうと、今、自宅に居てそんな感慨に耽っています。

あの声は亜矢姫さまでしか聞く事のできないものと改めて強く思うのですが、昨日もエピソードとして記憶
に留めておいても良いと思う出来事が昼の公演でありました。
ちょうど、「お玉」を歌唱されていて姫さまの声が高く高揚するとき、女性の声で‘キャ~~’という‘喚
き声’が会場中に響き渡ったのです。まさに絶叫に近かった。声に酔うとか、声に陶然となるとかの表現が
あるけれど、昨日のは正にこの状態から発せられた声、当然に姫さまも充分認識できたでしょうし、バンド
の皆様もしっかりと認識されたことだと思います。
これと、ほとんど同じ出来事が三年前の福井コンサートでも「I Will」を唄われている時にありました。
これは私が体験した限りですから、他でもきっとあるに違いないと思うのですが、どうでしょうか。
要は、こんなことを現出させるほどに姫さまの声は、人を酔わせる魔力があるのだとの思いを強くしている
のです。

締めくくりの曲は「俵星玄蕃」、最後を飾る圧巻の歌ですがこれを待ち望んでおられる方も多いですね~、
喝采も一段と大きくて期待に違わず素晴らしい歌声を聴かせてくれました。
ところが、‘あれッ’姫さまが身振り手振りを加えてセリフを語るその時に私の耳はどうしてしまったのか
い、ところどころ聴こえ方が不明瞭になってしまうところがある。
なんだよ、この耳、おかしいじゃないけ?この前の耳鼻科じゃ歳並みって言われたのにさ、やっぱり歳のせ
いかな?。ああ、イヤダ、イヤダ、そんなのイヤダ。姫さまの声は一切合財聴きたいからさ~、耳さんよ、
お前さんだけは私の言う事いつまでも聞いてくれなきゃ困るんだ~。私は猫耳でいたいんだよ!!
ウッヒィヒィヒィ・・・・・これ、久し振りに聞いたのでしたが・・・。


さて、コンサートの話はこの辺で措いといて、
話が大きく逸れて恐縮ですが、最近とみに思うことを少し書かせてもらいます。
日本のメディア、特に公共放送メディアは自主判断する力が乏しいのかなと感じることがあります。
外国人の評価を得ると、それに迎合してさも自分たちもそのように評価していたごとく大きく取り上げる。
それ程に自主性の無さを感じるのですが、その意味では一般大衆の方が良いものを良いと認める感性はよほ
ど高いものが有ると思うのです。ところがその方向性が一致せず如何にも口惜しい思いをする時がある。
特に音楽番組で強く感じる時があるのですが、何で、自己主張できないの?そんな疑問が湧いてくるのです
ね~。
やはり、大衆が認める相対的な価値観を共有してもらわなきゃ、何の為の公共放送かと考えさせられてしま
います。秋風が吹きだす頃にはこんな思いがますます募るのでしょうね~。

それではこの辺で失礼をば。ニャ~オ~。

以上、2012/07/27 『亜矢姫』談話室に投稿

コメントの投稿

非公開コメント

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR