長編歌謡浪曲「瞼の母」

むかしでは無いむかし、こんなことを書きました・・・・・

長兵衛様、ふんこがすぞ様、皆様今晩は。
今夜(2015.4.5)放送のあった BS日本のうたSP「魅力満載!スペシャルステージ特選」において
長編歌謡浪曲「瞼の母」が放送されました。BS日本のうたが衣替えするにあたり、旧番組のよいと
こ取りで集大成した番組でした。
番組の始まりからベテラン、大物歌手を主にして編成されていて我らが崇拝して止まない大物歌手、
島津亜矢さんといえどもこのなかには入れないのかしら、さすがお堅いNHKさんだなと、半ばあき
らめに似た気持ちで視聴を続けていたのですが、なんと番組終盤になって川中さんのジャンル紹介に
応じて森山愛子さんが「なんと!1曲で19分3秒の歌謡浪曲です」と紹介、これにジェロさんが朝
の連ドラより長いですと応じる。

そうです、平成20年9月21日に放送された、呉にて収録の島津亜矢さんと中村美律子さんとの共
演による名編『瞼の母』でした。それもノーカットです。いや~ビックリするやら、嬉しいやら。
それはもう、今日の放送の核心を成すものと確信しましたが、やる時はやる、これがBSスタッフさ
んだと拍手喝采。
NHKさんの粋なはからい?いや、芸の真髄はちゃんと見極めておられる。これだから信頼できる!

これからの新番組、伝統の積み重ねがあるから良いものを見せてくれるものと期待したいですね。
明日にはちゃんと有り難うございましたと電話しなくっちゃ。

以上、2015/04/06 亜矢姫『談話室』に投稿

この、「瞼の母」の呉での収録は平成20年8月だったと思いますが、幸運なことに家内共々参加す
ることが出来たし、福井、大聖寺、金沢、広島の熱烈ファン様とも大和ミュージアムなどをご一緒に
見学するなど、いろいろの思い出を残すことが出来ました。
そして夕方となり、収録の会場近くでは全国から集われた顔見知りのファン様ともご挨拶、まさに心
は浮き浮きで気分は高鳴るばかりの状態でした。
収録後の会食では、私にとっては特別なハプニングも・・いやはや忘れ難い。収録前から収録後、翌
日と私にとっては一期一会と言ってよい程の思い出深い収録参加となったのでした。

放送後は感想をファン掲示板へも書かせて頂きましたが、後日このブログへも再掲しましたので下に
アドレスを貼り付けます。お目通し下されば嬉しいです。
 
  BS日本のうたin呉スペシャル

  熱い人々・“ ふうてんの猫 ”の見聞録

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ドキドキしながら書き込みしてます!

只今、私初体験中(笑)
こうやってコメントするの初めてなんですよσ(゚ー^*)

一種の告白みたいで照れますが…
ふうてんの猫さんの言葉の選び方好きだなって思いました。

素直な言葉って印象でストレートに言葉が溶けこんで来るというか☆
単純にすごいなとも思いました(;≧∇≦)

私…もうずっと良い事なくて。。
自暴自棄までは行ってないんですけどほぼ近い状態で(汗)

だから思い切って連絡しました(。?∀?。)
迷惑であればコメント即消してくださいね。

緊張しながらも楽しみにふうてんの猫さんからの連絡待ってます(=^_^=)
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR