永遠の名曲二曲

むかし、こんなことを書きました・・・・・。

夜桜挽花さま、皆さまこんにちは。
お盆を如何お過ごしでしょうか、私は日中から亜矢歌三昧です。聞けば聞くほど上手い!!そんな、
感想を少し。

「感謝状~母へのメッセージ~」が素晴しいと感じます。
作詞:星野哲郎 作曲:弦 哲也、1997年5月発売ですからもう10年も前の曲になります。今
でも聞くたびに瑞々しい感動を覚えさせられています。

いつも優しく教え諭してくれ、甘えさせてくれたたお母さん、つらいとき、淋しいとき、優しく包み
込んでくれた母のことを思うとき、どんなに勇気づけられたことが多かったことだろう。
口に出して言えない母への恩愛を、情趣溢れる言葉で紡いだ名詩を感動的な調べに乗せて亜矢姫が切
々と唄いあげます。聴く者は自身の境涯にも照らして共感を覚え、ひととき純真な幸せの境地へと誘
われます。

星野先生は亜矢姫母娘を身近に見てこられましたから、このお二人のことを先生は詩人としての豊か
な感受性と優しいまなざしを通して作詞されたのではないかと私は感じます。
だから、この歌は亜矢姫母娘の人生そのものがテーマになっているに違いないと感じるのです。
思えば、お母さんとは15歳の時からずっと二人で一緒に暮らしてこられていますし、このお母さん
、保護者であることは勿論ですが、歌手生活においてはある意味ディレクターでありプロデューサー
でもあったと思います。亜矢姫の生い立ちを垣間見させていただく時、どうしてもこの念は間違いの
ないことと思えます。

メジャーになるまでのキャンペーン回り等の下積みの苦労は、本人はもちろんお母さんにも同様の事
があったと思いますし、すべては我が娘の夢を叶えてあげたいという一心不乱の気持ちが亜矢姫を支
えたと思うのです。また、亜矢姫の名作歌謡劇場シリーズ第一作は「瞼の母」セリフ入りなのですが
、これに繋がる経緯は、ある歌謡祭で姫に唄わせるのにセリフ入りは難しいからと言うプロデューサ
ー氏に、「勉強させるから唄わせてと下さい」とお母さんが頼み込んだことがきっかけになったとの
話も聞きました。
このことを考えると姫のライフワークとなっている「名作歌謡劇場シリーズ」はこのお母さんの一言
が原点になっていると思います。もちろん、シリーズ化されるのは姫の力量あってのことだと思いま
すが、しかし、この「瞼の母」の歌唱も素晴しいですねえ~。

芸能の世界は興行が伴いますし、素人には測り知れない苦労も色々あるのだと思いますが、対外的な
苦労をお母さんが一手に引き受けてくれているから、歌に専念できる。
お母さんあってこそ、こんな深い感謝の気持ちが迫真力となって聞く者に一層強い感動を与えてくれ
るのだと思います。この歌、親子の絆という普遍のテーマを題材としたものですが、姫の名唱と相ま
って‘永遠に残る名曲’の一つであると思うのです。

「帰らんちゃよか」も素晴しいと思います。
作詞:関島秀樹 作曲:関島秀樹 2004年5月発売ですが、楽曲自体は、生まれて10年以上に
もなるのではないでしょうか。
今度は、田舎暮らしの父親が、あの子毎日どうして暮らしているかしら、自分の夢に向ってうまくや
っていけているのかしらと、都会に出ている子に自身の寂しさを隠し、さらに虚勢をはって‘心配せ
んでよか’と切々と語りかける亜矢姫の感動名唱の一曲です。
この歌、いつも眼に一杯涙をためての歌唱に、ついつい引き込まれてしまうのですが、これ程にさせ
るのは歌唱力もさることながら、この歌を歌うときの姫の内に秘めた何かの思いも、こうさせている
のではないかと思えるのです。

亜矢姫の東京暮らしは14歳からといいますし、15歳からはお母さんも東京で一緒ですから、田舎
のお父さんと姉さんとはず~っと別居です。東京へ出ると決まったとき、お父さんは‘ただ泣いてば
かりで’と、姫はコンサートのMCで茶化して話されていましたが、父親というのはあまり細々とし
たことは言わないのが普通だと思います。
姫の心情からすれば、自分の夢の為にお母さんを独り占めし、お父さんや家族に申し訳ないという思
いが、常に心の中の葛藤としてあるのではないか、そのように思えるのです。
その姫の心やさしい思いと、どうにもならない自分の境遇を重ね合わせて唄われるから、聞くものの
情感をいやが上にも高まらせてしまうのだと思います。
そしてこの歌もまた、姫の名唱と相まって‘永遠に残る名曲’の一つであると思うのです。

そう言えば、'都'さんが一旦歌手を廃業した時期がありましたが、故郷に残したお父さんが原因の一
つとしてあったという話を何かの本で見たことがあります。姫にはこうなって欲しく無い。
お父さんやお姉さんには大変申し訳ないことなのですが、亜矢姫は‘世のため人のため’に唄いたい
という大義を持ってしまわれていますから、どうかお許し下さいとお願いするしかないですね。
狭い日本ですもの・・・・・。
勝手な事を言って申し訳ありません!!

以上、2006/8/14 「演歌桜・亜矢桜」に投稿

コメントの投稿

非公開コメント

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR