名作歌謡劇場 ニューアルバム

島津亜矢さんが唄われる歌の世界は非常に幅広く多彩であるが、この中でも特にライフワークとして20年
にも亘って積み上げたものに「名作歌謡劇場シリーズ」がある。
ファンサイト「演歌桜・亜矢桜」の「シングル」発売詳細データーによれば、このシリーズの第1弾は「瞼
の母、C/w浪曲子守歌」で、発売されたのは1992.2.21である。以来、2012.12月の「八重
~会津の花一輪~」迄、20弾(40曲)がリリースされた。

特徴的なのは全曲セリフ入りであること、作曲者がすべて村沢良介さんであること(ただこのうちC/w曲と
された浪曲子守歌、名月赤城山、旅笠道中は既存曲のカバーであり作曲者も異なる)。また編曲はほとんど
池田孝春さんである。
シリーズの発端となった「瞼の母」は京山幸枝若さんが唄ったもののカバーだが、作曲者の村沢さん(沢し
げと)が島津亜矢のファンであると自称される程の惚れ込みようだから、このシリーズを継続させるという
強い意志を生じさせたのは、亜矢さんの歌唱力(表現力)に依るところが大きかったのではないかと思う。
もちろん、テイチクのディレクター、プロデューサー氏の企画もあってのことは当然であるが。

2月19日に、アルバム「名作歌謡劇場コンプリートベスト」と「亜矢の股旅・任侠演歌セレクション」が
発売される。「演歌桜・亜矢桜」サイトの資料によれば名作物アルバムは1995.9「島津亜矢名作歌謡劇場」
1997.11「新版名作歌謡劇場」2001.6「ご存じ 島津亜矢名作歌謡劇場」2004.8「極めつけ 島津亜矢の名
作歌謡劇場」2007.7「勢揃い!島津亜矢名作歌謡劇場」等が出ている。

こうして見てみると今度発売されるアルバムは名作物としては久々となるが、20年を経て一つの区切りと
してのベスト盤として出されるのだろう。
ただ、コンプリートアルバムとされているものの2枚組で24曲だから完全無欠にはなっていないのだが、
テイチクさんが選ぶ厳選盤という位置づけなのだろうか。とにかくこれは愛蔵盤として何が何でも手許に置
きたい逸品であるのは間違いない。  
http://bit.ly/1eOEUZM

ここに収録されない、切られ与三、沓掛時次郎、任侠吉良港、森の石松、亜矢の三度笠、三味線やくざ、は
「亜矢の股旅・任侠演歌セレクション」に収録されるから名作物の抱き合わせアルバムと捉えれば、これも
是非とも手許に置いておきたいアルバムだ。

それにしても、伊那の勘太郎、小鉄の女房、大利根しぐれ、仲乗り新三、天竜三度笠、女優・須磨子、
赤城山、浪曲子守歌、名月赤城山、旅笠道中は今回の両アルバムには収録されないから今後どのような形で
出されるのか気になるところだが、名作物も引き続いて新曲が出されていくだろうから、完全無欠盤は余程
お若い方でない限り目にすることはないのかも知れない。今は、あるもので楽しむしかない。

また、股旅ものを拾い上げてみれば1992.10「島津亜矢股旅演歌全曲集(台詞入り)」
1994.10「島津亜矢股旅名曲集」 2005.2「島津亜矢股旅名曲集」
2009.7「名調子!島津亜矢セリフ入り股旅演歌名曲集」があるが、今回のものを含めれば股旅という名の
つくものだけでも5枚を数えることになる。
股旅物は一つのジャンルに数えてもよい程に根強い需要があるのだと思うが、亜矢姫のものについては名調
子と冠のつくアルバムが出される程だから心が浮き立つほどに聴いてみたいと、そそられるのは確かだ。
任侠という独特の世界を歌で見事に演じ切ってみせる島津亜矢という歌手は、このジャンルにおいても最も
重きをなす歌い手であることは確かなことと思う。


ところで、今日の我が地方紙にNHKエンタープライズが販売するドラマ、音楽・芸能、紀行、教養番組な
どのDVDを通信販売する一面広告が掲載されていたが、ここでの亜矢姫の物は第一級のスター扱いとして
の枠取りがしてあった。物事全てにおいてこのような常識的な扱いでやってもらいたいものと思うが、ある
番組などは世間の常識とは大きく乖離している事を、物ともしていないところがあって如何にも残念だ。




コメントの投稿

非公開コメント

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR