コンサートで感じたこと

いよいよ押し詰まって参りましたが、何方様も気忙しくお過ごしのことと存じます。
お健やかに歳末を迎えられますこと何よりのこととお喜び致します。また、来る年もお健やかで幸せな年となりますよう心からお祈り致します。
さてこの一年、こんな拙いブログをご訪問下さいまして誠に有り難うございました。さして意味のない雑文ばかりで、ご披露できる新鮮な情報にも乏しかったのですが、ある意味、自己満足の慰み事と考えていますので、このまま続けて行きたいと思います。これからも、偶にお立ち寄り下されば嬉しく存じます。


つい先月のことですがこんな事を書きました・・・・・。

金沢コンサートから早一週間です。もたもたしているうちに日にちの経つのが早い早い。
‘ふうてん’も先月は金沢、先々月は多治見と、それぞれの地での亜矢姫コンサートに出かけてきました。
二か月続けてコンサートに参加出来るなどという事は、猫奴にとってはごく稀なことなのだが偶然が重なってそういう幸運に恵まれました。

さらに金沢では昼夜の公演を楽しむことができたし、遠来の亜矢友さまも多数お越しで、諸々の話に花が咲いて久々に楽しく過ごさせてもらったことは、良い思い出になりました。
やっぱりね~、姫さまの唄は連続して2回も聴かせてもらっても、その歌声に酔わされてしまって進行がとても速く感じるのですが、人間誰しも酔わせてくれるものには目がないし、良いものに触れさせてもらうについては多少の労力は厭わない。
その心意気で乗り込んでこられたお客さまが多かったと思えますから、いつものように会場の熱気は凄かった。そして充実した感動と満足感が得られたコンサートでした。

ただ、例によって早く終わりすぎるとの感はありましたが、姫様はちゃんとメニューをこなされているからそれ以上は無理というもので、欲を言っては姫様が困りますね~。いや、こんなこと口に出して言った訳ではないから姫様には迷惑は掛かっていない。
しかし、ここで少しばかり満たされぬ思いも少し書いてみたいと思うのです。
これからの事は猫奴が感じたことで、多くの方々の賛同を得られるとも思いませんが、こんな思いを持つ者もいると知って下されば嬉しく思います。

コンサートの後半では、姫様は昭和の懐メロを唄いながら会場廻りをされますが、お客を喜ばせる愛嬌溢れる口上を交えながらのサービスは姫様ならではのことですね。それも急な階段を登りながらなさるんだ、普通は階段を降りながら握手する光景はテレビで見る事があるが、それとは逆なことをなさる。
体力を要するだろうに、それを厭わずにやりこくる姿を見るとひょっとして異星人ではないかと思ってしまうがサポートするマネージャーさんの力もあるから、それは思いが飛びすぎているか?。

しかし、あの美声と歌の上手さと類い稀な身体能力を併せ持っておられるから、それだけでも驚異だが会場廻りでも歌が微塵もブレないんだからなおさらに異次元の方であるとの思いは深い。
人も羨むある熱烈ファンの方が「私にとっては教祖様みたいなものだ」とつぶやいた言葉が忘れられないが、教祖様ともなれば人を引き付けて離さないその力は絶大です。
やっぱり、亜矢姫は妙音天・美音天とも呼ばれる弁財天様に近いのでしょうね~。いや、現人神か?。

前置きが長くなってしまいましたが、これからが主旨です。
後半で会場廻りしながら唄われるのが昭和の歌、懐かしい歌がありますね~、待ってましたと声が掛かるときもある。しかしねえ、猫奴には残念でならない感情をもってしまうことがあるのですね~。
入場の時には‘むぞらしか’のパンフレットが配られて、この中にはこれまでに出されたシングル曲やアルバム、リサイタルDVD、劇場公演DVD、BS日本のうたシリーズ、SINGERシリーズなど各ページは多彩に彩られている。シングルジャケットも飾られているが、これらの歌、ファンの方なら何方も耳に馴染んでいる歌ばかりだし、アルバムの中に収められている曲も隅から隅まで聴いているから馴染みがある。

それなのに、何で他人の歌なのか、何でご自身の歌を歌われないのか、先ずこれが素朴な疑問だ。
姫様の歌の上手さは誰しも承知だから、いまさら、そう何曲も他人の曲を唄ってくれなくても猫奴の場合は構わない。昭和の歌なら名曲を数曲でいい。持ち歌に好い曲(全て好い)いっぱいあるのに、なぜそれを聴かせてくれないのか、聴かせて欲しいという思いが募って仕方ない。

あすなごころ、ふたりの人生行路 、愛たそがれ、幾山河、夢見鳥 、天竜三度笠、わたしの乙女坂、愛冠岬
人生川、思い出よありがとう、カップリングのB、その他、山ほどあるのにほったらかしにいている曲が多いと感じますね~。船村先生のような、歌供養なんてまっぴらご免だ。
もっとも、供養はされていないからこれから少しづつでも唄って下さることを期待することにします。
畏れ多くも姫様に文句は言えないから、ここでニャーニャー言ってるだけだが、真に向きを変えて欲しいと願いたいのは、コンサートの構成をされる方だ。

テイチクさんのスーパーバイザーさんももおられるのだから姫様の楽曲にもっともっとモーションをかけて販売増につながる方策も考えて欲しいと願うんだ。売れる人には大いに力を入れる、これ経済の鉄則だと思うのですがね~。そうすりゃJVCの株主も喜ぶし、社長さんも喜ぶに違いない。
姫様が天下取れば世の中万々歳で、誰でも幸せになれる。今まで聴いていなかった人も、一声二声聴けば眼まんまるにして、ぶったまげるに違いない。いや、違いないどころか絶対にそうなる。

ちょっと、ニャーニャー、ギャーギャー騒ぎすぎましたね。
バカ猫奴とお叱りになられませんように、よろしく願いしたいもんです。

以上、2014/11/05 『亜矢姫』談話室に投稿


コメントの投稿

非公開コメント

宜しくお願い致します

ふうてんの猫様

ありがとうございます。

拙ブログを読んでいただいていたとは
赤面の至りでございます。

古くからのファンでいらっしゃるであろう
猫様のこのブログは亜矢姫ファンになって
以来読ませて戴いています。

他のサイトの「亜矢さんの事」なら
何でも・かんでも大絶賛一色とは違い
猫様のこのブログは
「良い物は良い、悪い物は悪い」
と言う姿勢に賛意を覚えると共に
亜矢さんに対する深い愛情を感じます。

『想い出よありがとう』
時代が時代であれば大ヒット間違いなし
の歴史に残る名曲だと思うのですが
余り歌ってくれません。
とてもハガユイ思いです。

これからも気が向きましたら
拙ブログをご訪問いただき
コメントでも落としていただき
ご指導いただきましたら光栄でございます

どうぞ宜しくお願い致します。

コメント有り難うございます

TARK5様初めまして。
今後ともよろしくお願いいたします。
ブログ拝見しておりますが、熱い書き込みが成程成程のことばかりで力強いファンの登場に気分も高まります。引き続き思いのたけの記事を期待しておりますので、よろしくお願いいたします。

持ち歌歌唱の件、このように書いたもののコンサートでは亜矢姫を深く知らない方もおられる筈ですから、程度問題は残りますがカバー曲も歌わざるを得ない側面もあるのかな~などと思いなおしたりしています。
しかし持ち歌に名曲が多々あるのですから、それをほったらかしにするのも、もったいないことですね。
「BS 人生、歌がある」で永井龍雲の「暖簾」が歌われていましたが、私は「夢見鳥」をコンサート聴かせてもらった記憶がありません。これをハンドルネームにまで使っておられる熱いファンの方がいらっしゃるのに真に残念な状況になっていると思います。

TARK5様が仰るようにファンがもっと大きな声を上げなければならないのかも知れませんね。you tubeの「想い出よありがとう」も、ついに100万回超えました。テイチクさんどうするのと、じれったい思いが募るばかりです。
お返事遅れて申し訳ありません。

同感です

猫奴さま
TARK5と申します。初めてコメントさせていただきます。
おっしゃる事100%同意いたします。
私も亜矢さんには何の不満も無いですが、
取り巻くスタッフにはかなり不満があります。
ファンの為にも、もっとたくさん持ち歌を歌って
欲しいものです。良い持ち歌がたくさんあるのに
いまのままでは宝の持ち腐れです。
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR