亜矢姫が唄う「お吉」のこと

むかし、こんなことを書きました・・・・・。

大阪リサイタル後の懇親会、楽しく過ごさせて頂きました。お世話下さいました、おじちゃん様はじめ地元の皆さま方、ありがとうございました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。
また、ご参加の皆さま、親しい和みの時間を共有する事ができて幸せでした。いつか、また何処かでお会いできることを楽しみにしております。

今年最後のリサイタル、知人を二人ご案内しましたが本人が予期していた以上のものであったらしく、終演後は顔が紅潮して興奮したのがありありでした。そんな様子に、お連れしたこちらまで大満足でした。

2回の公演とも満員とお聞きしました。私は午後の部の観賞でしたが、亜矢さんの唄と演技は超の字がつくほど素晴しいものでした。特に、「お吉」での迫真の演技と唄には息をのむ程に感動しました。死を覚悟したお吉には、もう世間で何も怖いものは無い、猛々しく鬼気迫るあの顔で死地に向う姿が目に焼きついて離れません。もう何も言うことなど有りません。叶うものなら、もう一度観させて頂きたい。そんな気持ちでいっぱいでした。

以上、2006/10/31 演歌桜・亜矢桜に投稿

昨晩はとても素晴らしい唄が聴けました。皆様の書き込みも、とても熱っぽくて、また久々にお見受けするお名前もあってとても感激しております。みづは様、おつた様、玉川様、dream55様のお出まし、頼もしいですね。
さて、昨日の亜矢姫、“お吉”なりきりの女性らしい感情を込めた唄い方で、ご自身の解釈を強く出された歌唱だったと思います。
いつもより優しさ哀しさがより強く表に出ていて、ちょっと聞くと抑えた唄い方に聞こえるのですが、序破急に叶ったとても素晴らしい歌唱で、ぐいぐいとその世界に引きずり込まれていく「お吉」に大感動しました。

録画を繰り返しまくり返し何べん観たことか!!、歌の持つ物語性の解釈によってその唄い方を自在に変化させるという、この非凡さはやっぱり亜矢姫ならではことだと合点しています。
NHKさまも粋な計らいで、フルコーラスでした。いやがうえにも感動が高まり結果は皆さまの感じられたとおりの素晴しいものになったと思いました。これで私は、ここしばらくのモヤモヤ(紅白不出場)が多少治まった感じです。
早速ご当局さまにメールでお礼を申し上げ、歌コン、BS放送、ラジオ等数多くの番組へのご出演を計らってくれるようお願いをしました。亜矢姫さまも事情の許す限り応えて頂けることを願っています。

我が地方でも姫様の唄の上手さと知名度は相当のもので、ことあるごとに話題に花が咲いており、期待は大きいです。
姫さまの2月のコンサート予定など、超人的とさえ思わせる公演が予定されていますが、身体だけは大切に無事の乗り切りをして頂きたいと願っています。
何せ、カリスマ性をお持ちのスーパーエンターテイナーであり、演歌界、いや歌謡界の財産ですからね~。

私ごとで恐縮ですが、生まれてこのかた、これほどまでに演歌歌謡曲(姫さまのもの)にのめり込むとは思いもよらないことです。これでも人並みに色々のジャンルの曲をチョイかじりはしたのですが、今はもう、そんなものはどうでも良くて、“おのれの心に嘘をつかず、生きてみたいと思います”の心境です。皆さま、今後ともよろしくお願いします。

平成18年12月13日 演歌桜・亜矢桜に投稿

コメントの投稿

非公開コメント

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR