竹吹 素川さん

素川欣也さんと言えば島津亜矢さんのリサイタルや劇場公演などでは欠かせない存在となっている尺八奏者
ですが、もちろんテレビ出演などにおいても共演されることが度々あるので、ファンの間では誰一人知らな
い人はいないでしょう。
BS朝日では、16日放送予定の「日本の名曲 人生、歌がある」で島津亜矢さんの「流れて津軽」を三味
線の金沢大成さんと共にバック演奏されるということだからとても楽しみにしている。
このお三方による唄・演奏は今回が初めてではないが、民間放送においては初ではないかと思われるのでど
んな演出がこらされるのか興味も湧いてくるというものです。

素川さんのホームページは時々覗かせてもらっているが、そのトップページに★CD「竹吹」できました。
と、そのジャケット写真が掲載されている。普段は亜矢さんの公演等を通じてしか存じ上げないが、この度
CDも出たことだし、せめてもう少し尺八のことも知りたいと思い、このCDも購入した。

・・・このCDの成り立ち紹介文は以下のようになっています。・・・
~~「還暦祝いのコンサートをアメリカでやろう!」と、
尺八演奏家Ralph Samuelsonさんの声がけで、2012年9月ブルックリンにあるルーレットホールでのコ
ンサートが実現。
「録音も!」という事でNY郊外のスタジオで録音したのがこのCDです。
尺八本曲(虚無僧の吹いていた尺八ソロの曲)を中心に構成されていますが、前記のコンサートで初演され
たNed Rothenberg作曲の「なごり」Elizabeth Brown作曲の「Isle Royale」 三木稔作曲の「孤響」が花を
添えてくれました。
普段はジャンルにとらわれず幅広く演奏活動をしていますが、僕の尺八音楽の本体は尺八本曲にあります。
~~

上に、僕の尺八音楽の本体は尺八本曲にあります。と書かれているが「本曲」とは何??、ずぶの素人に解
るはずも無いし、知っているのは民謡等の伴奏楽器として往々に演奏されているので、本来が伴奏楽器だな
と言う程度のことしか知らなかった。
調べてみると「本曲」についてはWikiで次のような説明がある。
~尺八で演奏される楽曲は多岐にわたっている。尺八の楽曲分類で大きなウエイトを占めるのは、本曲と外
曲という対概念である 。本曲は、「その楽器のみによる楽器本来の楽曲を意味し、外曲は、「他種目の旋
律をその楽器用に編曲した楽曲を意味する。~となっているので、「本曲」は本来の古典曲と言えるのだろ
う。
ニューヨークでのスタジオ録音盤は本曲を中心に11曲収録されているが、聴いてみると尺八に対する自分
のイメージがガラリと変わってしまう程の鮮烈な印象を覚えた。まさに、クラッシック、日本の古典芸能の
真髄がここにもある。いわゆる心が揺さぶられ芸の深奥を垣間見せてくれる思いがするのである。
例えば「巣鶴」、詳しい説明を知るわけではないが、巣を守る‘つがいの鶴’が鶴舞をしながら嬉嬉として
鳴き合う様を表現しているようで、いかにもその状景が目に浮かぶようです。感興に誘われてとても素晴ら
しい。
他の曲についても感じるところはあるけれど、ここでは省略します。
このCD、入手するのに多少の日数はかかりますが、お値段も手ごろで価値ある1枚と思いますので、興味
のある方は是非お聴きになって下さい。

ところで、素川さんの演奏については以前、島津亜矢さんがどこかの公演でべた誉めされていたのを思い出
しますが、you tube で他の方の演奏を聴き比べても人それぞれで、ニュアンスもかなり違っている。
端的に言えば素川さんの場合、吹き染む、吹き澄ます、吹き荒ぶのメリハリが顕著で聴く方の感情も揺さぶ
られ度が強いと感じる。亜矢姫の褒め言葉はその辺のところを捉えてのことかもしれない。
また、尺八も製作(商品)されるし、イラストも大変お上手でCDジャケットの画もご自身で作成されてお
られる。
オーケストラアジアの楽員でもあり、本来、大先生でありマルチな才能を持つタレントさんでもあると言え
るのでしょう。
ギターの斉藤功さんがご自身のホームページで素川欣也さんのことを「 尺八界では一番おちゃめな人です
でもプレイは最高 一見田舎の おじさん」と評されている。こんな事からもお人柄が偲ばれますが、きっと
亜矢姫も大好きなお一人なのでしょう。
今年の新歌舞伎座から明治座まで素川さんもご出演されるようですから楽しみです。本曲の中一曲でも聴か
せて下さると嬉しいのですが欲張り過ぎですかね。

素川さんと共にご出演の多い、金沢大成さんは津軽三味線民謡教室を主宰されておれれるようですが、お父
さんの名を襲名されておられるようです。こちらもリサイタルもこなされる三味線の先生ですが、出される
音色はとても響きがよくて好きですが、きっと亜矢姫もそうでしょうからご縁も長く続くのでしょう。


《尺八で少し調べたこと》
尺八はノンリード、無簧(むこう)とも呼ばれる。薄片を用いず、空気を絞りビーム状にしてエッジに当て
振動させる。単に音を出すだけでも熟練を要するのが欠点だが、ビームの形状、角度に対して奏者がコント
ロールできる幅が広いため、音量・音色・音高・音域の幅が広い。コンサートホール・劇場・屋外向きの楽
器。音は12音2オクターブが出せるそうだが、更に1オクターブも出せるらしい。だから、ピアノの鍵盤
3オクターブ分全ての音が出せるという事になる。

《下はサックス奏者のブログ記事》
吹き込む息をしっかりとマウスピースに通そうとすると、「息の柱」を作ってやる必要がありますし、腹式
呼吸を使ってその息の柱の硬さや太さをコントロールして、圧力のかかった息を楽器に吹き込む必要があり
ます。
・・・このような記述を読むと、素川さんの場合瞬発的に強い音を出す奏法がとても上手に思えるが、長年
の操練によって身につけられた奏法なんでしょうね、いや、これは単なる素人の感想です・・・

《尺八、三味線の数え方覚え書き》
しゃくはち 尺八 [→ 楽器] 一管、一本、一口
しゃみせん 三味線 [→ 楽器] 一挺[一丁](ちょう)、一棹・一竿(さお)

コメントの投稿

非公開コメント

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR