新歌舞伎座公演・大団円

6月、7月と東西の老舗大劇場の舞台に連続して立つ島津亜矢さんの特別公演。
先駆けとなった新歌舞伎座における27公演は二十日間という長丁場を乗り切って6月23日に無事
千穐楽を迎え大成功裡のうちに大団円となりました。
ご出演の皆様ほか関係者ご一同さまには安堵と満足感を覚えておられることとお察しし、ファンの一
人として陰ながらお慶びを申し上げたい気持ちでいっぱいです。

両劇場からの懇篤な要請があったにせよ2ヶ月連続公演というのは島津亜矢さま及び関係者の皆さま
にとっては初めてのことであり大きな賭けであったに違いないと思えます。
客待ちの公演ですからその成否は幕を開けてみなければ分からない。きっと諸々のプレッシャーが心
をよぎったに違いないと思えます。何事にも謙虚な亜矢姫さまですが、相当に躊躇された上での決断
ではなかったかと想像されます。
しかし、「案ずるより産むが易い」の言葉通り、劇場側の思惑は見事に当り連日多くのお客を集めて
双方目出度し目出度しの結果となったことは、亜矢さまにとって何より嬉しいことであったに違いあ
りません。

この公演では熱い思いのファンの皆様の後押しがあったし、多くの隠れファンの方々もおられた。
その他、亜矢姫さまの名声に呼び寄せられた一般客も多くおられた。そんな様子がファンが集う掲示
板やブログ等に多く掲げられました。

7月は首都公演ですが、大阪での実績を踏まえれば成功間違いなしと思えます。亜矢さまも余念を挟
まずに芝居に歌にと力を集中されるでしょうから、ますます円熟した芸が披露されることでしょう。
明治座公演を心待ちになさっておられる方も多いと思いますが、後しばらくで思いが成就しますね。

 
さて、私は三日目と千穐楽を観賞させてもらいましたが両日とも期待通りの楽しみを享受することが
出来ました。
ただ、お芝居においては日替わりで少しづつ変化があったとの掲示板情報も得ていましたが、三日目
と千穐楽では何がどう変わったのやら、うろ覚えのところもあって皆目見当もつきませんでした。
リピーターさんも多かったでしょうから、少しづつ変化をつけて楽しんでもらうという手立てがあっ
たのかも知れません。

このお芝居の最大の山場は、左トン平さん演じる‘藤七’が人としての情に葛藤して選んだ道が孫娘
に対して、果たして良かったのか悪かったのか、‘お紋’はどういう返事をくれるのか、・・・
この辺りからのやりとりが情にほだされる場面で、見ているほうも感情が激して涙が自然と溢れ出る
・・・これが三日目に見た芝居でした。
しかし、千穐楽ではセリフは同じはずなのに、感情の同化や高ぶりが起きてこない、というより稀薄
になっている。なんでこうなるのか、気が付かないところで何か変化があったのか、それとも自分が
見慣れたせいで感激が薄くなったのか、ここのところがよく解らなかった。
ここの感想は同行した連れ合いも同じだったから、あながち自分だけの感性が鈍っていただけとも思
えない。
・・・東京のお客さんにも感涙に咽んでもらいたいと思うから、ここのところは最高の演出、演技を
披露して頂きたいと切に願っています。

ところで、歌い手さんの劇場公演といえば劇場側のお仕着せかどうか知らないけれど、お芝居と歌謡
コンサートの2本立てとういうのが定番になっていると思います。それはそれで伝統のある仕立て方
だと思いますが、いささかマンネリに過ぎないかしらと疑問に思えるときがあります。
いつぞやの公演の時のように、歌謡コンサートだけをリピートで観賞される方もおられるから、その
ようなファンの欲求を満たす何か新機軸なものを創案して上演して貰えないものかと考えたりするこ
ともあります。

近年、NHKテレビで放送された、片岡千恵蔵主演の映画『鴛鴦歌合戦』を見ましたが、コメディー
仕立てのミュージカル時代劇になっていて、とても見応えがあって面白いものでした。1939年頃
にこんな斬新な発想があったことにも驚きました。
亜矢姫さまの劇場公演も、姫さまの特質を生かした独特のものを創り上げて欲しいと思うのですが、
如何でしょう。スーパーバイザーという力持ちもおられることですから、その気になれば何でも出来
そうに思えるのですが、やはり先頭を走るのは亜矢姫さまであって欲しい。

さて、歌謡コンサートですが、いつものように洋楽も取り入れての圧巻の歌声を聴かせてもらいまし
たが、とても素晴らしかったと思います。
ただ、姫さまの場合は持ち歌の多彩さから、どこから取り上げても千変万化のパフォーマンスを披露
して頂けるはずですが、如何せん限られた時間内では個々人が望むものをすべて満たして貰うのは無
理な事で、その日演じられ歌唱されたものを思い出として記憶に留めるほかは無い。

最後に出演者全員が舞台に上がって賑やかに唄われた『亜矢の祭り』は『独楽』のカップリング曲で
星野哲郎先生の作詞なんですね~。今頃気が付くなんてと、笑われそうですね。
最後に、一つだけ、余計なことだと叱られるかもしれませんが、セ・シ・ボンのときのタキシードの
上着がちょっと窮屈そうで、後ろ向きになったときに皺が目立って見えましたが、あれはあのような
仕立てなのだろうかと余計なところに目がいってしまいました。
いずれにしても古い人間からすれば、天下の亜矢姫さまだからパリットしたもので見せて欲しいと思
いましたね~、欲張りですかね~。
今度はビデオ撮りもあることだろうし、お似合いのパリットしたもので願いたいと思うのですが、何
せ古い人間の言い草ですから間違っていたらご免なさい。

コメントの投稿

非公開コメント

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR