昔の口説きごと

ご訪問下さった皆様明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年暮れの大雷で当地区の架線ケーブルが大きなダメージを受けて、ダウンしてしまいました。
その後回線は復旧したもののマイパソコンのLANの受け口は壊れてしまってWeb世界とは無縁の
世界になっていました。本来大したことが出来る訳ではないのですがディスプレイの前にいる時間だ
けは、なんとかオタクに近かったかも知れないので、久しぶりに一時代前の生活に戻って、なんとな
く手持無沙汰な時間を過ごしましたが、たまにはこんなのも良いかな思ったりしています。
ともあれ、仮の復旧はできましたので拙いブログですが続けさせて頂きます。今後ともよろしくお願
いいたします。


平成17年、この年は紅白を取り上げてBSディベート番組まで放送され、また華々しくスキウタ投
票まで行われて、さぞかし大改革が行われるのであろうと期待したのでしたが、結果的には“泰山鳴
動して鼠一匹”どころか蟄居の虫さえ出ませんでした。かくして、紅白は旧態依然のまま粛々と行わ
れたのでした。

むかし、こんなことを書きました・・・・・。

今日は私のグチも少し聞いて頂きたいと思いましてしばらくおじゃまさせて頂きます。
紅白に関して、NHKWebに公開されている今回の選考基準は2点です。
(1)「スキウタ~紅白みんなでアンケート」の結果を生かし、昭和・平成の名曲を味わうとともに
   戦後60年を歌で振り返る。この企画をするためにふさわしい歌手。
(2)CD,DVDなどの売り上げ、「NHKのど自慢」での予選歌唱曲のデーター、有線カラオケ
   へのリクエスト数などについての調査から総合的に活躍が認められた歌手。

~(1)男女とも発表されたこのメンバーがNHKの企画に添う歌手だそうな。私なんか知らない人
が多すぎます。従ってどんなことになるのかチンプンカンプンですね。まして、大声を上げて世間を
騒がせた‘スキウタ’投票結果もどのように反映されているのか、結局は世間をお騒がせしただけの
ように思えるのです。私が今の流行り歌に無知なだけなのかも知れませんけれど、自分に合わないも
のは視聴する意欲も湧きません。
A3上質紙多色刷りで多額の費用をかけて‘スキウタ’実施する値打ちがどこにあったのか、また鳴
り物入りで実施した‘BSディベート紅白歌合戦’におけるコメンテーターの意見はどう反映されて
いるのか、またこれのアンケート参加した人、視聴者の思いはどのような形で反映されたのか、演歌
・歌謡曲ファンの私にとってははなはだ疑問だらけ不信感だらけです。

結局これらに参加した人たちをコケにしただけとしか思えません。そんな訳で、全く私の欲求不満は
満たされません。まあ、NHK様にはこれらの事を電話し、演歌系の特別番組の編成を要望しました
が、そんなことは所詮ヌカに釘、電話担当者に怒っても仕方ありませんね。それにしてもプロダクシ
ョンのゴリ押しがまかり通っているような気がしてなりません。 
腹立ちまぎれに受信料は集金に変えましたが、それでも腹の虫は治まりません。まあ、しばらくこれ
で行きます。紅白なんか、見なければそれで済んでしまいますので。
早く亜矢ちゃんに出て頂けるような全うな世の中になってもらいたいものです。

~(2)これのデーターの取り方も片手落ち、CD,DVDの売り上げは所詮外部データー頼みの気
がするし、アルバムの売り上げ或いはコンサートなどでの販売はカウントされているのでしょうか、
枚数では今時の若者好みの歌の売り上げとは比較出来ないと思いますが、演歌歌手の中ではかなり多
いのではないかと思うのですが、違っているのでしょうか。
有線カラオケへのリクエスト?それでは、カラオケよりはるかに高いチケットを買ってコンサートに
出かけた人達の員数はどうカウントされているのでしょうか。そんなことは考えもしない??。NH
Kさんも所詮マンネリ化で、思考に斬新さはないようですね。こんなの、もう、どうしょうもありま
せん。
それでは、今夜もまた亜矢姫のCD聞いて寝ることにしよ~っと。失礼いたしました。

以上、2005/12/1 亜矢姫倶楽部に投稿

2010年12月29日、NHKBS2では午後7時30分から11時30分までの4時間に亘り、
「夢の紅白、名歌手たち、名勝負・名対決」という番組が放送されました。
過去60回行われた紅白の中から選りすぐった曲を、男女、或いは東西、或いは天国からと対決パタ
ーンを変えながら聴かせてくれる番組でしたが、懐かしい映像もあって結局4時間の間の全部を見て
しまいました。(やっぱり、昔はよかったな~と実感)
そして、番組のトリは三波春夫さんと美空ひばりさんの対決。
歌は「チャンチキおけさ」と「悲しい酒」、「俵星玄蕃」と「柔」4曲とも非常に聴きごたえのあるものでし
た。ひばりさんの歌は2曲とも白黒映像で「悲しい酒」ではセリフはありませんでしたが全く正調と思
えるもので、新鮮でした。
「俵星玄蕃」はフルコーラスに近かったように思いますが、何れにしてもこれら4曲とも亜矢姫はカバ
ーされていますのでとても印象深く聴かせてもらいました。三波さんも俵星を歌い終わった後は深い
ため息が出て、この曲が如何に力を要するものであるかをまざまざと感じさせてもらいました。そし
て、歌コンでの亜矢姫の8分30秒あまりの歌唱が如何に素晴らしいものであったかを、いまさらな
がらに思い知ったことでした。

コメントの投稿

非公開コメント

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR