見果てぬ夢

島津亜矢さんの30周年記念リサイタル、端的に言えば30年の歩みの中で携えてきた歌の数々をか
けがえのない財産として、いとおしく唄って聴かせるという内容だったと思いますが、多数の曲を網
羅したがために、それぞれを端折って唄うという高等ワザを駆使しなければならなかった訳でした。
おおかたの聴き手はその全ての歌を聞き知っている訳ですから短縮して聴かされても、歌の中に浸り
きるという満足感は得にくかったのではないかと思われます。いや、少なくとも私はそうでした。
ただ、変則的に連続歌唱するという驚異の凄ワザを目の当りに出来た事については、これはこれで記
憶に留めなければならない事ではあったと思います。

他には少しのカバー曲も交えましたが、これも歩みの中の一歩と考えれば歌手人生そのものを表現し
たと言えるかも知れません。全体的な印象で言えば亜矢節ともいえる演歌・歌謡曲調の歌に重きがお
かれていたように感じましたが、30年を越えてこれからのことを思う時、これまではあまり唄われ
てこなかった、調子の優しいポップ調にも通じる持ち歌も大いに唄って頂きたいと思うのです。

例えば、「小春日和」「想いで遊び」「白鳥の春」「女は男の言葉で変わる」「彼岸雪」
「雪待鳥-絹の章-」「わたしの乙女坂」「旅愁」「想い出よありがとう」「はにかみ」「三日の宿」
「明日があるなら」「日本列島二人旅」「夢見鳥」「風の祭」「おきな草」「追憶の破片」など、
少し拾い上げただけでもこれだけあり、他にもあるでしょう。
ちなみに、これらの歌は『30周年大全集』にも収録されていませんから、いずれ別企画でアルバム
化してもらいたいと希望だけはここに書いておきたいと思います。
熱い熱いファンの方々は如何な思いをされておられるでしょうか、問いかけてみたい。

イメージの偏重、固定化は活躍の場を狭くしてしまいかねないと思うので、亜矢姫さまには現在の路
線は踏襲しつつ、持ち歌も含めて、歌の間口をもっともっと広くしてもらいたいと思うのです。
三波春夫さんの歌謡浪曲においても、現在唄うことを封印しておられますが、氏が遺された歌謡浪曲
は格調が高く、その芸術性においてもこれに比肩できるものは他には無いと思われ、歌謡史に残る貴
重な財産になっていると思います。
亜矢姫が唄っておられるのは五曲だと思いますが、その真髄までも歌いこなせる方は部分的にせよ直
伝を授かった亜矢姫を措いて他にはいないと思います。よって、機が熟せば新しいものも取り入れて
唄って頂きたいと切望します。
これ、テイチクさんの事にもなるからディレクターさん、よろしくお願いしますと申し上げたい。
『Singer3』がアレンジも含めてあまりに素晴らしいので、ついつい欲がでます。

リサイタルでは過去30年を振り返って一つの節目とするような構成と演出だったように思いますが
、密かに期待していた未来への展開、展望はほとんど秘されたままでした。
そう言った意味では、節目を越えての躍進が大いに楽しみになった訳で今後の動向が注目されます。

リサイタル観賞のあと、こんな事を書きました・・・・・。

長兵衛様 ふんこがすぞ様 亜矢友の皆様 こんばんは。
永らくご無沙汰しておりますが、皆さまご健勝にて亜矢姫の応援を続けておられるご様子なによりで
ございます。私奴もこの度、亜矢姫さまのリサイタルに東京、大阪と出かけてきましたので、その感
想など少しばかり書かせて頂きたいと思いますので、お時間があれば少しばかりお付き合いのほどよ
ろしくお願いいたします。

さて、リサイタルと名の付く公演は2011年以来ですから丸4年ぶりになります。
ここからは、ちょっと調子を変えてザックバランの猫弁で書かせてもらいますので、よろしくです。
座長公演が入ってきた関係からか、しばらく途絶えていたので久々のリサイタルに対する期待感とワ
クワク感はかなり大きなものがありました。
過去には幾多の名演、名唱がありましたからねぇ~。“おつう”では空高く舞い上がって我が家の上
を行きつ戻りつサヨーナラーを叫び続けて、別離を悲しむ声が観客の感涙をさそった。思い出すなぁ
~あの声。
それに“お吉”や“お七”“お徳”もあった。“お徳”では舞台に汽車も走ったし、最後は扇が蝶に
なって三途の川を渡っていきましたねぇ~、ああ、お徳可愛いや・・・。
いや、名作歌謡劇場だけでなく歌においても年々キャパを広げ、進化と深度化をさせて有無を言わせ
ぬエンターテイナー性を発揮してきたから、ファンは信頼しきってついていく訳ですねぇ。
そんなこんなだから、どの公演でも終演後の観客の興奮と紅潮した顔が、来年も絶対来るぞと顔を見
合わせて言わず語りに約束したものだ。

そして今年の会場は5千人を収容するという東京国際フォーラムホールA、名古屋センチュリーホー
ル、大阪フェスティバルホールと続く、大劇場を舞台にしての一大公演だ。五千人の人波ってどんな
んだろう一度見てみたい、大阪のホールは音響の良さでは名だたるものらしいからここで聞いてみた
い、いやが上にも気持ちは昂ぶっていた訳ですよ。

かくして、いよいよ10月22日。
フォーラムの前広場は雲霞のごとくの人だかりだ、いや~凄い、列を作って少しづつ進んではいるも
のの、後から後から人が湧き出てくる感じでいつになったら果てるやら、こんなの見たの初めてだ。
これにゃ田舎の‘猫’も尻尾丸めにゃならんほどのビックリでしたねぇ、こりゃもう後々の語り草に
しなけりゃならないと小さい頭と目に焼き付けましたよ。
それにしても、皆さん年齢は高そうだ。う~ん、この方々長く生きてる分、酸いも甘いも見極めはシ
ビアだから胡散臭い芸には騙されない。この方々が志向するものには、とても信頼がおけるんだ。

あ、そうだ、亜矢姫さまは「THE ROSE」を唄う前に客席を見渡して、「SINGER」とい
うアルバムをシリーズで出していますが皆さま「お聞き下さってるかどうか」と、疑問符付きで話さ
れたが、亜矢姫さま!!年寄を見くびっちゃいけませんよ!!この頃の年よりはキャパが広いんだか
ら何だって聞きますよ。
カラオケでは井上陽水だって唄うんだから、もっとも‘猫奴’のように唄えないのも中にはますがね
。このアルバムまるごと聴いていると、姫さまの声が天使の歌声に聞こえてきて、それはそれは気持
ちがいいんだ。アレンジもとてもよいからオーディオ的に聴くにも、もってこいのアルバムなんだよ
ね~。‘猫奴’などは聴く頻度から言えば一番多いですからね~。
話が横へそれまして、ご免。イヤ、姫さまがあんなこと言うからいけないんですよ。

そこで、今回の公演の感想を少しばかり。
久し振りのリサイタルだからと、観賞させてもらうに当たっては勝手にあれこれと期待を込めて想像
していたんですよ。想像するのは勝手だから誰にも文句は言われないけど、それが外れりゃスカタン
もいいとこで、素人の浅はかさを自身で笑うしかない。
今度の名作劇場は「瞼の母」だと漏れ伝わっていたから、どんな新趣向がみられるのだろうか、過去
に亜矢姫は演じておられるし、NHKBSでもコラボによる名演があったし、さて今回はどんな新趣
向がこらされるのかしらと、思いはあちこちとめぐらせましたね~。
村沢先生がついておられるから、もしかして忠太郎語りの新曲でも披露してくれるのかしら。そうな
りゃ、この話にも新味が加わって違った楽しみもさせてもらえるのにな~、などと、得手勝手なもの
ですね~。な~に、夢ですよ夢。

劇仕立ては概ね、昔と一緒だったように思えるけれど、特にうわ~、こりゃ上手いと感じたのは忠太
郎が三度笠と道中合羽を手に、去って行くシーンだった。
階段を登りつ振り返って止まり、また踊り場まで行って振り返る。動と静の間の取り方がとても素晴
らしくて万感胸に迫りましたね~。あれを見せられりゃハンカチを目に当てた人も多かったに違いな
い。

新しいものとしては「一本刀土俵入り」が披露されたけれど、東京では名作歌謡劇場物か歌謡浪曲か
‘猫奴’には判別がつかなかったが、大阪で再び聴いて思うに、あれは二葉節による歌謡浪曲だった
に違いないと思えましたね~。
姫さまのブログで「新しい私にちょっとだけ期待してください」と、あったのは、この事だったので
しょうか。歌謡浪曲は三波さんの物以外は無かったから今回のものが新境地を開くものになるのかし
ら、そして長編歌謡浪曲として発表されるのかしら、これを知っているのは姫さまのお心ばかりだ。

さて、東京公演の第一部での「怒涛の30曲メドレー」についてだ。
息も切らせず一気に30曲を歌いきるなんて、まさに超人技だと思うのだが、その歌い方がこれまた
凄かったんだ。曲目を短いフレーズに端折って継いでいくのだが、それが、歌にAメロ、Bメロ、C
メロとあるとすりゃ、BメロかCメロ(この辺は不確か)あたりを唄って継ぐのもあったし、名作物
でもセリフだけというのもあった。こんなの見聞きしたのは初めてだが、こんなことプロなら誰でも
出来ると思ったら間違いだと思う。

姫さまは才能豊かで、天才は持って生まれたもの、鬼才は努力で成し遂げたもの、そのどれもお持ち
だと思うが、それに今回は新しい才能を見せてくれたんだ。“奇才”ですよ“奇才”。そう、世にも
珍しい才能で、世にいうアクロバットだ。
姫さまは‘才’の付くものなら何でもありのような気がして驚くのですが、しかし、大変だったろう
ね~、姫さまもバンドさんも。

こんな様子だったもんだから、同行の相棒はあまりの目まぐるしさに酔っ払い気味になっちまって、
何が何だか解らない、歌を聴いた気分にならないと言うんですよ。挙句の果ては、もう大阪も行きた
くないって言い出す始末。これにゃ、ちょっと困った。手配事項はみんな済まさせてあるし・・・
そうだな~猫奴ら田舎もんだからさ、なにせ忙しいのにはついて行けないな~と慰めるしかなかった
。猫奴も正直満足ではなかったから、同情もひとしおでしたねぇ~。
こんな者は、5千人の内の二人だけだっかも知れないけれど、それならそれで我慢すりゃ済む。
まあしかし、大阪は良かったんだ。曲の間にMCも入って落ち着いて聴けたし、まるで様子が違って
いた。姫さまの唄声も超の字を付けねばならない程の極上で、今度はこれに酔っ払っちまった。
相棒も現金なもので、とっても良かった、来て良かった、また来たい、と、のたまうから、こち猫は
ヘッヘーとへりくだった次第。(東京で泣き言いったくせに、何いってんだ!)
それにしても、フェスティバルホールはもの凄く音が良かったから、唄う姫さまも気持ち良かったで
しょうねぇ~。

長くなると迷惑がかかるから、この辺で止めにさせて貰いますが、あと一つだけ。
姫さまの話によれば星野先生の見果てぬ夢は“海で一生終わりたかった”ということらしいが、しが
ない‘猫奴’にも、もう一つ夢があるんだ。
それはね、三砂和照さんや、前田憲男さんとのご縁はあるから、この方々が率いるバンドと亜矢スペ
シャルバンドが共演して姫さまの特別公演が出来ないものかしらと夢を馳せているんだ。
さしずめの会場は武道館あたり。夢ですよ、夢。夢はでっかい方が良いに決まっているからねぇ~。

亜矢姫さまにとっての三大劇場での一大公演、どこも満員で大成功。目出度いですねぇ~。今後ます
ますのご発展をお祈り致しておりやす。あれ!

好き勝手な言い草が多くて、お気に召さない向きもあったかと思いますが、ご寛恕の程よろしくお願
い致します。それではこの辺で、失礼をば。
そうだ、NHKさん今年は間違いを起こさないだろうねぇ~。頼みますよNHKさん。

ふうてんの見果てぬ夢  2015/11/07 『亜矢姫』談話室に投稿





コメントの投稿

非公開コメント

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR