2017春・新歌舞伎座公演 観賞記

今月5日に新歌舞伎座へ出かけてきました。

久し振りに参加する亜矢姫公演だったが、ここでは昨年の特別公演『お紋の風』を観て以来だから雰
囲気的には特別なものを感じて、自分なりに思い出に浸れる思いがして懐かしかった。

去年、共演された左とん平さんのことだが、『とん平のヘイ・ユウ・ブルース』(Tompei's Hey You
Blues)で歌手デビューされていたと言う。1973年のことだ。
このことを知ったのはつい最近のことで、俳優業の傍ら歌まで歌っておられたとは驚きで、YouTube
で聴いてみるとなかなかに素晴らしい。

自分にはよく分からないが、すこし調べてみるとヒップ・ホップとかというジャンルのものに入るの
かも知れないと思ったりするが、ヒットミュージカルとなった映画ウエストサイド物語の時代背景に
も通じるものがあるような感じがする。
とん平さんが録音されたのは36歳ごろのことだから、まさに時代を象徴して、すごく跳んでる歌に
なっている感じがするが、ヤンチャな退廃ぶりがとてもよく出た唄いぶりで、凄くお上手だ。

島津亜矢さんは昨年の劇場公演でおよそ2か月もご一緒されたが楽屋話でこんな話も聞かれただろう
か、また歌も聞いたことがお有りだろうか、諸々考え合わせると興味津々になる。

6月7日、左トン平さんが心疾患で緊急手術を受けたとの報道ががあります。
速やかなご快復をお祈りしたいと思います



さて、今回は普通のコンサートだったから、気持ちが高揚するするほどの昂ぶりはなかったが、6月
に発売される予定の新曲も披露してもらえたから、それなりのお得感はあった。

まあ、亜矢姫のコンサートだから期待感をもって出かけるのだが、どうしても思い出してしまうのが
、NHKホールを皮切りに何年も続いたリサイタル公演だ。
これらの公演はすべて圧倒的なパフォーマンスと感動的な歌の数々を披露されたが、演出や資材投入
にもうんと力が入っていてそれはそれは見事なものだった。終演後見合わす顔と顔、みんな赤く染ま
って興奮の状態がありありで、来年も必ず来るとの思いを強くしたものだった。

今回のように普通のコンサートではあまり多くのことを期待してもだめだという事は承知しているが
この度は少々気になることもあった。
まずは音響で、響きもあまり良くなかったと思う。マイクからコツコツと固い机の上に置くような音
もときどき聞こえてきて気になった。音響のプロさんが操作されておられるのだろうから、一番気を
使って、やってもらわないといけないところなのだが、その技量が十分に発揮されていたとは思えな
かった。音響の粗を客に気取られるような事があってはならない思う。

お客は姫様の極上の声を最大限に生かして聴かせてほしいと願っているのだから、その期待を違えな
いようなことに全神経を注力して操作して欲しいと思う。
そんなことが関連してかどうか、新曲披露では姫の声の強い音圧のみが強烈に響いて、歌の情緒が分
かりにくくて、ちょっと期待外れの感を拭えなかった。
新曲『心』は、今時の歌謡界では歌謡曲調の歌が多いなかで、久々に出る純演歌調の色合いの強い、
日本人の心を揺さぶるような良い曲だと感じているだけに大いに期待しているのだが、本来の曲調そ
のままに聞かせて欲しかった。

セットリストは演者、聴衆、その他諸々の事情を考慮してセットされるものだろうから、個々人が贅
沢を言っては限がないが、個人的な思いでいえば、『一本釣り』があったのだから『わたしの乙女坂』
『旅愁』『思い出よありがとう』など世間受けしそうな良い歌が多くあるのだから、それらもいつ
の日か唄って欲しいと思った。また、カラオケ人気の『男の街道』『清水港』も偶に唄ってもらえれ
ばファンは随喜の涙を流すだろう。
持ち歌でも、なぜ唄われないのかと不思議に思う曲も多いが、今のコンサートのテーマが「初志」な
のだから尚更にそんな思いを強くする。ご自身が生み出した曲はいつまでもほったらかしにしないで
、いつか唄って欲しいと願っている。

終曲は『お梶』から『一本刀土俵入』に替わったが、舞台仕立ても何もないところで唄われるから、
もう少し演出に工夫してもらえたらと思う場面もあった。
姫さまは舞台を大きく使って唄われるから、スポットライトも何も無しでは聴かせてもらう方の気分
も散漫になってしまって感動が薄れる感じがした。
この歌、何度も大感動のものを聴かせてもらっているから、これから徐々に真価が発揮されていくこ
とになることでしょうが、新歌舞伎座1日目午前公演では、少し課題が見えたように思えた。

コンサート会場での声援の喧騒も凄いものがあって、姫様の人気のバロメーターだと感じ入るが、
少々行き過ぎではないかと思われるものもあった。
ここでは、具体的なことは書かないことにするが、観客は歌声を愛でに来ておられる訳だから、人さ
まが迷惑と思われないよう各々が節度ある応援を心掛けねばならないと思う。ケミカルライト(ピカ
棒)の使い方も要注意だ。

何事も度が過ぎれば、姫さまが迷惑を蒙りかねないし、あげくは姫さまの品格さえ外からとやかく言
われかねないから、お互いに気配りし、品性をもって対処するのが望ましいと思う。
姫さまをスーパースターまで押し上げたのはファンの方々の力が大いにあったと思うが、更なる上の
ハイパースターと言われるまでに登りつめてもらうには、姫さまの努力はもちろん、ファンもさすが
島津亜矢さんのファンだと言われるように物事に対処しなければならないと思うのです。

以上、勝手気ままに書かせてもらいましたが、お気に召さない向きにはご寛恕のほど、よろしくお願
いいたします。





コメントの投稿

非公開コメント

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR