kinsyuu3

新聞ラテ欄に島津亜矢さんの名が見えないが、亜矢さんでは訴求力が薄いと踏んでいるいるのか、そんな事は絶対にない。私シャ亜矢さんが出るから見るのだ。TBSテレビ~UTAGE!。
06-21 09:39

合唱 名曲2曲

先月29日に生放送されたNHKうたコンは、美空ひばり81回目の誕生日に奇しくも重なっていると
いうことで、在りし日の映像も取り入れて放送されました。
没後29年経ってもやはりこうして大きく扱われるのは、その活躍ぶりが際立って大きかったからで
しょう。また、その記憶を忘れずに心に留めておられる方もまだ多いと考えてのことだと思います。

さて、このひばりさんを回顧したあと、人生最後にレコーディングされた「川の流れのように」を作
詞された秋元康さんが‘ひばり’さんを回顧する映像を流して、島津亜矢さんの歌唱に引き継いでい
く演出が凝らされましたが、このお膳立ては印象的でとても良いと感じました。

「川の流れのように」は島津亜矢さんと関西学院高等部グリークラブ合唱団さんとの合唱でしたが、
ゆったりと流れる川の流れに人生をたとえて、全ての事象をあるがままに受け入れて希望をもって生
きていきたいと詠っていますが、まさに人生哲学なのでしょうか。
メロディーも雄渾で覚えやすく、名曲に数えられる一曲だと思いますが、ひばりさんが大事にされて
いたのも良く解ります。

ところで、今度の合唱曲での二者のハーモニーもとても素晴らしく聴き応え十分と思いましたが、自
分的には全体的にやや硬調に感じました。
ネット情報によりますと、与えられたメロディーにハーモニーを施す事をヴォイシングと言うらしい
のですが、和声(ハーモニー)には、低音以外の音が1オクターブ内に配置される Closed Harmonyと
、低音以外の音が1オクターブ以上にわたって配置される Open Harmonyの2種類があると説明されて
います。Open Harmonyはやらかい感じを出したい時に有効だと書かれています。

今回の合唱団の声は島津亜矢さんの音域に近いところで発声されていたような感じに思えましたので
、ハーモニーで言えば、Closed Harmonyだったのかしらと一人合点していますが、なにせ駄耳で聴い
ている訳ですから、なんの正当性もありません。

合唱といえばBS-TBSで放送されている「日本名曲アルバム」という番組があります。5月8日
には母の日特集で、昨年6月には星野哲郎特集で島津亜矢さんが出演されました。
今年のものは昨年の再放送でしたが、「感謝状~母へのメッセージ」一曲だけだったので、特に深く
気持ちを入れて視聴しましたが、合唱団とのハーモニーがとても美しくて、合唱とはこういうものか
と改めて認識できました。
すなわち、メインボーカルもコーラスもお互いに主張するところはしながらも、頃合いの良い美しい
ハーモニーを聴かせてくれて‘うっとり’としながら歌の世界に入り込ませてもらった「感謝状」だ
ったと思います。。
双方の歌唱の素晴らしさはいうまでもないのですが、合唱はアレンジがとても大事な要素を占めてい
るのだなと言うのも、視聴後の率直な感想でした。


「感謝状~母へのメッセージ」
 作詞:星野哲郎
 作曲:弦 哲也
 編曲:張替夏子
 合唱:島津亜矢・洗足学園音楽大学コールファンタジア

特に、張替夏子さんのアレンジがとても素晴らしくて、合唱団のスキャットと言うのかヴォカリーズ
と言うのか、強弱とりまぜた声も美しく響いて亜矢さんの唄がさらに引き立っていたように感じまし
た。

張替夏子さん のブログです。

05/27のツイートまとめ

kinsyuu3

今日は久しぶりにアルバム「Eternal NAT king cole」を聴いた。やはりあの歌声は和ませてくれる。今夏、島津亜矢さんが「第50回サマージャズ」ご出演されるというが、あの‘ひばり’も私淑していたというNAT KING COLE 物、唄われないかしら。もし企画があるならば'SINGER5’でも。
05-27 14:02

05/11のツイートまとめ

kinsyuu3

@hyakutanaoki 物言わぬ応援者がその何十倍、何百倍、何千倍もおられるのではないでしょうか。自信をお持ちになって頑張って下さい。いまの野党の国会議員さん方はその政治理念を奈辺にお持ちなのか、はなはだお寒い感じで不信がつのります。
05-11 23:04

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR