3月から4月にかけて島津亜矢さんが出演されたテレビ番組が目白押しだったので、楽しみの多い日
々を過ごすことができました。

3月19新・BS日本のうた(春らんまん!女だらけの名人戦)
 「お吉」「独楽」「いっぽんどっこの唄」

3月20歌謡プレミアム(日テレ・島津亜矢特集)
 ここでの歌唱曲は記しませんが、赤坂泰彦さんの乗りがいつもに比べてあまり良くなかったと感じ
 ました。この点がちょっと残念だったけれど、馬場典子さんの乗りが良かったので番組自体は楽し
 いものになったと思います。

3月26昭和の歌人たち(船村徹をしのぶ)
 「ごきげんさんよ達者かね」「ひばりの佐渡情話」「風雪ながれ旅」

4月2新・BS日本のうた(超弩級!演歌頂上決戦)
 「いのちのバトン」「おてもやん」「メリー・ジェーン」「望郷じょんから」

番組ごとの亜矢姫様の歌唱曲は上の通りですが、中には普段あまり聴きなれない曲もあって、とても
新鮮に感じたものもありました。例えば「いっぽんどっこの唄」、「ごきげんさんよ達者かね」、
「おてもやん」など。

そもそも歌唱力については昔から定評がありますから、私などは聴くことに浸りきってただ楽しむだ
け。姫さまの場合は特別なエンターテイナー性もあって、動きがリズミカルで視覚的にも楽しませて
もらえるし、特別な歌を唄われるとき以外はいつも微笑み絶やさぬあの笑顔に癒される。

今から唄いますね~、聴いてくれてありがとう感じてくれましたか~。言わず語らずの聞き手との約
束事を自然な成り行きで成し遂げられる。そこがそれ、普通の歌い手さんと違うところでしょうか。
だから、聴き手はいつのまにかその歌世界に引き込まれて忘我の境地に遊ぶことができのでしょう。

4月2日に唄われた「いのちのバトン」なんとまあ、優しい歌声でしたね~。
CDとは明らかに違うと感じました。変幻自在とはまさにこんなことを指すのでしょうね~。歌唱方
法による歌の好き好きは人それぞれでしょうが、自分の場合は絶対的に今回唄われたのが好きです。
こんな風に唄って下さることを渇望していましたから、思いの他に早く思いが届いて心は満足。
多くのファンの皆さまは如何感じられたでしょうか、うん、きっと賛意の方が多かったに違いない。

一連の番組では「昭和の歌人たち」が繰り返しの視聴が一番多かったのですが、特に印象が深くて心
に残ったのが鳥羽一郎さんと大月みやこさんでした。
鳥羽さんは「別れの一本杉」と「のぞみ(希望)」を、大月みやこさんは「東京だよおっ母さん」
「紅とんぼ」をカバーで唄われましたが、いずれも心に沁みる思い入れの強い“味”を感じました。
お師匠さんへの思慕の念が募るのか?、思い入れが強くなければ“味”は出ないものかもしれません。

“味”【広辞苑】によれば(かみしめるような)物事のおもむき。とあります。
 もちろん努力の積み重ねは必要でしょうが、年輪が醸しだすものがそうさせるのかも知れません。


さて、亜矢姫さまのこと。
姫さまのことについて端的に表現されたのが、マキタスポーツさんだと思うのですが、アンビエント
(空間支配)という言葉を使って褒め称えておられましたが、その存在自体が舞台全体を支配して際
立たせてしまうということなのでしょう。
今日の“あさイチ”に浅丘ルリ子さんが出ておられましたが、この方などもちょっとフォーマルなお
席に立たれるとその場の空気が変わるという話も飛び出していましたが、亜矢姫さまもこれに通じる
雰囲気を持っておられると感じます。

歌も与えられたテーマ曲については、ご自身の感性でもってその歌に最もふさわしい唄い方を会得し
てしまわれる。卑近な例が、「ムーンライト伝説」「おてもやん」等がありますがこれらの唄い方は
亜矢姫さましか醸しだせない雰囲気をもっている。数え上げたら限がないが、この辺りが天才の天才
たる所以だと言えるのではないでしょうか。

今日のテレビで役者について一・声、二・姿、三・芝居 という話もでていたが、何事にもセオリー
というものはあるのですね。声よし、姿よし(最近特にお顔が)、芝居よし、天はしかるべき人には
何でも与えてしまう。“味”とかという話とは別次元の話です。


03/09のツイートまとめ

kinsyuu3

マイオーディオで「夜のおすすめ」を聴いていて、ここらでぼちぼち寝ようと思っていたら好きな「愛冠岬」のプレイに入ったのでしばし聴き入る。島津亜矢さんではとても愛らしい曲だと思うのだが、なぜか生で唄われたという話を聞かない。星野哲郎先生が作られたものだけど。
03-09 22:40

03/08のツイートまとめ

kinsyuu3

昨日のうたコン、島津亜矢さんの「感謝状~母へのメッセージ~」が心に沁みた。「いのちのバトン」も唄って欲しかったが、願い叶わず残念無念の思い。あ~あ~NHKさん、心ないしわざだ。
03-08 14:03

うたコン視聴記

7日のうたコン視聴しました。
番組構成は大きいテーマをもって企画されていたのだとは思うけれど、個々の繋がりが、やや一貫性
を欠いていたように感じられて、総体的に印象の薄いものになっていたのではないでしょうか。
島津亜矢さんがご出演ということで録画もしたが、見るべきところは「感謝状」のみの感じで、これ
が歌の真髄だと感じらて感動しました。他では新沼さんの歌が良かったと思う。

思うに、今回の放送で不満の残るところはバラエティー仕立ての独りよがりが過ぎるところが感じら
れて、本来の歌をじっくり聞かせるという面については散漫な構成で良くなかったと思う。
最近の歌番組では、フルコーラスで唄ってもらうという番組は殆どなくなってしまったが、時には精
鋭歌手に出演願って少人数でタップリとフルコーラスで唄ってもらうという企画も昔はあったのだか
ら時には是非企画してもらいたいものだ。

今回の放送はN○K様によるN○K様の為だけの番組だと解釈すればそれはそれで良いのでしょうが
、ロングバージョンにおいて島津亜矢さんに一曲しか唄わさないという企画構成は、テレビ視聴して
いる多くの視聴者の期待をはぐらかした面が大いにあったと思います。
島津亜矢さんによる最後の締め唄を期待していた向きには、それがなくて非常に残念な思いをしたの
ではないでしょうか。
まして、それが無かったがために番組自体が‘画竜点睛を欠く’の結果になったとの思いが強く残り
ました。
「いのちのバトン」など、今回のテーマにも添う良い歌だと大いに期待していましたから。

島津さんはN○K様のこの番組で、突発的な危機の時にもピンチヒッターを務められて、つつがなく
圧倒的なパフォーマンスで応えられた大歌手なんですよね~。
全くリスペクトがない今回の軽い扱いは、‘喉元過ぎれば熱さを忘れる’という思慮の無さがむき出
しだと感じました。N○Kさまに‘人の有りや無しや’を問いたい思いです。

02/28のツイートまとめ

kinsyuu3

「女優・須磨子」、島津亜矢さんの名作歌謡劇場シリーズの内、シングルCD「浦里」のカップリングとして出されているが、須磨子と島村抱月との恋が見事に描き出されている。事跡と名作はいつまでも残る。 https://t.co/vXjI95Wt35
02-28 11:07

こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    最新記事
    プロフィール

    ふうてんの猫

    Author:ふうてんの猫
    亜矢姫の唄は芸術だと固く信じているおじんです。
    コンサートなどに参加したい気持ちはやまやまなれど、不如意のことが多いので、これは条件が整い次第となっています。

    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR