『Singer2』を聴く

ここのところ『Singer2』に嵌まってしまって毎日聴いている。
とにかく全部の曲が聴いていてとても気持ちがよくて、ゆったりした気分で幸せな時間を過ごすことができ
るのである。
例えて言えば、海の見える高台の総ガラス張りの広い部屋からまったりした景色を見やりながら、このアル
バムを流し聴く、そんな雰囲気に浸りたいと夢見ることもあるが、そのような世界は自分の現実からは程遠
いからこれは夢のまた夢なのだが、なんの、このCDの効用はまだまだあって目さえ瞑って思いをめぐらせ
ば、どんな世界にだって浸ることができる。とにかく、亜矢姫の声は優しくて美しいのである。

人の声はどんな楽器にも勝るという話を聞くが、コラボして気持ちよく聴けるのはやはり双方の力量があっ
て初めて成り立つものではないかと思う。ツイッターで FTJS!(ジャムセッション講座)を主宰しておられ
る方が書いておられるが、「いいボーカリストになればなるほど、いい意味でカラオケ感覚から抜けて表現
に重点を置き始めるので、やはり歌詞は血肉になるまで暗記しないといい歌は歌えない!と、本能的に気付
いていきます」と。
そして、「でも、一部の天才的な記憶力を持った人でない限り、なかなか歌詞は覚えられない!
(余談ですが、台本を覚える役者の人たちも同じ苦労を抱えているらしい)そこで、苦労して覚えていくわけ
ですが、その結果、ある曲の歌詞が体に完全に入った時に自然と2つの表現力を手に入れています!」

1 歌詞自体の持つリズム感を感覚で掴んでいる!
2 歌詞の持つ世界観の中に一瞬で入り込める!  と、facebookに書いておられる。     
http://on.fb.me/18orQZl

こんな話から思い出すのは亜矢姫の幼少のころのエピソード。原曲は2回しか聞かせず、歌詞は15分で覚
えることを徹底させられ「覚えられないとトイレに閉じ込められたこともあった」という。お母さんはこれ
を3歳頃からずっとやっていたという。・・(むぞらしか、より)
こんな話からは、姫は天才の素地を幼少のころから植えつけられていたと言えるのでしょうが、このお母さ
んは我が娘の資質も当然に見抜いておられての過酷な訓導だったのでしょうから、プロデューサーとしても
超一級だ。

素人がカラオケでスローな曲を上手に唄うことはとても難しいことだと思っているが、このアルバム収録曲
でも「一本の鉛筆」「酒と泪と男と女」「案山子」「わかって下さい」などは詞も重要な意味をもっていて
解釈や表現が違ってしまうと、また別な歌になってしまうのではないかと思えるのだが、亜矢姫はものの見
事にその詞の世界を表現し、唄い切っていると感じる。

とくに、「一本の鉛筆」などは、オリジナル歌手の唄い方に個性がありすぎて好きでなく、それほど深く味
わったことなど無かったせいか、この曲がこれほど良い歌だと思っていなかった。それだけに、亜矢姫のは
余計に身に沁みてきて感動的ですらある。
「わかって下さい」もピアノとのコンビネーションが素晴らしくて、まさしく天才と天才とのぶつかり合い
が曲の表情をもかもし出していて、とても素晴らしいと感じる。
ピアノが時にメロディーも分からない程に淡々として響き、歌声が切なくむせび泣く、抑えた感情の表現が
優しくて瑞々しくて震えるように聞こえる。ひょっとして、亜矢姫は眸に涙を溜めて唄っておられるのかし
らと思えるほどだ。

他の、リズミカルな歌やバラード調の歌も驚嘆させるほどに説得力のある唄い方だから、こんなアルバムは
亜矢姫しか出せないのではないかと素人ながらに思うが、同録に参加したミュージシャンも、さぞかし感動
的で満足のいく演奏が出来たのではないだろうかと想像される。終わった後の感動の様子を見てみたいぐら
いだ。また、再共演も期待される。

先程の歌詞を覚える話に戻して収録曲全体を通して考えれば、 FTJS!(ジャムセッション講座)主宰者が話
される理想のボーカリストの中の一人がが亜矢姫に他ならないと思う。すなわち、天才なのである。
今回は同時録音した曲が何曲あったのかは分からないが、聴く限りにおいては「マイ・ウェイ」は薄いベー
ル越しに聴こえる感じがするから以前の音源を使用したのではないかと思える。その他は、歌声伴奏共に生
々しい音で聴こえるから、同録は残りの全てだと自分のなかでは合点して聴いている。音質も特別に良い。

今回も、アルバム製作に参加されているレコーディングエンジニアの田村行市さんが、いま歌謡界で同時録
音できる歌手は島津亜矢さんぐらいしかいないのだと、新歌舞伎座公演のDVDのなかで話しておられるが
、あれだけ乗り良く、優しく、美しく、強弱はおろか言葉の情感も込めて、聴く者を驚嘆させる歌唱は譜面
を読みながらの同時録音なんて出来るはずもないと思えるし、まして英語で唄う曲も含めての十数曲となる
と完全に田村さんの言葉に行きついてしまう。一、二曲?なら最近の天〇さんの例もあるが、この場合は比
較の対象にできない。

ところで、今回のアルバム制作に関わったミュージシャンの方で歌詞カードにお名前のある方を少しググッ
てみると、見砂和照氏はDr奏者で東京キューバンボーイズの二代目リーダーである。
 http://bit.ly/1eGp6wM  
このバンドには亜矢スペシャルバンドのマスター、貫田重雄さんも過去に参加されていたようだ。
こんな関係からもこのバンドとのご縁は深いのかも知れない。

仲間バンド『M.Project』 or『 M.M.G 』ではミッチー長岡(長岡道夫Bass)大久保あきら(Guitar)
見砂和照(Drums)田代修二(Keyboard)等の方々が演奏活動をされているようだから、まさしくお仲間
バンドメンバーの方々が今回のバック演奏の中心となられたのだと思うが、その他著名なミュージシャンも
参加されている。
ピアノの吉田弥生さんを繋いだのはどなたなのかという点にも興味があるが、レコード会社の方もアンテナ
を方々に張り巡らせて情報収集されているのだという事が解るし、接点もあるのだと思う。この役目A&R
と称される方がなさるのかしら?
 
この頃は、人気グループのバック演奏でも電子楽器を使って一人の人間が作り出してしまうケースもあるよ
うだから、『Singer2』のようにミュージシャンが奏でるアコースティック楽器を多数使い、レコーディ
ングスタジオも多数使用する同時録音などというのは最もお金の掛かる貴重なものだと言えるのではないだ
ろうか。それだけに、全ての面で期待される特別の人だけにしか与えられない気合の入った企画だと思う。

あれこれ思いを巡らせば興味は尽きないが、企画を含めて携わった全ての方々に拍手を送りたい。
そして、多くの方々に聴いてもらいたい。なにせ、亜矢姫が天才ぶりをまさしく発揮している優秀同時録音
盤なのだから、感動されるは間違いない。

コメントの投稿

非公開コメント

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR